1: 歴ネタななしさん
2017y05m16d_085220303
なんだかんだ近年の研究で主体性があった事が判明してる人物が多いけど

2: 歴ネタななしさん
どんなぼんくらだろうが植物人間じゃない限り主体性はあるだろ

6: 歴ネタななしさん
大内義長

9: 歴ネタななしさん
当主機関説

10: 歴ネタななしさん
そりゃあ傀儡側は真の当主になろうと権力を高めていこうとするのだから
色々と命令を出したり行動したりもするだろ

11: 歴ネタななしさん
三国志の献帝みたいなのか

12: 歴ネタななしさん
>>11
そうそう
確かに献帝の名前でいろいろ命令を出してるとはいっても
その命令は董卓だったり曹操だったりの意志であって、献帝はそれを断りようがない状態に置かれていたわけよ
三国志のドラマとかで「朕が本音を口にできるのは監視の無い厠の中だけなのだ・・・」と嘆く場面があるが
そういう状態を傀儡という

なのに当主の名前での命令文書が沢山あるから、実は傀儡じゃなんだとか実権もあったんだとかいうのが
日本の研究者の近年の研究とやらの言い分
文書が本人の意思を反映してない状態を傀儡というのに、文書があるから何だってんだよ、アホか馬鹿かと

13: 歴ネタななしさん
足利義氏死後、何人かの足利姓の者を関東公方に推挙していましたが、あれは心底傀儡政権だったと存じます
近衛前嗣とかいうのもリストアップされていたが、鎌倉まで出てきてやっぱダメですといわれた屈辱があった

17: 歴ネタななしさん
まず、傀儡とされてたけど実は違うんじゃないか?という
例が上がらないと議論にならない。

18: 歴ネタななしさん
>>17
秀頼がそれっぽくない?
そもそも淀殿にあーだこーだ言う権限なんてあったか疑問
生き残るチャンスはかなりあったのに結果的にああなったのは
秀頼が無能だったからだと思う

....まあ傀儡とされてたは違うか....

19: 歴ネタななしさん
>>17
細川氏綱とか豊臣秀頼とか

20: 歴ネタななしさん
細川氏綱とかは管領になった当初はかなり自分の判断で動いてたけど、長慶の傀儡となって動いた方が政治が円滑に回りうまくいくと悟ってからは自ら率先して傀儡としての管領を演じ切る事に徹したみたいに書かれた記事見たわ

21: 歴ネタななしさん
主体的に傀儡に徹する
もうわかんねぇなこれ

22: 歴ネタななしさん
自分の判断で家老に丸投げする主君も、傀儡なのか?
確かに、傀儡の定義が良く分からなくなって来たな。

23: 歴ネタななしさん
自分の判断と言うけど結局は諦めだろう

27: 歴ネタななしさん
下剋上の時代だと、傀儡を立てるメリットは 少ないかもな。

29: 歴ネタななしさん
>>27
むしろ争っているときこそ卑弥呼みたいな傀儡が必要な件

32: 歴ネタななしさん
>>27
三法師とかいう傀儡
神輿に担がれあ傀儡は数多居るで

31: 歴ネタななしさん
徳川家継

33: 歴ネタななしさん
足利義氏

35: 歴ネタななしさん
室町幕府第14代足利義栄

36: 歴ネタななしさん
院政期の天皇は傀儡といわないのか?

38: 歴ネタななしさん
能登の畠山さんとか

39: 歴ネタななしさん
斯波義統(織田)、吉良義安(徳川)、藤原頼経(将軍)
こいつら傀儡じゃね?

40: 歴ネタななしさん
全く主体性なく家臣の言うがままになっててもそれでうまく行きゃ名君と名宰相だわな
うまくいかないで滅んだら主君は悪く言えないから「傀儡にしてた側近が悪かった」となる
あるいは主流から外された家臣が主流派を引き摺り下ろそうとするとき「側近が傀儡にしてる」と攻撃する

41: 歴ネタななしさん
三河は吉良を傀儡国主にして松平が執権みたいになる可能性もあった?

42: 歴ネタななしさん
>>41
家康は駿河守護の今川氏真も管領の吉良も殺してないよ。
まとめてひな壇に飾って天下を獲ったあとは高家として徳川家の装飾品とした。

ネタ元: ・真の意味で傀儡だった当主っているの?