1: 歴ネタななしさん
ダウンロード
アメリカ>>>ソ連>イギリス>ドイツ>>日本イタリア
すまん、なぜ挑んだ?

4: 歴ネタななしさん
資源も無かった模様

5: 歴ネタななしさん
>>4 ドイツさん植民地全部無くしてて草

7: 歴ネタななしさん
挑まんかったらそのまま縊り殺されてたからなあ
ひと噛みするのにワンチャン賭けたんや

10: 歴ネタななしさん
>>7 米英と組んでソ連殺せば良かったんちゃうんか?まぁあの頃の上層部見てれば絶対無理そうやが

8: 歴ネタななしさん
アメリカいなかったら勝ってたやろ
ヨーロッパはドイツがボコしたし

9: 歴ネタななしさん
>>8
独ソ戦はどうしますか(小声)

11: 歴ネタななしさん
>>9
日本と一緒にやればなんとかなったんちゃう?

15: 歴ネタななしさん
>>9
ソ連もロシア帝国から変わりたてで戦後のソ連ほどつよなかったんちゃう?ちょっと前に日本にボコボコにやられてたくらいやし

16: 歴ネタななしさん
>>15
言うても大粛清や大戦初期の無能ムーブから巻き返して勝ったしなあ

17: 歴ネタななしさん
>>15 ノモンハン事件は普通にソ連の勝ちやで(ニッコリ

13: 歴ネタななしさん
アメリカVS世界でも良い勝負したんちゃう?

14: 歴ネタななしさん
>>13 そらそうよ
レンドリース法(レンドリースほう、英語: Lend-Lease Acts)、または武器貸与法(ぶきたいよほう)は、アメリカ合衆国が1941年から1945年にかけて、イギリス、ソビエト連邦(ソ連)、中華民国(中国)、フランスやその他の連合国に対して、イギリスの場合はニューファンドランド、バミューダ諸島、イギリス領西インド諸島の基地を提供することと引き換えに、膨大な量の軍需物資を供給するプログラムのことである。

1939年9月の第二次世界大戦勃発から18ヵ月経過した1941年3月に開始された。総額501億USドル(2007年の価値に換算してほぼ7,000億ドル)の物資が供給され、そのうち314億ドルがイギリスへ、113億ドルがソビエト連邦へ、32億ドルがフランスへ、16億ドルが中国へ提供された。

18: 歴ネタななしさん
歴史にifはないおじさん「歴史にifはない」

それはそれとして妄想ははかどるからね仕方ないね

21: 歴ネタななしさん
>>18
考えるのは大事やろ
歴史に学ぶって要はifやろ

24: 歴ネタななしさん
>>21
下手の考え休むに似たりともいうけどな
ifにのめりこみすぎるとロクなことにならないのはおんJ民ならわかるやろ

20: 歴ネタななしさん
いまだから言えるけど満州権益で外交してたら戦争しなくて済んでたよな

22: 歴ネタななしさん
>>20
事実上満州国認められていたのにそれ蹴るとかほんまバカすぎて…

25: 歴ネタななしさん
第二次世界大戦直前にはなかったけどチェコスロヴァキアあたりにも工業生産力負けてた気がする

28: 歴ネタななしさん
>>25
当時世界最先端の戦車技術ある国が弱いわけないよなぁ

34: 歴ネタななしさん
>>28 実はフランスじゃねとは思う、まあ40年代のソ連の戦車技術はなろう系やけどな

40: 歴ネタななしさん
>>34
フランスって一瞬でドイツに降伏してへんかった?

44: 歴ネタななしさん
>>40
ヴィシー政権の悪口はそこまでだ?

46: 歴ネタななしさん
>>40
単純な歩兵戦車としての戦車技術はたぶん世界一
電撃戦に対応できなくて即死しただけや

26: 歴ネタななしさん
アメリカ不参戦、レンドリースなしでも独ソ戦はソ連勝ってたわ

27: 歴ネタななしさん
>>26
でもモスクワはだいぶ危ない状況まで追い込まれたやろなぁ…

33: 歴ネタななしさん
>>27
モスクワ攻防戦にはレンドリースそもそも間に合ってないからな
開始したのが春先で実際届いて使用されたのは秋

31: 歴ネタななしさん
よっしゃ!!!パパルパーパー奇襲したろwwww←これ

ワシントン奇襲すれば勝ってたよね?

36: 歴ネタななしさん
>>31
伊400型潜水母艦のロマンすき

32: 歴ネタななしさん
日本のちゃんと調査した役人も工業面でムリって言ってた
なおその人は更迭された模様

35: 歴ネタななしさん
正論かますと干される国だからしょうがないね

38: 歴ネタななしさん
アメリカはほんま非の打ち所がないわ、ソ連はまだ苦手な分野も多々あったのにな

39: 歴ネタななしさん
アメリカは大戦前半は最高レベルの兵器なかったのだけ弱点
なお後半

42: 歴ネタななしさん
これでシャーマン戦車も一撃や!
no title

43: 歴ネタななしさん
アホ「挑まなかったら搾取され続けた!」

↑なおリットン調査団は日本に有利な条件で結ぶ予定だったし、綿貿易もうまみが大きいので列強日本くんとはそのまま仲良くするつもりだった模様

49: 歴ネタななしさん
工業力の源泉は経済力や
世界で戦争しながら日本の国家予算並に
カネつぎ込んで原爆と戦略爆撃機を開発
製造できる圧倒的な力があった

50: 歴ネタななしさん
アンチ乙
ソ連は大戦初期は稚拙な人海戦術で死人出しまくって負けまくったけど
大戦後期になれば巧みな人海戦術で死人出しまくって勝ったから

52: 歴ネタななしさん
>>50
こうしてみるとウクライナ戦争が平常運転に見えてくるな…

53: 歴ネタななしさん
>>50
縦深攻撃を忘れてますね…

88: 歴ネタななしさん
>>50
戦いは数ってほんまなんやな

51: 歴ネタななしさん
ヨーロッパ諸国の滞在日本大使館や武官からドイツ軍がソ連国境に集結してるのがひっきりなしに日本に来てるのに
その情報受け取ってた日本軍部は全部ウソだって握りつぶして政府の方まで持っていかなかったから
日独のソ連挟撃なんて無理だぞ

54: 歴ネタななしさん
>>51 ソ連挟撃はメリット少なすぎてね....

56: 歴ネタななしさん
>>54
戦術クラスではメリット少なくても枢軸国の勝利という戦略クラスでは不可避やったから…

まぁ結果論か

62: 歴ネタななしさん
>>56 まず兵站維持的に無理だし、ソ連はそんなに対日戦にリソース割かなくて良い気がする

70: 歴ネタななしさん
>>62
満州からソ連に…って泥沼の対中戦やってる中でそれは無理か
一応兵隊を配備しておくか程度のリソースしかいらんならまぁ確かにそこまで負担にもならなさそう

でも対中戦やりながらアメリカに宣戦布告するくらいならソ連とやり合ったほうがマシやろとは思う

59: 歴ネタななしさん
流石に世界的にみても日本の工業力はそこそこあったやろ
アメリカがチートなだけで

61: 歴ネタななしさん
>>59
あの時代ですでにエンパイアステートビル建ってるとか頭おかしくなりますよ

63: 歴ネタななしさん
アメリカって毎週一隻空母作ってたってマジなのですか

64: 歴ネタななしさん
>>63 正規空母は一ヶ月に一隻くらいちゃうか?

72: 歴ネタななしさん
>>63
でっかいやつじゃなくて航空機運ぶために作ったようなかっすい護衛空母やけどな

65: 歴ネタななしさん
米国は、航空機2万2,000機以上、戦車1万台、ジープ4万4,000台、
トラック37万5,000台以上、重機約8,000台、
ライフルなどの銃器2万丁、爆薬34万5,000トン、
魚雷艇202隻、駆潜艇105隻、貨物船90隻、
さらには食品、鉄鋼、非鉄金属、石油製品、綿、皮革、
アルコール、毛布、軍用履物、ボタンまでソビエト連邦に供給した。

これが無ければどうなってたんやろな

66: 歴ネタななしさん
>>65 終戦が2,3年くらい遅れてソ連の死者がヤバいことになるやろ、冷戦も起きてないかも

71: 歴ネタななしさん
>>66
この援助だけで日本軍には勝てそう

67: 歴ネタななしさん
モスクワ陥落してたとしてソ連は降伏するか?
ウラル山脈の奥地に逃げ込みそうやけど

68: 歴ネタななしさん
>>67
降伏しないで
山と寒さとゲリラでドイツ軍終わりやね

69: 歴ネタななしさん
>>67 補給路伸びすぎですよ悪魔

77: 歴ネタななしさん
何故挑んだ?って
挑まなかった場合だって干上がってただけやん

80: 歴ネタななしさん
工業力ないなぁ・・・せや!工業力ある国に突っ込んだろ!
こうやぞ

81: 歴ネタななしさん
>>80
特攻の精神やね

82: 歴ネタななしさん
知られてないけど極東ソ連は距離的にモスクワからいちいち指示を出してたら間に合わないってことで
極東軍司令官はスターリンの命令が来なくても徴兵や師団を増やすのも独自の判断でできるくらいに権限強かった
だから経済的にも中央から孤立してもいいようには一応政策も実行してた

90: 歴ネタななしさん
>>82 ジューコフも極東軍だったし意外と豪華よな

98: 歴ネタななしさん
>>90
だからスターリンが信任を置いてる優秀な人を配置したんだけどね
独ソ戦が始まった時に極東軍司令官だったアパナセンコは兵力が少なくなったら日本軍が攻め込むかもしれないと
戦えなくても数だけでも揃えようと70万人維持を目処に独自の判断で徴兵してた

85: 歴ネタななしさん
何つーか絶対勝てる戦い以外するのはバカみたいなのは逆に典型的なバカの発想だよな

91: 歴ネタななしさん
>>85
いや勝てる戦い以外やるなってのは孫子の兵法書にも書かれてる基本やろ
織田信長や武田信玄も基本戦略はこれを踏襲してるし

89: 歴ネタななしさん
工業力や資源がないから独ソ戦や大東亜戦争起こしてそれを奪おうとしたんや
なお・・・

93: 歴ネタななしさん
旧日本陸軍じゃソ連赤軍に勝てんよ、独ソ戦当時はt-34とかkv-1もあるし

94: 歴ネタななしさん
>>93
そりゃそうよ。
ドイツ軍ですら勝てないのに日本陸軍では100%勝てない

103: 歴ネタななしさん
軍部の暴走みたいなイメージだけど実際は日本人お得意の空気読めよの延長線やで

105: 歴ネタななしさん
>>103
ドイツ「ナチスが悪い」←これと同じやろ

106: 歴ネタななしさん
まあ兵士として現場で血を流してるのは徴兵された国民やし、死ぬ思いして獲得した利権を放棄しろ言われても国民は納得せんわな

113: 歴ネタななしさん
>>106
放棄しろなんて言ってないぞ
満洲を国としては認めないけど利権は認めてくれてた
馬鹿だから英語読めないで勝手にブチギレたけど

110: 歴ネタななしさん
研究生たちは7月から8月にかけて(中略)日米戦争の展開を研究予測した。
その結果は、「開戦後、緒戦の勝利は見込まれるが、その後の推移は長期戦必至であり、その負担に青国(日本)の国力は耐えられない。戦争終末期にはソ連の参戦もあり、敗北は避けられない。ゆえに戦争は不可能」という「日本必敗」の結論を導き出した。
これは現実の日米戦争における(真珠湾攻撃と原爆投下以外の)戦局推移とほぼ合致するものであった。

研究会の最後に東條は、参列者の意見として以下のように述べたという。

諸君の研究の勞を多とするが、これはあくまでも机上の演習でありまして、實際の戰争といふものは、君達が考へているやうな物では無いのであります。

日露戰争で、わが大日本帝國は勝てるとは思はなかつた。然し勝つたのであります。

あの當時も列?による三國干渉で、やむにやまれず帝國は立ち上がつたのでありまして、勝てる戰争だからと思つてやつたのではなかつた。

戰といふものは、計畫通りにいかない。意外裡な事が勝利に繋がつていく。
したがつて、諸君の考へている事は机上の空論とまでは言はないとしても、あくまでも、その意外裡の要素といふものをば、考慮したものではないのであります。なほ、この机上演習の經緯を、諸君は輕はずみに口外してはならぬといふことであります。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%8A%9B%E6%88%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

111: 歴ネタななしさん
日露戦争に勝っちまったからな
勘違いしたんやないの

119: 歴ネタななしさん
長期戦必至、日本に耐えれるだけの国力はない。

そりゃ、資源ない国が長期戦なんかできるわけないわな

120: 歴ネタななしさん
いまさらやめられないの精神

124: 歴ネタななしさん
>>120
まあこれ
軍部の暴走を止められなくなったのが運の尽きよ

121: 歴ネタななしさん
当時は欧州でドイツが
アジアでは日本が力を持って
周辺へ勢力を拡大していた
それに危機感を持った米英が
抑えにかかった
当時の情勢を見れば当然起きるべくして
起きた戦争やね

134: 歴ネタななしさん
>>121
満州事変知らなそう

137: 歴ネタななしさん
>>134
欧米は中国で勢力を広げる日本を放置できなくなって
ここいらで止めようと思ったんやで

146: 歴ネタななしさん
>>137
せやから満州の利権は日本のものとしたんよ
中国が抗議上げるくらいには日本有利な条件
わかるか?自演行為で逆ギレ戦争吹っかけたのがバレたのにその扱いやで
国連が日本を攻撃する予定なんかこれっぽっちも無かったの

152: 歴ネタななしさん
>>146
とにかく米英は欧州のドイツと
アジアの日本の勢力拡大を快く思って無かったんやで

142: 歴ネタななしさん
イタリア>>>>日本だよ
自動車台数で10倍とか差があったはずだし航空産業ではイタリアがはるかに格上だからね
てか日本陸軍の対ソ連戦の切り札はフォード車製のジープだったって話

147: 歴ネタななしさん
当時のイタリアってネタ扱いされてるけど割と工業力あるし航空戦力も海軍もそこそこ揃ってるんよな
なおエチオピア

150: 歴ネタななしさん
>>147 なお数。2,000馬力級エンジン搭載の航空機生産数とか日>>>伊やで

182: 歴ネタななしさん
大和魂 ゲルマン魂 ローマ帝国の末裔補正があるから勝てる予定や

184: 歴ネタななしさん
軍部「アメ公なんて1年か2年太平洋で暴れりゃ向こうから頭下げてくるわwww」
天皇「・・・さぁ」
軍部「え?」

天皇「あのさぁ!お前さぁ!中国との戦争3か月で終わるって言ってたけどもう4年もやってんだけど!?」
天皇「太平洋は中国よりもっと広いんだけど?何年やるつもりなんや!?戦って絶対勝てるんか?おぉ!?」
軍部「勝負は時の運と申しまして・・・絶対勝てるとは・・・」
天皇「なら外交と戦争は並列ではなく外交を優先しようね?」(ニッコリ)

このやりとりがガチであったという地獄

ネタ元: ・第二次世界大戦の各国の工業力wwwxwyxwwww