images
1: 歴ネタななしさん
寒冷化が崩壊させた古代ローマ帝国

この時代に入るや、ついこの間まで「Pax Romana」「五賢帝時代」などと謳われていたのが嘘のように、一気に帝国の崩壊が始まります。

歴史に疎い者にとっては、「ついこの間まであれほど繁栄していた国がどうして!?」と訝しく感じるほどですが、前時代までの“平和“はあくまで「マイナスベクトル(崩壊)」と「プラスベクトル(温暖気候)」が±0となった絶妙な調和の上で保たれていただけの“見せかけの平和“であって、“支え(温暖気候)“を失えば一気に崩壊する程度のあやういものだった ─―ということを知っていれば、この時代の崩壊も当然のことと理解できます。

ローマでは、寒冷化の到来によって帝国の収益が急速に悪化し、その結果、兵への給与が滞ることが常態化していきます。兵の不満が募り、それはやがて各地で「兵乱」という形となって表面化していきました。 
1: 歴ネタななしさん

しかしながら。洋の東西と古今を問わず、“正統性“や“大義名分“を持たぬ叛乱軍など、「賊軍」の汚名を着せられて鎮圧・処刑される定めにあります。生き残りたいならば、叛乱軍は自らの“正統性“を掲げねばなりません。

こうして叛乱軍は勝手に「新皇帝」を祭りあげたため、帝国各地で皇帝を僭称する者が現れ、帝国は収拾のつかない大混乱に陥りました。

一兵卒が皇帝を僭称し、何人もの皇帝が併存して、血で血を洗うが如き混迷の時代を政治的には「軍人皇帝時代」といい、社会的・経済的には「3世紀の危機」と呼びます。
.

英雄にも止められなかった「ローマ帝国の分裂」

もはや「放っておけば解体に向かう」帝国を担うのに凡帝では荷が重く、帝国にふたたび統一をもたらすためには「英主」の出現が待たれますが、その歴史的役割を担って現れた人物こそがディオクレティアヌス帝です。

彼は対立皇帝・僭称皇帝をつぎつぎと討ち破って久しぶりの「単独皇帝」となり、ローマに再統一をもたらしました。

しかしながら、この偉業を成し遂げた彼の力量を以てしても、「もはや、解体しつづけるこの帝国を一人の皇帝で統治することは不可能」と悟り、「四分割統治(テトラルキア)」を断行。

したがって実質的な統一は10年と保たず、以降の帝国は「統一」とは名ばかりの分裂時代を迎えます。

次時代の「ローマ帝国の東西分裂」の前提条件はすでにこの時代に生まれていたのでした。


同時期に中国各地にも現れた「皇帝」

ローマが「平和」から「危機」に陥落する転換期となったのが180年から193 年ごろですが、まるで息を合わせるように、中国でも「安定期」から「混乱期」の転換期となる象徴的事件が起こっていました。

それが「黄巾の乱(184~192年)」です。

後漢は第4代和帝以降、原則として幼帝が立ち、その幼帝の横には外戚・宦官が控えてこれを操り、宮廷には奸臣・佞臣(ねいしん)が巣くい、地方には酷吏・汚吏が蔓延、この悪政に耐えかねた農民は流民と化して各地で盗賊・叛徒となって国を荒らす。

このように、前漢と同じ途をたどっていき、その行きつく先に発生したのが「黄巾の乱」です。

この叛乱を境として、中国史はいわゆる『三国志』時代に入りますが、各地に「皇帝」を僭称する者が現れたこの時代は、ローマ史では「軍人皇帝時代」を彷彿とさせます。

世紀でいえば3世紀ごろ(184~280年)でしたから、時代的にもローマの「3世紀の危機」に符合します。

全文はソース元で
1/14(火) 11:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200114-00010000-php_r-bus_all&p=2

145: 歴ネタななしさん
>>1
タウポ火山の噴火による地球規模の異常気象でしょ
今さらの話しだね

199: 歴ネタななしさん
>>1
ローマが滅びたの理由はゲルマン人とキリスト教だと思うけど、書きづらいのだろう。

241: 歴ネタななしさん
>>199
そのさらに根っこに寒冷化がある、という話な。

246: 歴ネタななしさん
>>241
ゲルマン人の大移動の原因についてはそうかもしれないけど、キリスト教についてはどうかな?

255: 歴ネタななしさん
>>246
あれも困窮者が救いを求める宗教だからな。普及と寒冷化はつながってるかも。

563: 歴ネタななしさん
>>1
中国は漢が滅んでも魏晋南北朝時代を経て再び大帝国の唐として甦ったけど
ヨーロッパは西ローマ帝国滅亡以後、ルネサンスまでずっと暗黒の中世だったよな

565: 歴ネタななしさん
>>563
西欧は11世紀以降はそれなり。
ペストの直前には1人あたりGDPで中東や中国を追い越していたらしい。
まあ人口を抑制して1人あたりの土地を多めに確保していたのが大きいけど。

601: 歴ネタななしさん
>>565
ペスト直前どころか大航海時代がはじまった16世紀あたりでも世界のド田舎だと思うけど
ヴァスコ・ダ・ガマが現地のインド人から身なりの見すぼらしさとヨーロッパからの持参品があまりにも貧相なので
笑いものにされて激怒してるぐらいだし

2: 歴ネタななしさん
白頭山の噴火

158: 歴ネタななしさん
>>2
それは10世紀じゃなかったか?
渤海が唐突に滅亡して、東アジアの国が日本以外総入れ替えになった。
唐→五代、宋
新羅→高麗
渤海→契丹
南詔→大理

3: 歴ネタななしさん
悪政をガン無視するスタンス

89: 歴ネタななしさん
>>3
多少の暗愚帝でも、地球レベルの気候条件のお陰で十分な食料生産量を確保出来ればどうにか治められるって話。

5: 歴ネタななしさん
100年差でもほぼ同じ時代だな

668: 歴ネタななしさん
>>5
今は、年々、温暖化で暑くなっているけど、
これが逆に、年々、寒くなってきて冬が早く訪れて
しかもなかなか春がこない、
という年が毎年つづくようになっていけば、
経済だって停滞するわな

7: 歴ネタななしさん
まあ気候変動は大きな要因だな

152: 歴ネタななしさん
>>7
3世紀の危機、17世紀の危機、、、
世界史の教科書にも乗るようになった。

何でも気候変動のせいにするのは、何でも階級闘争にするのと同じ短絡に陥る危険もあるが。

11: 歴ネタななしさん
ローマは戦争やめたから衰退した

523: 歴ネタななしさん
>>11
外敵との戦争をやめると
内輪もめが始まるんだな。

21: 歴ネタななしさん
教科書的にも、北方ゲルマン人の移動の前哨

中国では、匈奴の盛衰、北方ツングースの盛衰が第一義的な影響因子だといわれていると思う

44: 歴ネタななしさん
この時期は日本でも倭国大乱が起こって飢えた倭人が半島まで逃げた記録がある
世界的に大飢饉だったのだろう

53: 歴ネタななしさん
得られる教訓は、温暖化を恐れる以上に寒冷化を恐れよってこと。

56: 歴ネタななしさん
寒冷化が歴史を動かしたという話は昔からあるじゃん

61: 歴ネタななしさん
ローマ帝国全盛期は現代よりはるかに温暖だったのよ
スカスカの服で一年中過ごしてた
寒冷化によってローマ帝国は壊滅し、ゲルマン人によって蹂躙された

77: 歴ネタななしさん
漢→三国時代で7割減9割減っていう話だから
天変地異がないとさすがにそこまで減らんような

81: 歴ネタななしさん
>>77
流民が増えたんだよ
統治が上手くいかなくなって豪族の下で小作人になってる
だからそういう人たちには戸籍がなく人口が一気に減ったことになる

84: 歴ネタななしさん
世界的な気候変動があって農業基盤の崩壊が洋の東西を問わずで起こったってことなのか
知らんかったけどこれは本当?
珍説の類?

94: 歴ネタななしさん
>>84
歴史的な気候変動の細かい変化なんて分からない
史書的にも世界的な不作のような記載はない

よく分からないと思ってちょっとしたネタを世界全部に広げてこじつけるのはよくある珍説そのもの

142: 歴ネタななしさん
>>94
冷夏でコメ不足でタイからコメ輸入したり台風でジャガイモが取れなかったときは大騒ぎしただろ
現在起きることは昔だって起きる、昔は農業中心で気候による不作が社会に与えた影響は大きいだろう。
経済が社会に与える影響は今も昔も変わらない。
歴史馬鹿はそういうの無視して人間の能力とかにしか着目せず気候を調べようとかしないのは程度が低い。
過去の気候なんて温暖化でどうだーとかで示されるように調べようがあるし、生産だってピケティーがやったように税収から逆算とか出来るのに

93: 歴ネタななしさん
しかしなんで後漢の皇帝って短命なのが多いのかね?光武帝、明帝、献帝くらいか 曹操劉備孫権とかはまあまあの年まで生きてるのに

124: 歴ネタななしさん
どうせ気候だろと思ったら気候だった。
そりゃ農業技術とか進んだ現代だって冷夏で凶作とかあるんだから、 昔なんてもっとモロに影響受けて飢饉とか反乱起こりがちになる。

128: 歴ネタななしさん
大乱や飢饉の原因は大抵寒冷によるもの。温暖化はむしろ穀物や動植物が育っ。

139: 歴ネタななしさん
温暖化になると寒冷国の居住可能地や航路が
増えるから
更にきな臭くなりそうだね
ロシアめっちゃ恩恵受ける国

186: 歴ネタななしさん
世界史取ってないからローマ帝国についてはよく知らんが、中国はそのあと三國志が始まって盛り上がるじゃん

197: 歴ネタななしさん
>>186
盛り上がるっていうか大混乱やろw
唐の統一まで500年の戦乱とか気が遠くなるほど乱れてる
赤壁で孫権が無駄に抵抗したせいで大変なことに

203: 歴ネタななしさん
フン族(匈奴)の話題で思い出したが、俺が高校の時世界史の教師からハンガリーはフン族の末裔と習って、
実際にハンガリー国民もフン族の末裔と言っていたらしいが、最近のDNAなどの調査によってその説は覆されてんだな。

271: 歴ネタななしさん
>>203
DNA調査ではやはりヨーロッパ人だったか
しかし、言語はウラルアルタイ語族でインドヨーロッパ語族でない
支配階級は確実に中央アジアの民族で間違いなかろう

214: 歴ネタななしさん
ローマ帝国崩壊によって、流通網が分断し、高度な分業経済システムが崩壊してしばらくの
ヨーロッパの惨状はすごいね。自給自足経済に戻って工業品も劣悪化し、労働時間も長くなった影響で、
識字率や文化すら大きく衰退した感じ。

248: 歴ネタななしさん
歴史上の因果関係を語る文章ってなんでこうルーズなんだろう
雨が降らないのは神様が怒ってるせいだとか言ってた未開人と同レベルの論理展開してる自覚ないのかな

257: 歴ネタななしさん
>>248
地球史で見ると百年、二百年なんて同時代だからだが?

280: 歴ネタななしさん
やっぱり気候のこと言ってたか
寒冷化からの遊牧民南下とか、言い古され過ぎ

ネタ元: ・【歴史】漢帝国と古代ローマ帝国が「ほぼ同時に衰退」した“偶然ではない”理由