1: 歴ネタななしさん
2017y11m11d_080402616
ドッガーバンク事件からロジェストヴェンスキーの投降までありとあらゆる所で運が絡んでるじゃねーかwww

2: 歴ネタななしさん
>>1
日英同盟のお蔭でロシアに渡る筈の戦艦巡洋艦四隻は減った
英国が日本に情報伝えて日本が買ったり英国が自分で買ったり、当時七つの梅を制覇していた英国が日本の弱点の情報収集を補ってくれた

3: 歴ネタななしさん
一会戦でいえば、黄海もそうだし、 奉天だって運ゲーじゃん
シンガポール・マレー沖・コレヒドール・ミッドウェー・レイテでも同じ

4: 歴ネタななしさん
>>3
黄海海戦は初っ端、一番清国艦隊に打撃を与えた
「吉野」の周りは敵砲撃の水柱に包まれたそうだ
日本が清に負ける可能性は大きかった
ロンドンの賭率も3:7で清有利だった

5: 歴ネタななしさん
日英同盟のおかげというのは、その通りでしょう。
日本海海戦だけで考えれば、日本海軍は出来る限りの準備をして、 勝つべくして勝ったと思います。丁字戦法だか同行戦だかの論争はありましたが、バルチック艦隊は見事に日本の待ち伏せに引っ掛かりましたね。

6: 歴ネタななしさん
敵前大回頭イコールT字戦法、というわけじゃないらしいね。

7: 歴ネタななしさん
フランスが良質な寄港地提供しなかったり、
粗悪な石炭しか手に入らなかったり

8: 歴ネタななしさん
考えて見れば全てに運がからんでいるんだよな。
だからこそ、逆に歴史にイフはない…とも言えるわけで。
(運の要素が強すぎて何だって主張できてしまう)

9: 歴ネタななしさん
バルチック艦隊の目指すウラジオストックを先に襲って軍港としての機能をズタズタにしておいたらどんな結果になったかな

11: 歴ネタななしさん
>>9
いくら何でも、大砲で防衛しているだろ。旅順みたいに陸側から攻撃できるわけもなく。

12: 歴ネタななしさん
日本海海戦は運げーじゃないだろう
それまでの戦いで精鋭化して
命中率違ったからな
黄海海戦だよ運げー

14: 歴ネタななしさん
日本の優れた技量を持つ砲員らが
多数の砲弾を命中させて勝ったのだから、運ではなく実力

16: 歴ネタななしさん
黄海海戦こそ運。
旅順艦隊に逃げられて、かなり危なかったが、18時40分にツェサレーヴィチに命中した一弾で逆転した。
8月9日だったが日没直前、ほぼ取り逃がしかけていた。
黄海海戦で旅順艦隊を取り逃がしかけた経験が大きくて、日本海海戦では圧勝できた。

17: 歴ネタななしさん
訂正、黄海海戦は8月10日

20: 歴ネタななしさん
でも津軽海峡で待ち伏せてたら日本終わってたよな
ロシアに何隻か逃げきられてた可能性高い

29: 歴ネタななしさん
山本権兵衛「東郷は運の強い男ですから」→「ン強すぎィ!」

33: 歴ネタななしさん
日本海海戦で運が悪くて日本が負けるという要素は見当たらないね。

35: 歴ネタななしさん
海戦後、三笠は穴だらけでロシアの徹甲弾の重さで傾いていたそうな。
ロシアが徹甲榴弾または榴弾だったら勝っていたんじゃないか?

36: 歴ネタななしさん
榴弾ではよっぽどたくさん当てないと沈められんよ。

37: 歴ネタななしさん
当時のロシアの榴弾は不発がとても多かったらしい。信管の感度とか信頼性が低かったとか。

ところでロシア側のトップは砲術の専門家。
榴弾がよいと判断すればそうしたんじゃないか?

ネタ元: ・日本海海戦って運ゲーすぎるだろ…