1: 歴ネタななしさん
2017y05m16d_085220303
江戸時代の盛岡藩で起きた犯罪や刑罰に関する記録から、当時の人々の「罪の意識」をひもとくテーマ展「罪と罰 盛岡藩の犯罪記録と町奉行の仕事」が、もりおか歴史文化館(盛岡市内丸)で開かれている。

展示されている資料は、17~19世紀前半にかけて作成された「刑罪」と呼ばれる判例集など計15点。いずれも南部家で保管されていたもので、同館が譲り受け所蔵していた。事件の内容は「酒に酔って抜刀」「門番の居眠り」など様々で、中には現代の犯罪に通じるものもある。

「殺人と不倫はどちらが重罪?」と題された展示では、1691年、妻の不倫を知った夫が不倫相手を刺殺した事例を紹介……


※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210120-OYT1T50103/

4: 歴ネタななしさん
実際は金で終わらせるとこが多いって聞いたけど

7: 歴ネタななしさん
1683年1月25日、駒込(現在の文京区)の大円寺の出火を発端とした大火災が発生した。
通称「お七火事」と呼ばれる江戸の大火だ。

火は強い北西の風に乗って、本郷から御茶ノ水、神田と南の方角へ延焼。また神田川を沿うように隅田川までたどり着くと、対岸の両国や深川まで燃え広がった。判明しているだけで、大名屋敷75、旗本屋敷166、寺社95が焼失。町家の被害に至っては数万戸に及び、焼死者も約3,500人に及んだ。ちなみにあの松尾芭蕉も被災した1人だ。

この火事は「お七火事」と呼ばれているが、“お七”とは16歳の少女の名前のこと。 なぜ彼女の名前が火事の通称として使われているのか。それには深い理由がある。

元々、お七は1月25日の大火で被災した少女。現在では被災すると、学校や自治体の施設に避難することが多いが、当時は寺社に身を寄せることが多かった。八百屋を営んでいたお七の一家も、その例にもれず吉祥寺(円乗寺、正仙寺との説もあり)に避難していた。そこでお七は、寺小姓の生田庄之助(小野川吉三郎、山田佐兵衛との説もあり)と恋愛関係になる。

しかし自由な恋愛など認められることは少ない時代。家が元通りになったこともあって、2人は離れ離れになってしまう。そこでお七は“また火事になれば庄之助に会えるかもしれない”と自宅を放火してしまう。幸いボヤで消し止められたものの、当時の法律では放火犯は火あぶりの重罪であり、もちろんお七も火あぶりの刑に処せられた。

https://suumo.jp/journal/2013/01/25/37207/

14: 歴ネタななしさん
今なら妻有責なら弁護士いれて身包み剥いでポイ捨てするだけだからね

15: 歴ネタななしさん
不倫相手の男を殺すのは、倫理的な行いだったんかな
少なくとも共感はされた事だろう

36: 歴ネタななしさん
>>15
ちょっと違うけど、敵討ちが許されていた時代だからな

42: 歴ネタななしさん
>>15
姦夫姦婦は重ねて四つの時代だし
不倫は文化なんてイロイロ弛んだ現代の戯言

17: 歴ネタななしさん
当時はバレたら殺されるのは周知されてるんだから
自殺したいけどその前に気持ち良くなっとけみたいなものだろ

18: 歴ネタななしさん
まさに不倫は文化よのぅ

24: 歴ネタななしさん
まあ、昔は切り捨てごめんって言って、上級国民が下級国民を殺しても良かったからな

39: 歴ネタななしさん
>>24
好き勝手に斬って良かったわけじゃないぞ
理由が弱けりゃ逆に改易

45: 歴ネタななしさん
>>24
大名行列横切った子供を斬ったら
通行お断りとなり遠回りしなけりゃならなくなった藩があったはず

54: 歴ネタななしさん
>>45
民はそこの領主のモノって考えなので
出先でそこの住民を斬ればそこの領主と
「何勝手なことしやがるウチに喧嘩売ってんのかゴルァ?」となるわな

天領の住民とか現行犯でも斬れない

74: 歴ネタななしさん
>>54
御三家の住民なんかは外様大名の行列を馬鹿にしてたんだろうなあ

78: 歴ネタななしさん
>>74
通り道なら金づるだぞw
大名行列は今で言う所の強制 Go To だからな

27: 歴ネタななしさん
男は基本流罪だっけ
念仏の鉄はそれで佐渡流しになってた

29: 歴ネタななしさん
昔の不倫は覚悟があっていいな。
現代は飽きたらポイw

41: 歴ネタななしさん
女性の火あぶりとか見せ物にするんだから東北土人は恐ろしす。

147: 歴ネタななしさん
>>41
江戸でも、小塚原処刑場(現在の南千住駅の付近)とか
鈴ヶ森処刑場(品川区南大井、しながわ水族館の北方)とか
札の辻(港区三田三丁目、札の辻交差点の近く)とか
火あぶりで、沢山の人々が見世物にされて焼き殺されてるぞ?

東北地方だと、仙台藩の伊達政宗が、現在の広瀬川大橋
(西公園~仙台城)付近で、冬の水牢にキリシタンを漬けて、
試し切りで切断して、切断死体を広瀬川に捨てさせている。

米沢藩だと上杉定勝の命で、キリシタン50人以上(半数近くが女。
少女幼児多数)を米沢市(金池、南原横堀町、下花沢)で殺害。

53: 歴ネタななしさん
キリスト教文化と欧米文化の希薄な社会でどうやって人間社会が転がっていたか興味深い

71: 歴ネタななしさん
三千年前のアッシリア法典だと、
間男に対し、3回の警告をしなければならない。
それまでに辞めたら無罪。
辞めなかったら、間男を殺して良い。
ただし政府は何もしないから、夫が自力で殺しないかなくてはならない

76: 歴ネタななしさん
意外と法を守ってちゃんと裁かれてるんだよね
まあ現代だとその法が変に感じるけど

82: 歴ネタななしさん
日本も火炙りなんかしててんだな
西洋の火炙りの絵画、映画などは見たことあるが
日本の江戸の女の火炙り絵は見たことないな
なんか残ってるんか?

83: 歴ネタななしさん
>>82
地獄絵にいっぱいあるだろ
ドラマなら昔はよく時代劇でやってたぞ

90: 歴ネタななしさん
夫の刺殺と妻の不倫はそれぞれ単独で考えないと

93: 歴ネタななしさん
>>90
いや刺殺の原因が妻にあるから怪しからんということだろ。
つまり事件の起こり、世間を騒がせた罪としての火あぶりでは。
浮気だけなら夫自らの成敗だけで済む。

95: 歴ネタななしさん
イスラム法も同じ、女と不倫男は石打ちで死刑

98: 歴ネタななしさん
たかだか2-300年で倫理観変わりすぎじゃね?
ホントに江戸時代は250年以上続いたのか?

103: 歴ネタななしさん
今、宣教師が見た日本の事をテレビでやっていたが
意外に女性が強い、と言っていたようだ。
実質的には女性が実権を握っていたのかな。
建前が先に来るが実質は逆というのは良くあること。

109: 歴ネタななしさん
男はおめかけさんいっぱいいたんでしょ?

127: 歴ネタななしさん
>>109
底辺ビンボー庶民は一生独身も普通だったけど、武家や富豪ならお妾数人はあたりまえ
とくに正妻に男児が生まれなければ正妻がお妾を勧めることも普通で、「それでこそ良妻」と世間からほめたたえられた
その場合はもちろん妻妾同居
子が生まれない妻を離縁すると妻の実家との関係が悪化するので、家同士の結婚だった当時は、
武家や富豪はお妾を持つ

129: 歴ネタななしさん
実は庶民の貞操観念はかなり低いのが江戸時代。
家督や身代で相続で揉める可能性がある武家や大店以外の民の下は緩い。

134: 歴ネタななしさん
>>129
そもそも日本は平安の時代から通い婚で歌詠んでチャンネーの気持ちつかんで夜這いでズドンが貴族でも当たり前やったろうが
血統に厳格だったのは天皇家、そして封建諸侯位のもんやった

136: 歴ネタななしさん
>>134
貞操観念なるものが根付いたのは欧米からキリスト教的な考えが入ってきた明治以降だと思う。
武家にしても家ってものは血筋より名を残していくものって考えだから養子相続で血縁関係ゼロのものが後を継ぐ事も多々あったから。

141: 歴ネタななしさん
>>136
家を継ぐって、つまりはシンジケートの社長家の場合だけな。

ほとんどの大衆はサラリーマンだったので家を継ぐ必要なんてなかったし、継ぐ物が無かったし、そんな風習も無い。
サラリーマン層が「家を継ぐ」とか言い出したのは何と昭和30年頃からなんだよ。
住宅ローン組ませる為に国民を騙して名家ごっこをさせてるんだよ。

142: 歴ネタななしさん
>>141
大衆がサラリーマンになったのがそもそも戦後だもんな
それまでの大衆=農家の2男3男、都市細民
には家の概念も貞操なんちゃらも特に無い
夜這いなんか当たり前

135: 歴ネタななしさん
岩手って江戸時代は凄い殺しかたしてたんだな

138: 歴ネタななしさん
>>135
江戸の場合は火あぶりは基本的に放火犯だよね、
殺人の原因になったとはいえ不倫で火あぶりはめずらしい気がする
ちょっと思ったのは、岩手には昔から「隠し念仏」信仰がある(浄土真宗の異端派で土俗信仰との習合、九州の隠れ念仏とは別)
江戸幕府と藩はこの信者を「犬切支丹」と呼び、キリシタン同様弾圧した
キリシタンは発覚したら火あぶりだから、隠し念仏も同じ火刑で、この方法を極刑として他にも使うことがあったのでは

139: 歴ネタななしさん
藩によって罪の意識というか刑罰の適用はかなり異なるんだな
食い物についての禁忌も地域によって異なってる

151: 歴ネタななしさん
江戸時代なんてその土地の風習と
旦那の社会的地位次第で罪の重さが違ったんだよ
全国的に統一された対応じゃない

ネタ元: ・【江戸時代】妻の不倫相手を夫が刺殺したら、妻裁かれ火あぶりの刑…当時の人々の「罪の意識」ひもとくテーマ展/盛岡 [チミル★]