1: 歴ネタななしさん
2020y11m27d_053727351
中尾山古墳 文武天皇埋葬か

 奈良県明日香村教委と関西大は26日、中尾山古墳(同村平田、8世紀初め)の発掘調査で、墳丘が正八角形の八角形墳と確認したと発表した。世界遺産登録に向けた初の本格調査で、3段築成の墳丘の周囲に3重の石敷きを巡らせていたことや、埋葬するための石室の具体的構造など全容が判明した。八角形の墳丘は飛鳥時代後半の天皇陵の特徴で、701年に大宝律令を制定したことで知られる文武天皇(683~707年)が被葬者であることが確定的になった。

2020年11月26日 22時46分 記事元 毎日新聞
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1126m040248/


1: 歴ネタななしさん

 1974年の調査で、八角形墳との推定や横口式石槨(せっかく)(石室)を持つ火葬墓であることなどが指摘されていたが、詳細は不明だった。

 今回の調査結果によると、墳丘の対辺の長さは約19・5メートル、高さは5メートル以上。1、2段目は大小の大量の石を垂直に積み上げた基壇状で、最上段の3段目だけ土を突き固めた盛り土のみで八角形を形成する特異な構造をしている。また、墳頂部に装飾として置かれていたとみられる鴟尾(しび)状の沓形(くつがた)石造物も出土。外周の石敷きはこれまで2重とされてきたが、新たに3重目が確認された。外周を含めると対辺の長さは32・5メートル以上となる。

 現場一帯は古代、「檜隈(ひのくま)」と呼ばれた地域で、続日本紀は文武天皇が火葬され、遺骨は「檜隈(ひのくまの)安古(あこの)山陵(みささぎ)」に葬られたと伝える。最初に火葬された天皇は持統天皇(文武天皇の祖母)で近くの野口王墓古墳の被葬者とされ、他に飛鳥時代に火葬された天皇は文武天皇に限られる。一方、宮内庁は中尾山古墳の南方約400メートルの栗原塚穴古墳(明日香村栗原)を文武天皇陵に指定している。

 現地見学会は28、29日午前10時~午後3時、小雨決行(新型コロナウイルス感染拡大防止のため説明会はなし)。近鉄飛鳥駅から徒歩10分(駐車場なし)。【姜弘修】

真の文武天皇陵と考えて差し支えない

 白石太一郎・国立歴史民俗博物館名誉教授(考古学)の話

 石で見事に化粧され、丁寧に造られた八角形墳で、築造当初の姿はすごかったと思う。従来、被葬者は文武天皇ではないかといわれてきたが、年代や地名の考証その他を含め、中尾山古墳が真の文武天皇陵と考えて差し支えないだろう。

2020年11月26日 22時46分 記事元 毎日新聞
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1126m040248/


24: 歴ネタななしさん
>>1
石室はどこだろ
こういう古代のお墓の中すごく興味ある

26: 歴ネタななしさん
>>1
文武両道やったんやろうなw

65: 歴ネタななしさん
>>26
いや、実際、漢詩も作っているし、
弓が得意だったらしい。

3: 歴ネタななしさん
指定がずれてるせいで本物の天皇陵の発掘調査が出来てしまうという

15: 歴ネタななしさん
>>3
それ大切なポイントだな…笑

30: 歴ネタななしさん
>>15
宮内庁が指定した天皇陵墓は曖昧な物が多いな実は天皇陵墓では無い墓も含まれている可能性も多いらしい

36: 歴ネタななしさん
>>30
そうそう まあ下手に触れたくない理由はよく分かる
触れさせない理由として、他国の遺跡と意味が違うってのはそれなりに良い理由になっていたと思うだけに、この古墳を調べて天皇のものと判明させたのは画期的だ笑

5: 歴ネタななしさん
文武天皇(もんむてんのう、683年〈天武天皇12年〉- 707年7月18日〈慶雲4年6月15日〉)は、日本の第42代天皇(在位:697年8月22日〈文武天皇元年8月1日〉- 707年7月18日〈慶雲4年6月15日〉)。

陵・霊廟

陵(みささぎ)は、宮内庁により奈良県高市郡明日香村大字栗原にある檜隈安古岡上陵(桧隈安古岡上陵:ひのくまのあこのおかのえのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は山形。遺跡名は「栗原塚穴古墳」。

ただし、八角墳であり横口式石槨を持つ明日香村平田の中尾山古墳を真の文武天皇陵とする意見が有力である。

また皇居では、皇霊殿(宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

6: 歴ネタななしさん
火葬でも骨があればDNA分析できるな。
是非やってもらいたい。

9: 歴ネタななしさん
>>6
DNAは数十年以上経ったら鑑定できなくなってくるから
永久凍土とか氷漬けにされたものじゃない限り不可能らしい

11: 歴ネタななしさん
石室あるん
最新の技術を使えば、どんな絵が描かれてたか分かるんじゃないの

12: 歴ネタななしさん
子孫が決めれば良いこと

20: 歴ネタななしさん
7世紀頃の天皇陵は結構判明してるな
斉明天皇、天智天皇、天武天皇、持統天皇、文武天皇と分かってる

宮内庁指定じゃないのものあるから調査出来て都合がいい

22: 歴ネタななしさん
前方後円墳が終焉を迎えた後の特別な数少ない古墳だから判定がしやすくて良いな
八角墳は分かりやすい手掛かりになる

35: 歴ネタななしさん
意外と最近(奈良の大仏を建立した聖武天皇の父親)の人なのに
陵墓指定が間違ってたのは意外だ

39: 歴ネタななしさん
>>35
つーかさ
どんだけ立派な墓を作っても後世の人間が
誰が埋まってるかも全然分からないって何の意味もなくね?
っていつも思う

68: 歴ネタななしさん
>>39
それは思う。天皇ですらこうなんだから。
平安前期の淳和天皇は遺言で
「自分は火葬して山に散骨するように」と命じて、実際そのように葬られた。立派だわ。

もっと昔の時代の大王たちなんか
あれだけ巨大な古墳作らせたのに
今じゃどの古墳が誰のものか分からん状態。

44: 歴ネタななしさん
天皇陵の調査は松下見林、本居宣長に始まって、寛政年間の蒲生君平による本格的な調査を経て、江戸幕府による公式な治定事業が行われた

ゆえに現在の天皇陵の治定は多くがその時代に行われたもので、それを引き継いだ戦前の宮内省、現在の宮内庁はあくまで管理者である

したがって今回のようなケースにあたって「宮内庁(笑)」のような揶揄は何の意味もなく、己の無知をただ晒しているだけだ

46: 歴ネタななしさん
>>44
つまり、皇室が自分の先祖をきちんとお祀りしてなかったことが最大の原因だろ。

57: 歴ネタななしさん
>>44
それは分かるんだけど、46の言うようになんで宮家は途中から天皇陵分からなくなっちゃったんだろうか
多過ぎて伝承が途切れた?
それとも血生臭い対立してる頃に伝えなかった?
それとも極貧時代にそれどころじゃなくなった?
それとも全部知ってるけど幕府の調査になんか協力したくなくて教えなかった?
あんなデカい墓の場所が分からなくなるって大概だと思うんだがなぁ

47: 歴ネタななしさん
宮内庁が途切れなく管理してもいないのに、天皇の御陵だと勝手に言い張ってるだけだからな
どんどん暴いて行けばいいんだよ。残っていても石棺くらいだろうけど
あの辺りの人間は昔から手癖が悪かったのかよwww

54: 歴ネタななしさん
宅地造成とかでぶち壊された遺跡もたくさんあるんやろうな

ネタ元: ・【奈良・中尾山古墳】被葬者が文武天皇(683~707年)と確定的に 八角形墳と確認、全容明らかに[11/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]