2: 歴ネタななしさん
2017y02m20d_081203000
坊門清忠が悪い

5: 歴ネタななしさん
むしろそいつらしかいなかった

6: 歴ネタななしさん
尊氏陣営に比べて層が薄すぎる
あとから焦って北条時行に恩赦だしたりとか見苦しい

8: 歴ネタななしさん
新田義貞がクソ過ぎたのでしゃーない。

172: 歴ネタななしさん
>>8
勝負すべき時であろうと、いい女とのsexには変えられない。
我が人生に悔いなし。

12: 歴ネタななしさん
佐々木道誉は裏切りまくりに見えて、ず~っと尊氏のために動いてた所を見ると、 コイツが結局一番の忠義者なんじゃないのかと思う
その後の部下親類のグダグダは見るに耐えん

173: 歴ネタななしさん
>>12
そういう意味では高師直だって、切羽詰まった局面でしか露骨な裏切りはしていない。

15: 歴ネタななしさん
オリンピック大河やめてこの辺の年代やろうや

19: 歴ネタななしさん
>>15
前にやってたよ。真田弘之が足利尊氏役だった。ミスターオクレが小男。

24: 歴ネタななしさん
>>19
あれのせいで真田太平記とごっちゃになる

72: 歴ネタななしさん
>>19
陣内孝則の佐々木道誉はくっそ胡散臭くて良かった
今なら誰が演じるんだろうな?
グループ魂以外なら誰でもいいけど

240: 歴ネタななしさん
>>19
未だに大河で一番好きだわ
キャストがめちゃくちゃよかった

特にフランキー堺と片岡鶴太郎

241: 歴ネタななしさん
>>240
大地康雄とか柄本明とかもいい

243: 歴ネタななしさん
>>241
病院へいこうで
真田とコンビのコメディだったから
シリアスな一色右馬介かっこよかった
京都に旅した時の尊氏の後ろでお菓子食べてるところは楽しそうだけどw

325: 歴ネタななしさん
>>19
後醍醐天皇役で片岡孝夫。
立ち姿やセリフの発声など、全身から高貴さが溢れていて、まさにこれぞ帝と見まごうほどの好演だった。

42: 歴ネタななしさん
>>15
太平記って当時も空気だったんだよなぁ
やっぱ戦国か幕末じゃないとダメだなって

101: 歴ネタななしさん
>>42
歌舞伎でおなじみの仮名手本忠臣蔵はその時代にしてるけどなw

(赤穂浪士討入事件をそのまま描くと幕府からお咎めを受けるから、
太平記の高師直が塩冶判官の妻に傍惚れして強引に奪い取った逸話にひっかけて南北朝時代にした)

66: 歴ネタななしさん
陣内孝則の佐々木道誉は面白かった
道誉主役で大河が見たいぐらい

69: 歴ネタななしさん
>>66
あれはハマり役すぎw

16: 歴ネタななしさん
足利という武家(マフィア化した開墾地主が地方を治める)社会を保守する勢力と、皇族貴族による律令制に戻そうとする超反動保守との対立だったわけで割と救いが無い
皆はそらマシな方を選ぶわな

27: 歴ネタななしさん
>>16
それな。世の中の経済実態の変化に対応出来ない非現実主義だから大勢はついてこなかったんやな。

45: 歴ネタななしさん
>>16
そもそもあそこまで冷遇されてもなお楠木公は忠義を尽くしたのか理解できん

50: 歴ネタななしさん
>>45
冷遇されればされるほど忠義を尽くし忠義の大切さを示す
忠義の士とはそういうものだ

一種の宗教だからな、基本的に冷遇とか厚遇とか関係ない

53: 歴ネタななしさん
>>45
忠臣二君に仕えず、少数による山岳戦で大軍に勝ったりと判官贔屓の日本人が好む要素たっぷりだ。

156: 歴ネタななしさん
>>45
楠木正成等の悪党とは、鎌倉幕府や尊氏にとって保護すべき土地権益を脅かす存在だから。

25: 歴ネタななしさん
院宣ばかりでご褒美がないんだもん。

28: 歴ネタななしさん
高師直が有能すぎてね

174: 歴ネタななしさん
>>28
これな。

29: 歴ネタななしさん
ワシ、名和伯耆の子孫(と大本家は名乗ってるし名和の一族会にも入ってる)だけど、 以前の大河ドラマの時は殆ど空気で泣いた。
京都攻防戦で結構壮絶に戦死してるし、長男も楠木軍に合流して一時期活躍したし、南朝が最後に京都帰還した時も名和一族の名前があるのに。

32: 歴ネタななしさん
後醍醐「誰もが皆行きたがるが遥かな世界 その名はガンダーラーあああwwwwww」

36: 歴ネタななしさん
>>32
なんでガンダーラガンダーラ言う人がいるのかやっと分かったわ…

35: 歴ネタななしさん
北畠顕家と楠木正成は良い
新田義貞は戦下手だし、性格もクソじゃないか?

43: 歴ネタななしさん
>>35
戦功は第一級

178: 歴ネタななしさん
>>35
この時代、みんな性格がクソなのはしょうがない。

少なくとも動員兵力のこともあって、南朝での主要な戦闘では新田がエースなのは事実。

鎌倉幕府軍の殲滅は水際だった勝利と言えるし、足利尊氏との鎌倉攻防戦はそもそも公家社会の軍団を率いていた以上、武士の軍団を率いている足利一族とは戦闘力が違うのはやむを得ない部分がある。

それでも、どうしても正当化が無理なのは、播磨。
でも勾当内侍はいい女だったらしいから、しょうがないね。

38: 歴ネタななしさん
あれだけ負けても必ず復活してくる足利尊氏は、後醍醐帝からしたらゾンビそのものだったろうな。

40: 歴ネタななしさん
>>38
ナポレオンに負け続けたブリュッヒャーもそうだけど諦めないことが大事だわ

41: 歴ネタななしさん
ゴダイゴ天皇が無駄にエネルギーありすぎて、時代をかき回してる

62: 歴ネタななしさん
足利には尊氏の欠点を補う直義という弟がいたが、新田には義貞の弟があまり使い物にならなかった。

80: 歴ネタななしさん
>>62
石原良純だからバカボンに見えるけど、地方でかなり活躍した

64: 歴ネタななしさん
全ては新田を大将にしたのが敗因
尊氏の首取ってもおかしくない戦が2回ぐらいあったが全て台無しにしてるこれが致命的
新田全盛期は対北条の時で終わってる

232: 歴ネタななしさん
>>64

新田義貞が無能だったけど不運もあったよな。公家大将が「佐々木道誉を戦線に配置しろ」の義貞に命令したらしいけど、義貞は「道誉は裏切るから駄目」と断ったのに、公家が強引に道誉を戦線に配置。案の定裏切っているしな。

81: 歴ネタななしさん
何回負けても復帰する尊氏強すぎ

82: 歴ネタななしさん
新田はただの脳筋バカ
楠木は籠城戦だけが強い局地戦闘指揮官
北畠は足利絶対殺すマンだけど兵站ガン無視ダメ
いくら足利討伐の為でも通過する村々からことごとく略奪して民衆を苦しめちゃダメ絶対

108: 歴ネタななしさん
>>82
そもそも北畠顕家を鎮守府将軍にした後醍醐が悪いんや
東北から畿内まで数万の大軍を何往復もさせるにはどれだけ兵站が必要になるのか
なのに顕家が畿内鎮めて東北に帰るとすぐまたやらかして
早く来い早く来いと綸旨連発

90: 歴ネタななしさん
北畠顕家の陸奥軍勢は、
相馬、伊達、佐竹、大崎、最上等の、
鎌倉御家人を始祖とする坂東武者の後裔で、勇猛な騎馬武者を揃える軍勢だったのに、使い方間違ったよな。

100: 歴ネタななしさん
楠木兄弟は山城でのゲリラ戦が得意だが、平地での戦は苦手だった。
これに尽きる。

151: 歴ネタななしさん
>>100
少ない兵力で多勢を打ち負かすには地形を生かすしかない
湊川の戦いの際も最初の軍議で正成は反対して一旦は軍勢を引いて挟撃体制を取れば勝てる案を出していた
だが後醍醐や側近が一旦後退するのはカッコ悪い、正々堂々戦うべきと主張を曲げず正成の案を退けた
正成は主君の命なら致し方なしと、敗戦と死を覚悟して戦ったからこそ、後に水戸黄門に大楠公稀代の忠臣として讃えられる事になる
決して弱かった訳ではない

106: 歴ネタななしさん
時代の流れさえわかっていたら、後醍醐が天皇で、尊氏が将軍になって並立できた。
そうするなら、すぐに平和になっただろう。

109: 歴ネタななしさん
>>106
そもそも後醍醐は北条とかいう武家による平和が嫌だからぶっ壊したんだぞ?

110: 歴ネタななしさん
うちのご先祖様も300vs8万とかやらされてたし。圧倒的な兵力不足。

116: 歴ネタななしさん
佐々木導誉で大河やれよ
身内同士で殺しあってたあの時代に裏切りまくってたのに畳の上で死んだだけでもすごいのに
茶道、香道、華道でも名を残したとんでもない人だぞ

136: 歴ネタななしさん
>>116
DQN具合とか
エンタメ性なら伊達政宗を
遥かに上回る可能性あるんだけどなw

129: 歴ネタななしさん
せっかく足利尊氏やや楠木正成や新田義貞と鎌倉幕府を倒したのにね。
その後の行状で、武士や御家人達にすっかり嫌われてしまった後醍醐天皇。

いくら楠木正成と新田義貞が忠誠を誓っても、
武士団・御家人達が足利尊氏についてしまった人望の無い後醍醐天皇に勝ち目は無いよ。

134: 歴ネタななしさん
足利尊氏有能か?
良い方に事態が好転して転がり込んでくる、星回りの良さみたいなのを感じる

159: 歴ネタななしさん
源氏将軍に武士が集うのは当然のこと。
相当なカリスマ性があったんだろうね。

182: 歴ネタななしさん
あんま話題に上らない名和長年さん…

188: 歴ネタななしさん
>>182
後醍醐帝 帰還の立役者である功臣なのにね

でも、そのせいで大乱が発生したとも…

187: 歴ネタななしさん
正成以外、互いに功名を上げたり自身の考えに固執することに必死で協力体制がほぼ無かったもんなぁ
正成は出自がアレなので軽んじらてれたし

233: 歴ネタななしさん
プライドだけ無駄に高い新田義貞の悲惨な末路

238: 歴ネタななしさん
>>233
新田氏は所詮は元負け組なんだから、プライド捨てたらなんも残らんから仕方無いとも言える

248: 歴ネタななしさん
後醍醐天皇、征夷大将軍が護良親王、その両翼に新田と楠木、北に北畠顕家、南に懐良親王(´・ω・`)

これが実現してたら南朝盤石やったやろな(´・ω・`)

尊氏も大人しく軍門に下ったやろ(´・ω・`)

251: 歴ネタななしさん
>>248
恩賞含め社会が武士無くして回らないことを理解して枠組み作らない限りは尊氏を引き込んでも別のアタマを立てるだけになるでしょ
そもそも尊氏自体は後醍醐帝と争う気はあまりなかったはず

250: 歴ネタななしさん
尊氏は気前よく配下に所領を与えたから武士たちが集まってきたんだな
大大名作り過ぎて室町幕府は不安定だったけど
等持院ほか複数伝わる尊氏の木像や肖像画は共通してタレ目の人の良さそうな風貌

253: 歴ネタななしさん
>>250
そうかと思えば勝者の細川顕氏に対して刀を抜いて脅したりよくわからん人物だわ

255: 歴ネタななしさん
>>253
よく言われるように躁鬱病だったのかも知れないな
孫の義満も相当お天気屋だったそうだし曾孫の義教もご存知ヤバイ人
精神病は遺伝あるのか分からないけど

252: 歴ネタななしさん
南朝が正統と認めているのに、以降の天ちゃんは北朝の流れとはこれ如何に

261: 歴ネタななしさん
>>252
敗北した南朝関係者の御霊をお慰め申し上げる(怨霊化抑止)ために正統とされている
勝った側が居丈高にならずに謙虚になるようにするために必要なことだ
勝者の野蛮化防止のためだよ

263: 歴ネタななしさん
>>252
南朝正統論は江戸時代に水戸藩が編纂した「大日本史」以降
太平記での楠木正成人気もそれを後押しした

254: 歴ネタななしさん
親房「なぜあのまま足利を京から追い出さなかった!
   なぜ伊勢へなど来たのだ!」
顕家「…父上 この戦は一体いつ終わるのです? 顕家はもう疲れました…
   それで父上にお会いしたくなり ついフラフラと伊勢へ来てしまいました
   申し訳ありません…」
親房「そ…そうか… まあ 茶でも飲め…(涙)」

268: 歴ネタななしさん
>>254
顕家が戦死した知らせを聞いた近藤正臣の演技がまたいいんだよね。

278: 歴ネタななしさん
この時代って武将って言っても
鎌倉の御家人系列
公家や皇族の落下傘
悪党の系列が入り交じっていて同列に扱っても背景が違いすぎるしな

新田、楠木、北畠ってそれぞれ代表してるな

319: 歴ネタななしさん
判官びいき日本人思想だと
義経、正成、幸村が、主人公格なんだけど
正成メインは、やらないな

320: 歴ネタななしさん
正成は正当性だけは有るサイコパス暗君に使えた忠臣だから描きにくいなw

321: 歴ネタななしさん
楠木正成主人公はぜんぜん行けるやろ
出生と幼少期は創作と後醍醐、尊氏を絡めてやれば良い

でも太平記を超えるものは最早作れないだろうな
太平記はあまりにも傑作過ぎた

322: 歴ネタななしさん
行けるとは思うし太平記自体、後半はぐだぐだで後半視聴率低かったと違うの?
摂津湊川あたりで終わりにしないとしまりがないよむしろ

344: 歴ネタななしさん
>>322
いやいやいや観応擾乱こそが取り分け面白いんじゃないか

345: 歴ネタななしさん
>>344
それは、歴史マニアの評価
あまり描かれることが少ないからそう思うかもしれないけど実際には、まず視聴率が伸びないからカットが妥当
義経しんだあとに奥州討伐の回をやたらやるとかみたいなもんだ
もっといえば三國志で孔明がしんだあとはどうでもいいと同じ

346: 歴ネタななしさん
>>345
確かに分かりにくい点は多々ある
だからこそ脚本や演出等見せ場がある

とはいえ確かに昨今の大河クルーじゃ沈没するよりない船を仕立ててザブンだろうね

324: 歴ネタななしさん
ポイントは、真田太平記と真田ひろゆき太平記を混同しないことだ

326: 歴ネタななしさん
>>324
真田広之は神、太平記は超絶凄過ぎる
当時30歳とかあり得ない
落ち着き払った余りにも美しい尊氏後期こそ見事な演技だ
前期の清々しい高氏、中期に迷いに迷う尊氏も勿論素晴らしい
衣装も素晴らしかった
陣内道誉も素晴らし過ぎた
その他脇役も凄過ぎたあんな奇跡やられたらもう無理だw

349: 歴ネタななしさん
>>326
真田丸の堺雅人とかより
ずっと若いのに
ずっと気品があってアクション抜群で
ああいう大河の主演できる役者
いないな

328: 歴ネタななしさん
まあ陣内の婆娑羅は、あれでビジュアル的に婆娑羅を理解した人間も多かったろうな

329: 歴ネタななしさん
太平記の時に池端俊策の脚本は評判よかったらしく脚本集まで出てたな。
それを買う位好きだったんだが、南北朝の時代はやっぱりどちらかの正当性の議論があって、取り上げづらい時代だったってNHKのPのコメントが載ってた記憶がある。

336: 歴ネタななしさん
>>329
いまの皇室は北朝系なんで
本来なら尊氏は忠臣で楠木は大逆の悪人であるはずのに
戦前では逆だったからな

楠木が忠臣なら今の皇室は正統ではないということになる

354: 歴ネタななしさん
>>336
だいたい徳川光圀のせい。
南朝が正統だって、歴史書「大日本史」にしつこいほど書きまくってる。

331: 歴ネタななしさん
太平記みたいな品質の大河をもう一回観たいもんだよNHK
ぶっ壊される前にもう一回がんばれよw
フランキー堺の痺れるような悪役
片岡鶴太郎の怪演
坊門清忠の嫌らしい演技
全然イメージ違うのに素晴らしい武田鉄矢w
緒形拳、近藤正臣のどストレートな名演
沢口靖子、宮沢りえ、後藤久美子、原田美枝子、小田茜の美しさ
なんで太平記だけそんなセンス良いのよ?w

341: 歴ネタななしさん
基本的に幕府内でたち位置が下降したりして上がり目なくなった連中の敗者復活戦が建武新政~南北朝動乱ってよくわかるな
北条は、権力を集中しすぎたな

353: 歴ネタななしさん
後々もっと名を成した人が多いからそう思うのかもしれないが、
太平記は真に豪華キャストだったな。
唯一演技が不安だったのが、赤井英和くらいw

ネタ元: ・北畠顕家、楠木正成、新田義貞を抱えていたのに敗北した後醍醐帝って無能すぎるだろ…