1: 歴ネタななしさん
2018y07m18d_173409563
馬なかったらザコじゃねぇか

4: 歴ネタななしさん
いたからよかったじゃん

6: 歴ネタななしさん
馬とかの資源も帝国の一部やからなぁ

7: 歴ネタななしさん
弓もすごいぞ

8: 歴ネタななしさん
その時その資源を利用したから強かったんだし
国の力の一部でしょ

9: 歴ネタななしさん
相手にも馬はいた訳なんだが

11: 歴ネタななしさん
「馬やっべ!マジやっべ!勝負ならんやん!」って気付いて騎馬団作った有能やぞ

13: 歴ネタななしさん
での相撲のモンゴル勢みるに戦闘民族だろあいつら

17: 歴ネタななしさん
>>13
モンゴルに攻められた九州の鎌倉武士団「野蛮な戦闘民族とか怖いわー」

19: 歴ネタななしさん
>>17
武士団「略奪される前に略奪したろ」

15: 歴ネタななしさん
最近の研究だと元寇もぼろ負けしてるらしいなアイツら
まあ当時の日本人も戦闘民族だしな

16: 歴ネタななしさん
>>15
まぁ高句麗とかも混じってたし多少は

23: 歴ネタななしさん
>>15
よく考えれば、
・普段から内戦(殺しあい)ばっかやってた武士相手に
・当時の船で海を渡って3万(後に4万+10万)を上陸後に維持可能か?
って、考えると、そりゃぼろ負けが当然と言う
しかも二度目は石垣とか万全の防備のなか、後ろの10万は鑑真ルートでボロボロとかいう最悪に近い状態とかの

21: 歴ネタななしさん
モンゴルのおかげで文化の東西交流が一気に加速した
ヨーロッパに日本の情報が伝わるようになった

24: 歴ネタななしさん
そもそもまともに馬に騎乗できた民族自体、歴史の初期にはかなり希少だった
乗馬技術、馬の繁殖技術、騎馬部隊の戦略と練兵、乗馬中の弓などの攻撃技術、そして兵站

馬という資源の強みを理解し、運用できたのは紛れもなく当時の覇権国家としての格

25: 歴ネタななしさん
馬を純粋に兵器として考えてみろよ
せいぜい最新兵器が弓って時代にガソリンいらずのバイクが使えるようなもんだぞ?
強いに決まってんだろ、オーバーテクノロジーそのものだよ、生命ってのは

26: 歴ネタななしさん
要するになろう異世界で高原最速レベルのモンスターをテイムして
モンスター騎乗軍団作りました、みたいなチートだもの

しかも騎馬関連の技術っていうのはそう簡単に真似できるものでもないから独自性も維持できる

27: 歴ネタななしさん
>>26
いや、別に騎乗関係の技術が難しいということはない
見様見真似でいくらでも模倣できるものばかりだ

ただ単に馬が手に入らないだけ

31: 歴ネタななしさん
>>27
いやいや、少なくとも「騎馬」の黎明期って範囲では
鐙なしで騎乗しつつ武器を取り扱うのは特殊技能で、幼少期から訓練し続けないと不可能だったそうだよ

特に騎射に関しては馬具が発達した後も個人の力量にかなり左右されるから、(発展後の銃の優位性は誰でもある程度は扱えること)
「馬に乗った機動力の高い精鋭部隊が強襲する電撃戦」って戦法は簡単に真似できるものではなかった

万里の長城を築いてまで防ごうとされるほど遊牧民が脅威だったのは、その練度だからね

28: 歴ネタななしさん
馬ってそんなに手に入らないの?
繁殖させられても維持費に金かかるから少ないってだけじゃなかったの?
日本の時代劇見てるとそんなイメージ

29: 歴ネタななしさん
>>28
いい馬は現代のスーパーカーより更に希少
なにせ作れないからな

30: 歴ネタななしさん
馬ってだけじゃ駄目なの?速度の程度はあれ人載せて走って持久力あるってだけで凄くね?
それに産ませまくって選別すればいんじゃねーの?だめなの?

35: 歴ネタななしさん
結局馬っていうオーバーテクノロジーは
モンゴルがすごいから作れたわけじゃないから
だから反抗できないのよ
国力に関係なく自然にあるもんだから

36: 歴ネタななしさん
古代から中世までは中央アジア一帯の騎馬民族が異様に強かったのよね

37: 歴ネタななしさん
戦車を作るには高度に工業化した社会が必要不可欠だ
戦闘機も同じ
軍艦だって同じ
人時代前は戦艦の数が国力のバロメーターですらあった

でも馬を作るのに必要な資源は草だけだ

ネタ元: ・モンゴル帝国って言うほど凄くなくね?凄いのは馬じゃん。