1: 歴ネタななしさん
2017y05m16d_085220303
江戸時代の殿様と庶民、年収はどれくらいだった?
https://news.yahoo.co.jp/articles/2923daa493735a6285b206775671c58fc753a7d9

25: 歴ネタななしさん
>>1

薩摩藩は借金の返済期間を250年に延長!

※抗議する奴は薩摩藩と戦の準備が必要。

39: 歴ネタななしさん
>>25
いまだに薩摩藩は借金を返し続けているのだろうか。
そもそも、薩摩藩ってなに?
鹿児島県?

52: 歴ネタななしさん
>>39

明治維新でチャラです。

鹿児島県。

64: 歴ネタななしさん
>>25
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E6%9A%A6%E6%B2%BB%E6%B0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6
薩摩藩が借金まみれになったのは幕府の労役押し付けのせい

67: 歴ネタななしさん
>>64
濃尾平野の治水では薩摩義士には大変な労苦をさせちゃったんだよね
何十人もの人が切腹までするって、よっぽどだよ・・・

68: 歴ネタななしさん
>>67
切腹はどうやら嘘らしいよ
それと全く治水に効果無かった
明治期にヨハネス・デレーケの分流工事により
ようやくまともな治水になった

99: 歴ネタななしさん
>>1
最近は「単なるテロリストじゃねーか」と評判ガタ落ちの赤穂浪士とそのリーダー大石内蔵助だが、
赤穂藩御家断絶の時に地元商人からの借金完済してたり、討ち入りの際に真冬の深夜にも関わらず火事をださなかったりと、この2つの点はかなり評価出来ると思う。

101: 歴ネタななしさん
>>99
近頃は、ただ目立つ言葉で歴史上の人物をディスる本が出回りすぎだよな

4: 歴ネタななしさん
商人への税金って江戸時代どうなってたんだ?

51: 歴ネタななしさん
>>4
道に面した敷地の広さで税金を取られたりしたらしいぞ
京都の鰻の寝床はその名残

69: 歴ネタななしさん
>>4
冥加金や御用金を納めてた

14: 歴ネタななしさん
金持ち商人は名字帯刀が許されてて、言うほど庶民という感じでもない

18: 歴ネタななしさん
>>14
大昔は護身用に太刀なんか引っさげて闊歩してたのに、良い時代になったよなぁ
夜中急に出かけても野盗や追いはぎの心配まったくないし

73: 歴ネタななしさん
>>18
着物一着でも現代換算で200-300万円くらいの価値があったらしいからね
数百万の現金むき出しで外歩くようなもんだからそりゃあぶねーわ

75: 歴ネタななしさん
>>73
昔は布ですら貴重でふんどしのレンタルもあったんだってな
戻ってきたふんどしは洗うんだろうけど他人のはいた
ふんどしってキモいな

19: 歴ネタななしさん
参勤交代で金を使わせたからね

21: 歴ネタななしさん
踏み倒せばいいだけのこと

27: 歴ネタななしさん
>>21
一回やると次誰も金貸してくれなくなる

48: 歴ネタななしさん
>>21
明治維新の大政奉還は
壮大な踏み倒し事業でもあったんだよね。

江戸幕府も藩もなくなったから
借金知りません状態。

57: 歴ネタななしさん
>>48

明治政府が藩の借金を全部肩代わり。

幕末の軍備増強でどこの藩も借金まみれだったんでみんな飛びついた。

借金まみれのギリシャを助けなかったEUと大違いやで。

これやらないで廃藩置県やってたらマジで内戦になってたと思うわ。

24: 歴ネタななしさん
幕末に来た外人が世界的な支配層の標準からみて
日本の武家はかなり質素、公家は貧乏
みたいなのは言ってた
イザベラバードは平民階級で生まれ変わるなら日本の農民とも言ってる

時代劇的な支配層の描写はその後の共産党のヨーロッパ輸入の観念

56: 歴ネタななしさん
>>24
これ、ちゃんと学校で教えるべきだよな

28: 歴ネタななしさん
財政的に追い詰めて徳川に刃向かわないようにしてたからね
参勤交代なんて無駄の極致

65: 歴ネタななしさん
>>28
でも参勤交代のおかげで
街道沿いの宿場町が栄えて
庶民でも旅出来るようになったと
思えば無駄じゃなかったと思う

29: 歴ネタななしさん
武士は殿様に限らず身分的に必要とされる交際費や儀礼的なことによる出費が多くて常に家計が来るしかったんだよな。

33: 歴ネタななしさん
逆に言えば権力者でも踏み倒さずにちゃんと返してて経済では平等な社会だったということ。

34: 歴ネタななしさん
最終的に経済的に行き詰まるってのは
封建制度の原理的欠陥だわね

86: 歴ネタななしさん
>>34
「王様は必要だけど、王様が居ると経済が発展しない」って言うジレンマを、今も打開出来てないのよな
結局は王様に全権委譲して、おかしくなっていく
譲位もそんな王様必要論だろうし

46: 歴ネタななしさん
それでもう藩潰してしまおうかってなったのが米沢藩
上杉鷹山が立て直したけど

55: 歴ネタななしさん
借金チャラ、江戸の屋敷はお前らのもの
だから版籍奉還みんな従ったのよな
実質国土奪われる話やのに

58: 歴ネタななしさん
>>55
そもそもほとんどの藩で領地運営にとっくに旨味がなかったんだよ
幕府があったからしょうがなしやってた藩がほとんど
明治になってお殿様たちは楽になった

62: 歴ネタななしさん
>>58
一所懸命の精神で江戸時代初期の大名はそれは自分の土地に愛着もあっただろうが
何世代もわたった後、参勤交代で田舎、都会、田舎、都会
と生活環境変えられれば都会の方がいいに決まってるとも聞いたわ
山内容堂が藩に帰ってきて酒ばっかり飲んでたってのもつまらなかったんじゃねえかってな

59: 歴ネタななしさん
>>55
豊臣秀吉が敷いた封建制の画期的な特徴は、「農民は自作農」であると言うこと。
大名に有るのは「徴税権」だけで、土地の所有者は耕作している「農民本人が土地所有者」

61: 歴ネタななしさん
>>59
秀吉は農民出身だから自分の土地じゃないと農民が必死に働かないってわかってたんだろうねぇ

66: 歴ネタななしさん
殿様と呼ばれるのは1000石以上の旗本だよな
10000石以上の大名はそんな風に呼ばれない
実際、1000石以上で幕府に雇われた福沢諭吉は
家来から殿と呼ばれていた

98: 歴ネタななしさん
素朴な疑問なのだが
殿様が商売やっちゃいけなかったのか?

102: 歴ネタななしさん
>>98
領地経営が殿様の商売だよ
うまいこと表高より稼げる方策を考えるのが仕事

104: 歴ネタななしさん
>>98
何を売るか、だよね。
江戸時代は何処の藩も地元特産品を専売したりして財政の足しにしていたハズだけど、あんまり変なモノ売ると他の藩から馬鹿にされたり幕府から怒られたりする。
あと日本じゃないけど、三国志に出てくる後漢の皇帝『霊帝』(黄巾の乱の時の皇帝で、メインストーリー時の皇帝・献帝の父)は財政難を理由に官位つまり身分をお金で売ったので、後世の評判が大変悪い。

ネタ元: ・江戸時代の殿様って庶民の金貸しから借金しまくりで首が回らなかったらしいな [194767121]