無題
300: 歴ネタななしさん
つらい話やな、今回も…

305: 歴ネタななしさん
善児の仕事

静の産んだ子、藤原頼衡

307: 歴ネタななしさん
北条義時がまさにダークサイドに落ちるのは今回か…

309: 歴ネタななしさん
里を殺したエピソードをこう繋げてきたのか
あの女の子もいつのまにか殺されてるな

316: 歴ネタななしさん
九郎・・苦労をかけたなあ・・

320: 歴ネタななしさん
帰ってきた義経のタイトルから想像されていた通りの義経退場回だった

322: 歴ネタななしさん
面白かったし泣いたけど最期に見たい所を書かないのが三谷っぽいなあ

323: 歴ネタななしさん
秀衡の亡霊の動き
舞踏家田中泯の真骨頂だったな

327: 歴ネタななしさん
>>323
あれは吉田珉にしか出来ない秀衡だったな
美しかった

324: 歴ネタななしさん
超駆け足の省エネ合戦省略だったけど義時が黒くなってて面白かった

328: 歴ネタななしさん
三谷は里に恨みでもあるの?

349: 歴ネタななしさん
>>328
史実では、ただ義経の逃避行に同行したばかりに平泉で死ぬ羽目になってしまった気の毒な正室だけど
それじゃドラマとして面白くないと三谷は考えたんじゃないの

364: 歴ネタななしさん
>>349
にしてもこのキャラは酷い
それこそ三谷の枕元に郷御前出てきてもおかしくないレベルだわ

372: 歴ネタななしさん
>>364
俺は良かったと思った。
単なる夫の連れではなく、最期まで自分の意地を見せてて。

330: 歴ネタななしさん
義経が鎌倉攻めを楽しそうに話してる背後からゼンジが斬りかかるかと思ったわ
外れてて良かった

332: 歴ネタななしさん
妻子の死にひとひねり入れてくるところが憎いね…

334: 歴ネタななしさん
しかしいろいろ省略しすぎだわ
鎌倉武士団の内部抗争を早く描きたいと急ぎ過ぎ

337: 歴ネタななしさん
里のおかげで、静が美人に見える名配役

341: 歴ネタななしさん
奥州藤原あっけなかったがこれはこれでいいかもしれんな
頼朝はサイコなのに泣ける演出なのがズルい

344: 歴ネタななしさん
今回義時の関わり方が無理矢理感強かったな

351: 歴ネタななしさん
>>344

義時ではなくて、
梶原景時を平泉に行かせたかったな。
善児同行も納得だし、
鎌倉攻めの話も直接聞かせたかった。

375: 歴ネタななしさん
>>344
義時のシエ化と言う。
これから頻繁にあるよ。

346: 歴ネタななしさん
義経と景時の関係がちゃんと回収されていたのが一番良かった

景時は実は讒言しているけど、義経はなんであれ自分の軍略を一番理解してくれるだけで嬉しいんだろう
(元ネタとおぼしいアマデウスのモーツァルトとサリエリの顛末も似た感じ)
言い争いは実は頼朝の反対に対応するための芝居でしたっていうのは無理があったけど
あとは、義経を理解する景時と
景時に無神経なこと言ったりするけど、理解してくれる景時を気に入っている義経(途中から言い過ぎについては謝ってたしw)
っていうのは今回のドラマで面白かった点

356: 歴ネタななしさん
>>346
>義経と景時の関係がちゃんと回収されていたのが一番良かった

わかる
戦略家義経の最後の見せ場にもなってたのもよかった

400: 歴ネタななしさん
>>356
>戦略家義経の最後の見せ場にもなってたのもよかった
同意
今回いろいろと粗もあったけど
この点があったのでチャラにできるくらい良かった

405: 歴ネタななしさん
>>400
そして義経の軍才を理解できるのは梶原だけ
だと義経が認識してるのがよかった

347: 歴ネタななしさん
義時がダークサイドに堕ちたね
紀行の句がとても味わい深く紹介されたね、今回の騒動をうまく洗い流してくれたというか

353: 歴ネタななしさん
周りの人間を動かして自らの手を汚さない小四郎の悪辣さにようやく正面からツッコミ入れてくれたな義経

561: 歴ネタななしさん
>>353
助け船がことごとく突っぱねられるのも、この辺のやり方の問題なのかもね

354: 歴ネタななしさん
頼朝はエグいが自分がやらなきゃならないことが悪事だという自覚はあるのがいい

365: 歴ネタななしさん
今回の秀衡や従来の秀衡よりはドライそうだから危惧されていたが
ちゃんと義経の頑張りをねぎらってくれていて良かったw
でも折角秀衡の幻影が現れ義経が平泉のためを思ってひいても
平泉は滅ぼされるんだけどね
それでも戦わなかったから残ったものがあるってことだろうか

367: 歴ネタななしさん
まさか田中泯の暗黒舞踏が大河で見られるとは…
良かった

379: 歴ネタななしさん
>>367
土いじりしながらで大げさな振り付けもないところが田中泯の本業っぽかった
静の舞も良かった、スキルを感じた

369: 歴ネタななしさん
大姫が一見まともなようでちょっとしたことからトラウマぶりかえすのがメンタルやってる人の描写として妙に生々しかった

382: 歴ネタななしさん
義経嫁は
さいごにブスの意地みたいなの見せたね

391: 歴ネタななしさん
>>382
このシナリオにして、絶妙のブス加減の配役だと納得がいったわ

394: 歴ネタななしさん
頼朝も義経を殺したくなかったが最終的に殺さざるを得なかったってのは分かるんだけど
何回もそれ繰り返してたら視聴者からの信頼失うわ

396: 歴ネタななしさん
鎌倉落とすなら三浦(しかも息子)が鍵なの梶原も理解してたんだろうなあ
確かにアイツならコロッと裏切る

419: 歴ネタななしさん
>>396
三浦の息子は、静の舞が見たいから適当に太鼓叩けばいいや、って奴だからな。
それが可能と分かれば柔軟に乗ってきただろうね、鎌倉討伐。

402: 歴ネタななしさん
出てくる人物が割とすぐ退場していくのは
横山三国志感があって割と好き

403: 歴ネタななしさん
一応首桶届いて号泣したという記録はあるんだ

407: 歴ネタななしさん
>>403
石坂浩二もやってた

415: 歴ネタななしさん
郷御前の描き方が酷すぎ
武蔵坊弁慶の山咲千里みたいなちょっと頭が足りないけどかわいい郷御前が見たかった

416: 歴ネタななしさん
>>415
三谷にまともにかわいい女を描くのを期待するのはやめたほうがいい

421: 歴ネタななしさん
>>415
静の解釈といい里の性格といい
三谷先生は義経とその周辺を通りいっぺんの美談にはしたくなかったんだろうなあ
ちょっとヒネリすぎな感もあるが
とにかく頼朝の最後の嘆きに光をあてて書きたかったように思える

417: 歴ネタななしさん
今日は虱工藤がようやく役に立った日だったな

431: 歴ネタななしさん
>>417
いつの間に鎌倉戻ってきたんだw
とツッコんでしまった。

529: 歴ネタななしさん
>>417

初回の回想シーンでは
鼓でなくて、鐘を叩いてたよねw

423: 歴ネタななしさん
本当は殺したくなかった
何回やるんだ

425: 歴ネタななしさん
>>423
そうね、頼朝はあと何回か
その後は小四郎担当になって
そこからまた沢山

430: 歴ネタななしさん
この先義時が善児を使っていくようになるきっかけ回でもあったな
黒義時と善児の組み合わせは最悪過ぎて良い

437: 歴ネタななしさん
>>430
夫である小四郎が善児を使うようになったことを
八重はまだ知らないんだよなあ・・・
今後、二人が口きいてるとこ見たら平静じゃいられないだろう
なにせ千鶴丸殺害の実行犯だって知ってるんだから

432: 歴ネタななしさん
首桶抱いて泣きましたっていうのも
頼朝だしパフォーマンスっぽいよなって思ってしまう

435: 歴ネタななしさん
ここまできたら頼朝の最後も落馬じゃなくて義時にやられたとかにして欲しい

453: 歴ネタななしさん
>>435
本当は殺したくなかったけどなんて言い訳が通ると思うなってぐらいの最期迎えてほしい
ここまで劇的な死に方が続くと期待してしまう

436: 歴ネタななしさん
本来、泣きの鬱回なのだろうけど、義経がポジティブなおかげで随分爽やかに「お疲れ様」な最期だった。
自分が直接関わってない三浦息子の人となりを見抜いて策を練るのは、そりゃ義時から見たら感服だろうよ。
最期まで戦を楽しんだ義経と、最後まで弟が可愛かった頼朝。滝沢義経より良かったんじゃないかな今回の兄弟の結末

449: 歴ネタななしさん
>>436
義仲や上総介みたいに死ぬ時は容赦なくエグい死に方させる三谷にしては最後に戦を楽しみながら去るという優しい死なせ方だったな

457: 歴ネタななしさん
>>436
頼朝については突っ込み所は多々あれどw概ね同意

439: 歴ネタななしさん
もうここまで来たら善児はどこで切り捨てられるのかが楽しみになってきた
個人的には梶原殿にとどめ刺すのも善児なんだろうと予想してる

441: 歴ネタななしさん
頼朝をよく見せようとするとどうしてもそうなるが
義経に対してはいくらでも鎌倉に入れて対処できたと思うから
白々しさは否めないw

445: 歴ネタななしさん
三谷が各登場人物を多面的に描くのは長所とは思うが
今回の頼朝は難しいね
元々のタチと御家人の御し難さで非情な面があるけど彼なりの善意がある
この基本路線自体はいいと思うし好き
今回は頼朝がちゃんと背景もあって上で弟をかわいがっている面があるっていうのも三谷の描きたかった頼朝像だろうし(王様のレストランから察するに)
それもこのドラマの魅力になっている
ただ途中から綻びが大きくなりまた非情な頼朝と弟をかわいがる面との折り合いをうまくつけられなくなっているような
非情に描こうとしたり、義経との決裂では頼朝は悪くないということにしようとして襲撃は里のせいによる義経の誤解にしたり

452: 歴ネタななしさん
>>445
身内でも昔馴染でも
つまらないイザコザで拗れて
簡単に修復不可能な域になる
ていう人生感が見える

461: 歴ネタななしさん
どう見てれば本当は殺したくなかったって考えになるのか

465: 歴ネタななしさん
>>461
頭に血が昇ってやってから後悔するタイプなんじゃないかな

494: 歴ネタななしさん
>>465
以前時政を罵倒した後に言いすぎたかな?と後悔してたからな
義経にだって鎌倉には入れん!と追い返したと思ったら今度は帰ってこん!ってキレ出すし
面倒臭い男だよ頼朝ってやつは

473: 歴ネタななしさん
頼朝の中では
義経を殺さなければならない
よりもむしろ
平泉を滅ぼさなければならない
の方が重要だったって処理なのかと思った
頼朝の号泣

500: 歴ネタななしさん
>>473
平泉を滅ぼす為に弟の命を利用したって事だから余計酷いよな

509: 歴ネタななしさん
北条のドラマを楽しみにしていたから義経登場とかどうでもよかったんだけど
いざ登場してみたらいろんな回で義経が出てくるとドラマに勢いがでてきて
そして景時や範頼やついでに宗盛殿との人間関係も面白くて
義経登場からのドラマが思いのほかとても良かった
でもオリジナルストーリーなだけに義円の件はいらんかったような

514: 歴ネタななしさん
善児はむしろドラマ上便利に使われているから人殺しまくっても善児にヘイトは向かないね
問題になるとしたらなんでも善児に処理させ過ぎるのが今後目に余る可能性かな

525: 歴ネタななしさん
>>514
個人的には善児の性格がアレなのに誰1人善児に触れない不自然な状況がいつまで続くんだと少し不満はあるわ
今回もなんで奥州に同行するのが善児なのか意味不明だった

542: 歴ネタななしさん
義経が死ぬ場面をきっちり描かなかったのは生き残りの余地を1%でも残しておきたかったのかな
あんまり生き延びた可能性が臭い過ぎると
義経の死に慟哭する頼朝の場面の重みがなくなる恐れがある
多分今回三谷が描きたかったのって、腹違いの弟にあまり情のない頼朝でなく
弟に対する情のある頼朝だっただろう
かといってそれで頼朝をいい人にするのも萎えなのもわかっているだろうから非情にも見える面も描こうとはしているだろうし
大変だw

599: 歴ネタななしさん
弁慶と義経の最期の立ち回りにあまり悲壮感なく
惜しい人を討ち取ってしまった兄サイドが愚かって描き方はいいんじゃないか
梶原景時に嫉妬と憧れがどちらも混ざってるのもええわ

871: 歴ネタななしさん
>>599
同感

612: 歴ネタななしさん
自分を殺したことを口実に平泉を攻めるまでは義経も読めなかったか

643: 歴ネタななしさん
>>612
そこも疑問、あれだけ義時のやったことをよんでいたのに、自分が死ねば平泉は守られる
と思うところがあまちゃんというか、理解できない

654: 歴ネタななしさん
>>612
最後まで人を信じすぎる甘ちゃんが抜けなかったな

615: 歴ネタななしさん
頼朝が九郎義経の首と対面して号泣する
シーンは太平記で足利尊氏が弟の直義を
毒殺して号泣するシーンのパクリっぽかった

868: 歴ネタななしさん
>>615
大河マニアでオマージュ好きだから、歴代大河でも屈指の名シーンを少しパクリたくなったんだろうな

647: 歴ネタななしさん
菅田義経は登場時から源平合戦の快進撃までは天才的な外道だったのに、最後の1話で物分りが良い大人になったな。

648: 歴ネタななしさん
頼朝の泣きは余計だった
一の谷、壇ノ浦の話をしてくれまででよかったのに

653: 歴ネタななしさん
義時ダーク化の片鱗見せつつまだいい人なところも顔覗かせてたな
泰衡に迫るとこは迫力あったし義経と最後話すとこは心から尊敬してる風だった

673: 歴ネタななしさん
妻は設定上はかわいそうだけど鎌倉殿の里はどうにも歪んでるからあんまり可哀想に思えなかった
その辺りの三浦透子の演じ方が良かった
いい女優やね

676: 歴ネタななしさん
この組織、内輪もめや嫉妬心でどんどん減ってくかんじだよね

682: 歴ネタななしさん
>>676
ヤクザの内輪揉めだから

819: 歴ネタななしさん
>>682
武士は所詮は暴力集団だもんな
江戸時代が例外

680: 歴ネタななしさん
このドラマの景時と義経の関係はなんか好きだ

699: 歴ネタななしさん
>>680
わかる
景時もただの告げ口野郎ではなく九郎を誉めて認めて
いいキャラしてるよなぁ

684: 歴ネタななしさん
里は最期にちょっとだけ見せ場あってよかったわ

691: 歴ネタななしさん
>>684
みんな見せ場作ったよな
弁慶は…

708: 歴ネタななしさん
>>691
立ち往生のシーン映っても悲壮感つよいからなぁ
最後まで義経との信頼関係はしっかりあるんだなで退場はよいんじゃないか

755: 歴ネタななしさん
里の人は演技は本当にいいね
あとミタツだな!映るたびに空気が変わる
死後のミタツと九郎の邂逅シーンなんかもう映画みたいだった
所作がガチでダンサーなんだよなあ

それに比べて静の人…やっぱりミスキャストじゃん
踊りのシーンも微妙だからカットされてそう
藤間紫の孫の女優にしとけばよかったのに

779: 歴ネタななしさん
>>755
あの舞のシーンで無理と言うのは要求高いわ

顔があんまり可愛くないこと以外は今作の九郎が好みそうな京女だったよ静は

760: 歴ネタななしさん
自分も静は良かったなと思った。原田美枝子に散々お世話になった身としては感慨深いものがあった。

801: 歴ネタななしさん
首は届いたけど死ぬシーンは描かれてないのはうまい落とし所
でも大泉が泣くのはなんか違うな
申し訳なさそうにするぐらいはいいけど

810: 歴ネタななしさん
今まで菅田将暉そんな演技うまいと思ったことなかったけど
初めてうまいと思ったわ
なんか感情がすごく入ってくるわ

813: 歴ネタななしさん
新田義貞が海から攻めて鎌倉滅ぼすの予言してたな

823: 歴ネタななしさん
>>813
おっ!てなったね

821: 歴ネタななしさん
日テレの年末時代劇「義経」だと、野村宏伸演じる義経が、泰衡ごとき返り討ちにするのは造作もないが、それでは御館に申し訳が立たんと言って、ひたすら守るのみだったな。

炎立つ第三部の野村宏伸よりシリアスな義経だった。

991: 歴ネタななしさん
>>821
炎立つの義経は今回の義経に近かったね
義経がアマデウスでナベケン泰衡がサリエリな感じ

870: 歴ネタななしさん
秀衡にようやったって褒められたときにツーッと流れる義経の涙、よかったなぁ
その一言が欲しかったんだよなぁ、兄上から
命奪ってから首に向かって言ったってしょーがないんだよ頼朝、生きてるうちに言ってやれよバカ


義経が自分の首で平泉を守れるならって言ったときの小四郎の微妙な顔もよかった
その首のせいで滅ぼされちゃうんだもんな

930: 歴ネタななしさん
今観終わった 面白かった
九郎は最期まで楽しんでたな。
頼朝アイツやべーな。
「鎌倉殿」という立場と「九朗の兄」という気持ちが分離してしまってる。
小四郎は強くなった。謀殺後に子供に会っても小粋なギャグが光る。

ネタ元: ・【2022年大河ドラマ】鎌倉殿の13人 part102