no title
1: 歴ネタななしさん
8月15日、日本は終戦から76年となります。
15歳という若さでフィリピンに渡り、海兵として戦った92歳の男性が、これまで語ったことのなかった当時の体験を初めて口にしました。

■中村政夫さん(92)
「(隠れていた)岩に弾があたって岩の破片がビシビシと私の体に当たりました。」

76年前に体験した生々しい戦争の記憶を話すのは、北九州市八幡西区に住む中村政夫さん(92)。中村さんは、15歳という若さで東南アジアのフィリピンで戦闘に参加しました。

その恐怖、その悲惨さを中村さんはこの日まで、人前で話したことはありませんでした。

久留米市出身の中村さんは、14歳の時に志願して当時の海軍の通信兵に合格。

1944年、太平洋戦争が終盤に差し掛かる中、中村さんはアメリカの植民地フィリピンを占拠するため出発を命じられました。

■中村政夫さん(92)
「日本人男性であれば、誰でも軍隊に入ってアメリカ軍と戦争をしたいというのが、日本内の思想でした。(北九州市の)門司港の岸壁で軍楽隊が50人くらいいた。」

しかし、中村さんの乗っていた輸送船は、フィリピン上陸前に敵船の魚雷が命中し、沈没。約7時間もの間、海上をさまよった中村さんは、日本の船に救助されてフィリピンに到着しましたが、息つく間もなく敵の襲撃にあいました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/43670c7baeffd80e31a062a9bc016f27954d771e

7: 歴ネタななしさん
戦後は食うものが何もなかったけど
うちの実家は農家だったからまだマシだったとかくらい

11: 歴ネタななしさん
爺さんが砲台から撃った弾がb29に名中したって言ってた 小学生ワシがマグレじゃろて言ったら母親に引っ叩かれたけど爺さんはありゃ完全にマグレって言ってた

323: 歴ネタななしさん
>>11
B29は高度1万メートルを飛行していたが、
どう着弾を観測出来たんだろうな?( ^∀^)ゲラゲラ

488: 歴ネタななしさん
>>323
高高度爆撃の精度が割と低かったし、日本上空はドイツとちがって対空砲の密度が薄かったので、米軍は途中から爆撃高度を下げてたんよ

12: 歴ネタななしさん
祖父が空母隼鷹に乗ってたと聞いた
それしか話してくれなかった

13: 歴ネタななしさん
母親がお姉さんと河川敷歩いてたら戦闘機が飛んできて機銃掃射されたって言ってた

154: 歴ネタななしさん
>>13
祖母が赤ちゃんだった叔父を背負って散歩してたらグラマンに遊びで機銃掃射されたって聞いたわ
ちなみに広島県

15: 歴ネタななしさん
乗ってた船が爆撃されたけど奇跡的に生きてて、海上でプカプカ浮きながら助け待ってたってじいちゃんの話よく聞いた

17: 歴ネタななしさん
じいさんによると
隊長が狂信的な人で玉音放送は敵の謀略だといって聞かず
隊の編成が解除されたのは9月になってからだったが
広島の太田川を鉄道で渡ったとき
膨れ上がった死体がいっぱい浮いていた
と言っていた

22: 歴ネタななしさん
軍国主義を煽りまくった教師が、戦後になったら校門で赤旗配ってたそうだ。

537: 歴ネタななしさん
>>22

結局、何かに盲目なだけで、主体性の無い人は信用しちゃいかんって事ですな。

539: 歴ネタななしさん
>>537
人にどうせいこうせい、何が正しい間違ってるだのといった価値観をおしつけてくる人間はクズ
いつの時代もな

26: 歴ネタななしさん
中国でロッカーみたいな大きさの通信機器?を必死に移動させながら逃げたとか
そんな話を子供の頃爺さんから聞いた。うろ覚え気味
地元民と麻雀楽しんだとかなんとか

32: 歴ネタななしさん
祖父から聞いた話

祖父たち家族が秩父へ疎開した
食卓に久しぶりにふかしたジャガイモが出てきて
祖父の姉(当時8歳)もパクついたがのどに詰まらせてしまった
当地の医者はすべて徴用されていなかった
祖父の姉は7日間涙と鼻水を流しながら衰弱して死んでしまった
今でも思い出すと涙が止まらないという

35: 歴ネタななしさん
爺が南支那派遣軍にいたが
小隊長は部隊が奇襲された責任で拳銃自殺させられた
遺族には名誉の戦死と伝えられた

36: 歴ネタななしさん
銀座に住む高齢ばあさんが昔語ってた話
空襲がひどくなると各家庭で塹壕を掘るように命令がきた
銀座はほとんど塹壕用地がないので中央通りの中央分離帯が割り当てになって
そこに塹壕を掘ったらしい

37: 歴ネタななしさん
戦争終わってからの方が食糧難だったとか言ってたな

64: 歴ネタななしさん
>>37
32の話も戦争直後の話
本当に食い物が無かったそうだ

8月15日だか16日、徹底抗戦していた陸軍児玉基地を米軍が空襲し
基地からも飛行機が上がったのが秩父から見えたらしい

78: 歴ネタななしさん
>>37
そういうのもあってか地方の農家の方が勝ち組だったようだ
都市部のコメなどを扱う商店などは物理的に売るものが無いので
地方の農家と結婚する場合もあったようだ

40: 歴ネタななしさん
台湾出身の爺さんが出稼ぎに東京へ来ていた時、東京大空襲に見舞われて橋桁の下へ避難して生還したとか

46: 歴ネタななしさん
芋の蔓食べてたらしい
食うに困らない平和な世の中に感謝

48: 歴ネタななしさん
浜辺で「零式艦上五十二型」というアルミのプレートを拾った。
じいちゃんに話したらその沖の岩礁には零戦が沈んでいて、燃料切れで墜落したらしく搭乗者の遺体は所持していた刀と一緒に浜の洞窟に埋められたらしい。

49: 歴ネタななしさん
芋ばっか食ってた
芋はもう食いたくない

50: 歴ネタななしさん
クソ重い装備背負って1日何十キロも行軍
ようやく戦場にたどり着いた時にはもう全員疲労困ぱい
銃撃つと敵はその音や煙を目安に撃ち返してくるからすぐ移動しなけりゃいけないんだけどみんな疲れて動けず次々あっさり死んでいく
自分が生き残れたのは泥まみれになりながらも撃ってはゴロゴロ撃ってはゴロゴロ転げ回るのを止めなかったからだと死んだじいちゃんが言ってた

52: 歴ネタななしさん
肉好きで魚嫌いのばーちゃん(故人)の腕の火傷の痕について聞いた話だが、空襲で防空壕に逃げる最中に付いたものだと。
でも話のメインは、その空襲で肉屋が焼けてしまって魚屋が残ったのを見て、魚屋が焼ければよかったのに!憎たらしい!思ったという感想だった。

56: 歴ネタななしさん
空爆があまりにも恐怖で精神壊して
一生を病院ですごした親族がいる

58: 歴ネタななしさん
ばあさんは大阪砲兵工廠(当時東洋一といってたらしい)に勤労奉仕させられて
手りゅう弾用の金属箔をはがしてた
女学校の授業は全然なかったので勉強したいと思ったと言っていた

59: 歴ネタななしさん
祖父は風呂屋を営んでたが薪割りなど力仕事もあるし、衛生法もあり赤紙は来なかったと…日本が国民に衛生について気をつけてたんだよ

60: 歴ネタななしさん
爺ちゃんからGHQに畑をとられた恨み節は何度も聞いた
今はオヤジがこの時期になると役にも立たない山も取り上げなかった事に文句を言っている

62: 歴ネタななしさん
爺ちゃんは結構武勇伝っぽく話してたが
死んだあと婆ちゃんが
「あれはほとんど嘘。大げさに言ってただけ」
と教えてくれた

68: 歴ネタななしさん
>>62
いい話だなぁw

66: 歴ネタななしさん
死んだ爺は常日頃犬山城を
名古屋城のおまけの砦と馬鹿にしてたが

南方から帰ってきたとき
名古屋城ですら焼け落ちたのに
偶然だか変わらず残ってた故郷の犬山城に
涙が止まらんかったそうな

ただし終生犬山城ディスり続けたが

70: 歴ネタななしさん
父方の祖父の方の親戚がパイロットだったらしいくらいかなあ

73: 歴ネタななしさん
死んだ爺さんは岡山県の山奥できょうだい10人の世話と畑仕事をしている間に戦争終わったと言っていた
小さい子供の世話が大変で戦争どころではなかったらしい
小学校にもかよえなかったから、大人になって独学で読み書き計算を勉強したそうだ

75: 歴ネタななしさん
あと祖父が言うには勝てるわけないだろってずっと思ってたらしい
特に本土まで空襲がはじまったころ

356: 歴ネタななしさん
>>75
公開された米軍の当時の機密文書にも
「日本兵も都会出身者は、我が国(アメリカ)の正確な国力を把握しており『勝てっこない』と判っている。
本気で『日本人の方が優れた民族だから自分達の努力次第で充分勝てる』と信じているのは、情報や教育を得る機会の無かった田舎者達」
って記述があったらしいな。

80: 歴ネタななしさん
母方のじいちゃんは年齢が高めで召集を受けずに財産もあったので遊び呆けてた。そして使い果たしたとのこと。
父方のじいちゃんは無線技士で転勤が多くて家族の負担を気にしていて、転勤のない商船に乗ってたら潜水艦に沈められたとのこと。

85: 歴ネタななしさん
実際に戦争に駆り出されて戦死者を出したり本土でも空襲などに巻き込まれて
被害に遭ったりしてる人とそうでない人の格差?がすごいよなそれなりにコネというか
力があった家の人はあんまり参加してなかったり

146: 歴ネタななしさん
>>85
力はなかったが北海道のド田舎だったので空爆の被害も食糧難もなかったらしい
なお祖父2人とも病気で一旦北海道に帰っていたタイミングで終戦した
ほんと落差が凄いよな

307: 歴ネタななしさん
>>85
地位のある人の召集先もばらつきあるよなぁ
名家のお坊ちゃんでも「こんな人でも前線にいってますよ」ってやるために南方に送ったり
かと思ったら軍歌作ってた人は召集しても内地に留まらせたり

やっぱ即戦力で国の役に立つかたたないかなのかなとか思ったり

87: 歴ネタななしさん
中国戦線南方戦線海軍と広島の近くに居て原爆直後後始末に入った人居たけど一番長生きしたの広島の人だわ

93: 歴ネタななしさん
祖父は満州から集団で引き揚げる際に途中の村で一晩匿って貰ったらしい
見つかったら狩られるという噂が蔓延していたので、村人が既に通報していて夜襲をかけられるかもしれないと疑心暗鬼になり、結局暗くなってから皆でこっそり村を出たそうだ
逃げている間、先導する者が乗る馬も何かを察したのか嘶きひとつしなかったとか(さすがに嘘くさいw)
日本に帰った後に村人達を信じられず礼も言わずに逃げた事を恥じていたらしいが、それも生きのびたから言えることではある

108: 歴ネタななしさん
祖父の話で、初出兵を満州事変で計4度関東軍に出征して最終的には少尉で帰ってきたわ
国共ゲリラ共を処刑してる思い出のドキドキ写真見せてもらったことある

111: 歴ネタななしさん
総力戦で若い人はみんな徴兵されて本土にいる人は都市空襲で丸焼けで
とにかくみんながひどい目にあったイメージあるけど結構偏ってるんだよね

何回も徴兵されてる人もあらば理系の学校に入って勤労学生やってたりとか
徴兵の割り当てというか順番もあったようだ

115: 歴ネタななしさん
じいちゃんは学徒出兵の訓練でグライダー操縦したって言ってた

そのじいちゃんの兄はインパール作戦から生還した

てかじいちゃんは5人兄弟で全員徴兵されたけど、みんな生きて帰って来た

758: 歴ネタななしさん
>>115
グライダーの操縦訓練という事は桜花の搭乗員になる予定だったんだね。

796: 歴ネタななしさん
>>758
そんな有名どころじゃなくて
超末期に作ってたベニヤ板製の対戦車特攻グライダーの可能性も無きにしも非ず

120: 歴ネタななしさん
あとは戦時中に師範学校の学生まで動員してたから戦後に教員が足りなくて
代用教員として元軍人が駆り出されたらしいがこの手の元軍人がスパルタというか
すごい厳しい人が多かったってね

135: 歴ネタななしさん
>>120
元帝国軍人の叔父の子育ても凄まじかったらしい
小学校に上がる前から悪いことすると「歯を食いしばれ!」と言われて体ごとすっ飛ぶほど殴られたらしい
その頃同居してた母と叔母が泣きながら止めてたと聞いた

167: 歴ネタななしさん
>>135
祖父も帝国軍人だったが当時いたずらした幼い父親を窓から放り投げたらしい
祖父は自分が生まれる前に既に亡くなっていたんだが遺影を見ると納得するくらいの怖さがある

187: 歴ネタななしさん
>>167
ただ不思議なことに僕の叔父は致命傷になるような傷は一度も負わせていない
幼い頃さんざん殴られた二人の息子たちも一流大学を卒業して幸せな人生を送った
旧帝国軍人は人を覚醒させ、やる気や才能を導き出す特別な殴り方を知ってるのかな?
と不思議に思った

130: 歴ネタななしさん
仕事先の爺さんが南洋で敵の攻撃にあって死にそうだったとか言ってたな
前橋の方だったので高崎連隊に居たんだと思う

132: 歴ネタななしさん
昔、法事で集まった際に親戚の爺さんが
シベリアで捕虜になって目茶苦茶大変だったけど、ナターシャだかカチューシャだかにすごく世話になったとニヤニヤしながら話していた
婆さん達が一様に顔をしかめてたから子供ながらに察した

148: 歴ネタななしさん
死んだじいさんは九十九里で塹壕掘ってるときに終戦なったらしい

150: 歴ネタななしさん
フィリピンに行くはずだったけど
予定の船が次々に沈められて
結局宮崎の海岸で塹壕掘りになった
と言っていた

158: 歴ネタななしさん
じいさんが手続きして訓練して台湾に行ったらすぐ終戦としか聞いてない
それでも沖縄近海よく無事に抜けたなと今なら思う

159: 歴ネタななしさん
祖父は旧満州遼寧で通信兵をしていたが結核に罹患して終戦前年に無事帰国出来たが
自分達が乗船した前の便が魚雷で撃沈された話を祖母から良く聞かされた

162: 歴ネタななしさん
母方の祖父が職業軍人だったが前線出ることは皆無
戦後に戦犯になって仕事就けないんで田舎帰って農業やってた

176: 歴ネタななしさん
陸軍の小隊長だった爺ちゃんが亡くなって火葬したら金属片やら銃弾みたいのが何個も出て来たときは親戚一同大号泣だった

178: 歴ネタななしさん
明治生まれで長崎在住だったじいちゃんもばあちゃんも戦争のこと全く話さなかったし
どういう流れで戦争体験の話になるんだよ

270: 歴ネタななしさん
>>178
かなり格差が激しいんだと思う普通に学校似通ってるとかそういう人もいる
一方で激戦区で戦ってたりとか

191: 歴ネタななしさん
うちのじいちゃんは戦艦伊勢の乗組員だった
呉に帰還したとき下船命令でた後で撃沈されて助かった
天皇陛下の感状みたいなのもあったわ

213: 歴ネタななしさん
小学生の頃、宮崎のじーちゃんちでタミヤの戦艦武蔵のプラモデル作ってたら
俺はここで働いとったとや、とブリッジを指さしながら教えてくれた

216: 歴ネタななしさん
爺ちゃんの甲種合格自慢くらいだな
戦地には行ってないから戦闘の話は無し
爺ちゃんの兄貴はフィリピン行ったけど戦死で話聞けないし

248: 歴ネタななしさん
死んだばあちゃんが子供の頃米軍機から機銃掃射されながら背後から追いかけられたらしい


多分話盛ってる

251: 歴ネタななしさん
>>248
でも実際低空飛行して機銃で撃つのは終戦近くの話ではよく聞くしドラマやアニメでもあるよね

279: 歴ネタななしさん
>>251
実際に米側の記録によると
後期では、民間人や子供でも区別なく攻撃する
『皆殺し』の任務が与えられていたと在るから

256: 歴ネタななしさん
日本海軍の元パイロットに飛行機の操縦を教わったことある

一式陸攻に乗ってて、駆逐艦を沈めたことがあるらしい

敵艦の甲板より低い位置を飛べば、敵の高射砲から狙われにくくなるから、海面スレスレで飛べたパイロットだけが生き残ったって言ってた

魚雷を放った後も上に逃げると撃たれるから、海面にぶつかるかぶつからないかギリギリのところでコントロールして、横に逃げる必要があったらしい

272: 歴ネタななしさん
>>256
今90代の元中型操縦機乗っていた人が、YouTubeで元気に経験談話してるけど、本当に低空飛行や撃ったら逃げる技ないと助からない言っていた。中型で戦闘行って生き残ったのその人達だけだったとか言っていた。
背が高いから辛いから零戦には乗るのやめたとか言っていた。中型は3人くらい乗るから、最後北方領土方面言われて今度こそ死ぬな思いわざとバレないように海軍に寄って温泉入ったりして、最後の時間ゆっくり使ってたら終戦したらしい。

321: 歴ネタななしさん
アメリカ軍は当初は日本人を絶滅させる戦略だった件。
沖縄戦で方針転換したとのこと。
これは故大田知事の談話。

329: 歴ネタななしさん
>>321
4月 原爆投下を研究する地域を次のとおり選定

東京湾、川崎、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、呉、八幡、小倉、
下関、山口、熊本、福岡、長崎、佐世保

つまりこれらがアメリカからみた日本の重要拠点

409: 歴ネタななしさん
>>329
本気で全滅させるつもりなんだよなあ。
共産主義の台頭がなければ本土もやられてた。

340: 歴ネタななしさん
大伯父は中野学校出てMPになって旧帝大の授業を監視にいっていた
後年自分がまさに監視にいってた大学・学部に入ったら
○○教授の授業はおもしろかったとか、○○教授の授業は自己満足だったとかそういう話をしてくれた
くっそド田舎の農民の家系なんだけれど、そういう出身の人間でも旧帝大の専門の授業の善し悪しがわかる程度の教育を中野学校で受けたんだなと思った記憶がある

354: 歴ネタななしさん
曾祖父は木製のダミー飛行機を作っていたらしい
敵に爆弾を使わせるために飛行場に並べておいたらしい

370: 歴ネタななしさん
婆ちゃんの実家の石川県に疎開してた母ちゃんから聞いた話だがめったに飛行機なんか来ないからたまに飛んでくるヤツに全力で手を振ってたら「アメリカの爆撃機に手を振るな」って怒られたって言ってたな
婆ちゃんの実家はなかなかの豪農だったらしく食う物は全然困らなかったし空襲警報も聞いた覚えは無いと言ってた
唯一の空襲体験は金沢方面の空が真っ赤になってた事位でそれ以外は毎日遊んでただけらしい。
対して親父は横須賀に住んでいて横浜の軍需工場で働いていたから爆撃されまくって大変だったと言っていた
場所によって違いがかなりあるんだろうな

453: 歴ネタななしさん
>>370
金沢空襲されてない
多分、真っ赤に焼けたのは富山
能登出身の人が、能登半島から富山湾越しに富山が赤く燃えてるの見えたと言ってた

401: 歴ネタななしさん
大阪空襲のとか絵描きの爺ちゃんは絵の道具持って逃げ回ってたらしい
戦後、食う物がない時代に絵なんか売れないので苦労したみたい
ただ温泉地に招かれて宿泊しながら襖絵とか書いてたらしい

423: 歴ネタななしさん
戦争時期は先祖は田舎で農業してたから空襲とかは
別の世界のことだったみたいだわ、当然贅沢はできないけど
空腹抱えるほどには食糧難ではなかったみたいだし

433: 歴ネタななしさん
小学生のときの宿題で、母方のBBAに聞きに行ったら、ふぐすまの名家で国会議員の娘だったから、
著名人が疎開に来てたとか、某童謡の作曲家がセクハラジジイで尻触られたみたいな
平和で下らないエピソードしか出てこなくて草

472: 歴ネタななしさん
俺のオフクロは昭和12年、長野県飯田市(山田風太郎が疎開してたところ)の生まれだが、
「海軍さんの白い制服は男前だと思ったけど、陸軍さんの黄土色の服は野暮ったかった」
って言ってた。埼玉の川越生まれのオヤジは昭和16年の生まれなので戦争の記憶がない

483: 歴ネタななしさん
>>472
うちの両親も16、18年生まれだから戦後は覚えてるけど、空襲で防空壕に逃げ込んだ記憶などがあるのは幼い頃の断片的な恐怖の記憶みたいなのかな

479: 歴ネタななしさん
爺さんは軍医だったので、駐屯地の近所の民間医療もやっていた、依頼されると往診する
ある日、往診した家が裕福な中国人で、爺さんに御馳走を用意してくれたが、軍の規則で食糧や賄賂を受け取ってはならないというものがあったので、コーヒーだけ飲んで帰った
サッカリンが入ってて甘くてめっちゃ美味かったとの事
爺さんが往診した帰り道、子供達が「イーサ、イーサ(医者、医者)」と言って付いてきた

486: 歴ネタななしさん
うちの爺さんは時計屋やってたから徴収されずに工場で爆弾にタイマー付ける技師だった
田舎住みで電車で名古屋まで働きに出てたんだが、ある日ダルいなぁって理由で仕事サボって遊んでたらその日に名古屋は空襲で焼け野原
爺さんが仕事サボったおかげで俺は生まれたらしい

505: 歴ネタななしさん
>>486
大曽根の名古屋砲兵工場とかかな

514: 歴ネタななしさん
>>505
やっぱそんなんあったのか
めっちゃ適当なふざけた爺さんだったから嘘かもしれんと思ってたがw

525: 歴ネタななしさん
>>514
いま名古屋の大曽根ってところにあるナゴヤドームの、道路挟んで隣の敷地は三菱のデカい工場なんだけど、
そこは戦中には三菱航空機と、砲弾や銃弾をつくる工場がいっしょになった大工場だったんよ

533: 歴ネタななしさん
>>525
ナゴドは三菱重工大幸工場跡地ですもん。

552: 歴ネタななしさん
>>533
そそ。そんで大曽根でエンジン造って、牛車やトラックに載せて、いまの19号を下って熱田の愛知航空機や、大江の三菱まで運んどったんですな

515: 歴ネタななしさん
爺さんは軍医だったので、連隊長(大佐)が風邪を引いた時にその治療をした
回復後、連隊長は治療のお礼に、爺さんに御馳走してくれた
会食中、秘書官がしょっちゅう、連隊長に取次に来たが、その都度、「待たせておけ」と
食事後に爺さん(少尉)が部屋を出ると、廊下に中佐、少佐、少佐、大尉と、自分より上官が何人も待たされていて、彼らに睨まれてめっちゃ焦ったとの事

559: 歴ネタななしさん
今実家で祖父の残した写真があったわ 写真が小さい







578: 歴ネタななしさん
>>559
うおおこれは貴重だな…
満州での写真なのかな?

586: 歴ネタななしさん
>>578
南京とか上海とか書いてある

こちらは祖父の兄弟が戦場から送った絵手紙 慰問袋や西瓜や現地の人との交流が描かれてる




781: 歴ネタななしさん
若い頃のおばあちゃんが畑仕事してたら南方で戦死したって聞いてた義弟が帰ってきて腰抜かしたって言ってた。

その後遠縁のお金持ちの家が絶えるんで、結婚して夫婦で養子に入って名前だけ継いで、仲良くやってらした。
生前、戦地に行かず海軍の学校員でいたおじいちゃんはよく戦争の話をしたけれど、現地に行ったおじいちゃんの弟さんは戦争の話は絶対になさらなかった。

そういう事なんだな、と戦争の話を出来る人としない人とは。

797: 歴ネタななしさん
じーちゃんの戦友は腹に弾があたったらしい
その時に内蔵が出て中からモヤシのようなものが出たそうだ
たぶん回虫かなんかかなと想像
じいちゃんがモヤシキライな理由だってさ

801: 歴ネタななしさん
じーさんは無線兵か何かで鹿児島までいって出兵を待っていたがそのまんま終戦になったとか
母方のじーさんは海軍を志願するも身長が足りなくて入隊できなかったとか
それがだいぶなコンプレックスだったらしい
大叔父は横浜からマリアナ諸島に向かう途中沈没して海の藻屑となった

804: 歴ネタななしさん
爺さんがマレー作戦に弾薬補給担当で参加してた
至近で迫撃砲食らって死にかけたので負傷帰還
療養に1年半くらい掛かったが奇跡的に五体満足で日常生活は問題無いくらいに回復
以降は国内で兵站任務、主に食料品の調達をやって終戦を迎えた

最初の作戦で南方戦線に残ったままなら死んでたなって笑ってた

809: 歴ネタななしさん
家に実際に戦地に行った祖父の兄弟の日記があるわ。
その当時の苦悩とともに色々書かれてあるけど内容が凄惨過ぎてとてもここに書ける内容じゃない。

ネタ元: ・8月だし、おまえらが身内や知人から聞いた戦争体験でも書いてけ [844481327]