220px-Tagezaki_Suenaga,Ekotoba5
1: 歴ネタななしさん
相当頭使って戦略考えないと勝ちようがないよな
現代は力がある方が単純に勝つみたいやが

4: 歴ネタななしさん
無双に出てくる象兵ってほんとにあったんか

>>4
ハンニバルとか有名やろ
あとインドも多用してたど

>>6
中国もやってたな
なお縦にしか動けなくて無能だった模様

>>8

ほんまにあったんや象兵

10: 歴ネタななしさん
本当にあったけど一度興奮するとコントロール不能やから最初に敵に突っ込まして混乱させる役割やで
馬みたいに自在には操れんかったらしい

13: 歴ネタななしさん
騎兵突撃すこ

14: 歴ネタななしさん
基本は弓で援護しつつ密集体形でつっつきあって
先に逃げ出した方を騎兵がさらうだけゾ

17: 歴ネタななしさん
攻城戦すこ

>>17
動ける塔もってきてそっから兵士いれるのすき
やっぱ中国って神だわ

>>17
下から這い上がってくる歩兵に焼けた鉛浴びせるとか地獄やんな

19: 歴ネタななしさん
ちな戦場で使われた動物なら馬 象の他に犬やラクダもいるで

>>19
ラクダ兵って強かったんやろ?
砂漠だと無敵だったらしいやん
なんで戦車もない中世に負けたんかな中東って

>>23
そらモンゴルよ

>>25
バルバルスはモンゴル退けたやろ?
中東ゆーてもイラクくらいまでは砂漠ってないんちゃう?

>>28
というか衰退しかけたアラビアをモンゴルが破壊し尽くした結果二度と再起することはなかったってとこやな

>>31
砂漠戦の話や

>>34
キジルクム砂漠走破出来た連中やぞ?

>>39
なにラクダ兵ってサハラ砂漠以外にあんのかよ
それは知らんかったけどどうせミニ砂漠やろ
サハラ砂漠のエジプトさんとか大文明築いたくせにクソザコやん

>>45
砂漠以外をラクダが走っちゃいけないルールはないねんで
馬をビビらせるだけで敵騎兵は壊滅や

21: 歴ネタななしさん
基本的に歩兵と騎兵の区分だけなんじゃね
投石機みたいなのも居るけど

24: 歴ネタななしさん
細かく分けたらもっとおるやろ
現代だって大雑把に分けたら少ないし

>>24
なんかこの3兵種だけですげーシンプルな戦争してたんかなとか思って

>>32
つ投石機、火矢、石弓

>>38
でも結局飛距離や移動速度同じやん
役割は違くても結局同じクラスじゃない?

>>41
歩兵や騎兵が弓を携行してんのと>>38みたいな一種の技術屋は違うんやない?
銃兵も初期は特殊技能の類やろ

>>43
工兵ってのが火弓とか穴掘って地中から行く奴とかか
>> 

>>49
攻城戦で崖よじ登ってハシゴかけて敵を殺しながらハシゴを守るのも工兵やで

27: 歴ネタななしさん
現代は単純になったていうよりもう戦略や戦術が練りつくされてるんやないの
昔の方が単純だったと思うよ

>>27
単純というか、割りと出たとこ勝負な印象やな

不確定要素多すぎて練る意味がないというか

35: 歴ネタななしさん
大量の弓兵の一斉発射すこ

42: 歴ネタななしさん
戦列歩兵あたりはマジで歩兵と騎兵と砲兵しかおらんぞ

46: 歴ネタななしさん
中世の全身鎧相手やとモーニングスターとかメイスとかの方が剣とか槍よりも有効とかマジなんかな

>>46
さすがに槍が最強やろ 

>>56
最強は槍か

>>56
槍は混戦になると使えないし弓矢や投石に弱いという致命的な弱点があったんだよなぁ
素人歩兵の装備としては最強やったから重宝されてたけど

48: 歴ネタななしさん
ポーランドの騎馬隊舐めんなよ
no title

no title

>>48
フサリアすこ

>>48
つドイツ戦車隊投入~

69: 歴ネタななしさん
敵はナチスドイツじゃあああああああ
突撃ィ!突撃ィ!
no title

vs
no title

no title

>>69
やっぱ戦車ってチートやわ
騎兵とかナポレオンで終わってるやろ

>>75
一応ww2にもいるぞ

72: 歴ネタななしさん
工兵っていったらWW1で独陣地吹き飛ばしたデカいクレーターあるよな
ベトナム?でも似たような話聞いたことあるけど

>>72
戦争ってのは「殺し合い」であると同時に「陣地の取り合い」やからな
陣地の取り合いに最前線で活躍しもっとも重要な役割を担う工兵はロマンよ

>>79
工兵研究の本とかあったら面白そうやんな
日本も信長・秀吉の土建大名居るし

>>94
死亡率も高いからね仕方ないね
しかも相手に煮えたぎった油やら溶けた鉛やらぶちまけられるし

74: 歴ネタななしさん
孫子兵法勉強しなきゃ

>>74
まず姫を並ばせて下さい

83: 歴ネタななしさん
最近キングダム読み始めたワイにはタイムリーなスレやな
将軍同士の一騎打ちってしょっちゅうあるんか?

>>83
言うほど無いけどあるっちゃある

>>83
しょっちゅうではないがある
史記にや後漢書によく残ってる

85: 歴ネタななしさん
上流の水に毒流すとかやってはいけない

>>85
劉秀「やっちゃおっかな~・・・」
劉秀「あ、なんか反乱起きてるンゴ」
劉秀「その案は後回しにしとこw」
この強運よ

>>92
血統良し、顔よし、性格温厚、上品で礼儀正しい、でも気さくで冗談も大好き、腕っ節も強い、軍隊使えば古今無双
頭も切れる、政治家としても一流、年上姉御妻&幼馴染年下妻と結婚、部下も友人も仲良し、子供も全員優秀
三国志の群雄は「光武帝のやり方を真似すれば天下が取れる」と思っていた
曹操、諸葛亮、石勒、李世民、毛沢東、習近平、田中芳樹など数多くの著名人が尊敬

>>96
劉秀すき
政治家として一流はなくて、人材はすごかっただけやと思うけど

89: 歴ネタななしさん
ドイツの戦車作ってたのはポルシェとかマイバッハとかベンツだという事実

>>89
むしろあの連中普通の車とか作ってたんか?

>>130
ビートルとかそうやないんか?

>>132
あれって当時は全然出回ってないような気がする

>>130
ポルシェがフォルクスワーゲン作ったんやし
それをいたく気に入ったヒトラーが戦車を作らせたら坂を登れないゴミができた

105: 歴ネタななしさん
ワイ5000人で300人と戦ったけど包囲殲滅陣で負けたわ

>>105
10倍以上の戦力を投入したのに包囲される無能 軍法会議待った無し!

108: 歴ネタななしさん
たしか乗馬の時に使う足場みたいやつの開発が遅かったんやろ?
それで騎馬がモンゴル民族専用みたいな扱いやったとか

>>108
クラもクツワもアブミも割と最近の開発やしな
クラ自体は割と古くからあったらしいが

111: 歴ネタななしさん
馬とかいう乗るために作られたような生き物

乗馬体験行くと襲歩で金玉が潰れる感覚が味わえるぞ
床オナ感覚を味わえる奴は相当なドm

>>125
ヒエッ・・・絶対EDになるわ

112: 歴ネタななしさん
あと鞍がないころは座ると金玉が潰れるから
両足で馬の胴をがっちり挟んで乗ってたゾ
ただこれだとよっぽど訓練されてないとまともに戦えなかったゾ

>>112
そんなんで武器振り回したり弓引いたりするとか怖すぎやろ

>>121
さらに金も歩兵10人分以上かかるから武器を手に持って乱戦ってことは基本しなかったらしいで
遠くから弓でぐざーよ

>>126
馬って食費ヤバそうやもんなあ
昔の文化レベルでよう運用したもんやな

>>131
しかも専門訓練が必要やから兵士自身の食いぶちも払わんとアカンという
歩兵なら農家とかヤレるけど

134: 歴ネタななしさん
軽騎兵で弓をいかける→突出してきた敵をさらにおびき寄せるため偽装退却→煙幕で本隊と分断→重装騎兵により殲滅

これがたしかモンゴル軍の定石

>>134
捨てがまりかな?

>>134
基本的にスキがないよなこれ

>>134
ワールシュタットとかもろにそれやね

>>143
釣られないようにしつつ後方から強襲くらいしかないわな

>>146
それかモンゴル騎馬をなんとか近寄ってきた時に撃破できる何かか
それが銃なんやろうけど

>>151
信長が長篠でやったみたいに柵と縄で機動力を殺いで一斉射撃じゃあかんのか
銃がなくても、弓でも多少は効き目があるはず

>>168
普通に回り込まれて死んでそう

>>170
そうならんために野戦築城するんやで
長篠合戦だと野戦というより城攻め

144: 歴ネタななしさん
流鏑馬なんかあんな的近くまで寄って当てたところで何なんやと思ってたけど
接近して一撃離脱するのが実際の騎射ってことなんやろな

>>144
当時にしてみりゃ5メートル離れてりゃ遠距離、10メートル離れてれば超遠距離やしな
ただし一斉射撃を除く

148: 歴ネタななしさん
異民族を撃退した蒙恬とか霍去病は思ったよりすごかったんやな

>>148
匈奴が分裂してたのに加えて、漢が経済的に一番発達してて
さらに衛青とかいう匈奴出身の有能将軍がいたという条件が重なって勝てたんやろうね

>>158
漢楚戦争時代の英雄は全員「匈奴とは戦うな」って言うくらい強いからな
アレは国内事情とかも考えたうえでやけど

152: 歴ネタななしさん
火縄銃の開発によって以前は城攻めには3倍の兵力が必要だったのが
防御力が上がって10倍要るようになったんやで

>>152
今は逆に守る側が10倍以上の兵力必要やけどな

>>154
ミサイルどーん

>>156
高度レーダー網!イージス艦!PAC3!(ハァハァ

155: 歴ネタななしさん
斜線陣がなぜファランクスに強いかwikiみてもよくわからん

>>155
軽く見ただけやけど、ファランクス体系は横に並んでるから、一斉に当たらないと陣形が崩れる
で、ファランクスは陣形が命やからそれが崩れると総崩れになる
先に当たったとこからどんどん隙間が出来ていくから、それを詰めようとする。すると、陣形が崩れる
けど、そのまま並ぼうとすると、隙間が広がり、ファランクスの意味がなくなる

>>171
陣形が命って言うけど、接敵しとる部分は敵も味方も同じやん?
やっぱりよくわからんのや
すまんな

>>184
何メートルもの隊列が少しずつ斜めになってるから同じ目線に立つと分からないんや
せやから、はじのほうで当たってるから、そっちに隊列が寄ってまう
そうなると包囲される

>>197
そこまで聞いてもわからんわ
なんかファランクスとぶつかったことがある連中やないと斜線陣って肌でわからん気がする

>>204
はじの人が当たるから助太刀感覚で右隣の敵を攻撃するやん?
そうなるとまた右隣の人が右隣の敵を……って続くと自ずと左端が隙になるんや
で、その隙に回る

>>211
そうなると斜線陣の先っぽは開戦から攻撃を多方から受けて崩壊し、それが横に伝播していく可能性があるやろ

>>223
そうならんように厚くなってるんやん
no title

ざっくりやけど
当たってくときに斜めやと、本来横一線のファランクスがぶつかると人と人の隙間が生まれるからそれを図の方向やと右側に寄せてく
すると左端が隙になり、突破される

>>247
まぁ歴史上それで勝ってるわけやから納得するしかないんやろうけど納得いかん

>>247
レウクトラの戦いのwiki読んでみたけど斜線陣の形逆やない?

no title

>>276
テーベ軍はあえて逆の形になるようにしたんやなかったけ?

>>282
そう書いてあるよな
対ファランクスの斜線陣て
1.敵右翼に兵力を集中して撃破する
2.手薄な自軍右翼は会戦を遅らせる
ってことやんな
これやと単にマンパワーの問題という理解でもええ気がする

>>290
すごく納得いったわ

157: 歴ネタななしさん
日本だけがなぜか長弓を発達させまくって世界一大型で威力の強い和弓が出来たんだよね
それの5人張りを使ってた源為朝ってやっぱすげーわ

>>157
鎧武者二人貫通して後ろの木に矢が刺さる鎮西八郎とかいう謎兵器

>>164
ひえ~~~w
プレデターやんw

>>164
追放したら強くなって返ってくるとかいうチート

>>164
当世具足以前の鎧は革製なんで鋼鉄の矢じりなら行けんこともないで
そう為朝ならね

>>174
遠い孤島から都の井戸を射るとかいう大陸間弾道弓矢持っとるやろあいつ

兄貴と戦いたくないという理由で兜の一部を射て追い返すという精密射撃も可能 

169: 歴ネタななしさん
弓で軍船撃沈する為朝すき

>>169
イギリスの長弓も初期の鉄砲以上の火力があったらしいが
八郎さんのはもう大砲レベル

183: 歴ネタななしさん
よっしゃ!騎兵なんか蹴散らしてやるぜ!
no title

>>183
これよく思うけど無敵な気がするんやが
あと最前線の攻める側の人って確実に死ぬと思うんやが

>>185
めちゃくちゃ死ぬけどマスケットまでなら騎兵の突進力に物言わせて突破は出来たゾ

186: 歴ネタななしさん
そういや死体の処理ってどうしてたんやろ?

>>186
敵陣にポイーで

>>186
カラス「ええんやで」
野犬「おっ大丈夫か大丈夫か」

189: 歴ネタななしさん
ペルシャ軍の対エジプト部隊こと猫兵を忘れてはいけない
no title

>>189
最凶と名高いあの‥

>>189
これ元寇の時やられてたら確実に日本やられてたわ

>>193
畜生ぞろいの鎌倉兵士がこんなんで臆するわけないんだよなぁ

>>199
畜生はいつだって動物スキやろ!

>>199
女を盾にした戦いしても容赦なく殺しつくしそうな鎌倉武士さんほんとすこ

>>199
元寇のやつらより実は蛮族だったのすき

>>203

>>203
家の目の前歩いてる坊主を弓で射抜いてはならないってやつ好き

>>206
対価を払わずレイプしてはならないもすこ

捕虜には容赦のない残虐非道の元軍が鎌倉武士にドン引きやった事実 

>>207
まあ元も本隊じゃないし多少はね?

ネタ元: ・昔の戦争って、歩兵&騎兵&弓兵しかなかったからすごいよな