1: 歴ネタななしさん
ダウンロード
実際は江戸時代の百姓は年間1人あたり1石(150kg)の米を食べていたとされる百姓側の資料も多く存在し、公的機関の資料からも75kgの消費が可能だったと判明している。

1: 歴ネタななしさん
当時の百姓は米で納税していたため、過小申告していた可能性が極めて高い。よって、100kg前後が江戸時代の百姓の平均米消費量だと推測してもあながち間違いではないだろう。ちなみに、現代の日本人の年間1人あたりの米の消費量は51kg

たかだか2・300年前のことすら真実を知ることが難しいとかほんと・・・。

3: 歴ネタななしさん
脚気

4: 歴ネタななしさん
そもそも税などの負担も俺らの方が大きいというしな

5: 歴ネタななしさん
米って言うけど白米か?玄米じゃないと脚気が江戸で流行った理由にならない。

6: 歴ネタななしさん
小学生の時「農民は米を食えず、ヒエやアワを食べていました」
今「ヒエやアワは米よりもずっと栄養価が高いです」
マジか!ってなったわ

8: 歴ネタななしさん
>>6
長靴一杯食べたいや!みたいな味と栄養かも

7: 歴ネタななしさん
昔話見ると米わっしわっしと食う話もある一方でヒュルルルーみたいな
BGMで困窮してる話もあった

9: 歴ネタななしさん
そりゃ食えないより食える方がいいけどさ
米食えたから貧しくないよね、ってのもすげー疑問なんだが

10: 歴ネタななしさん
もしかして江戸時代ってファミチキ売ってないの?

11: 歴ネタななしさん
言うほど味噌をおかずに米何杯も食えるか?

12: 歴ネタななしさん
80年前程度でも嘘だらけだしナ

13: 歴ネタななしさん
マジレスすると藩と時代により異なる
幕府直轄の公領などは一般の多くの藩より税率が高かった
薩摩藩はとんでもなく厳しいので有名で百姓は多く逃げ出すほどだった

ネタ元: ・「江戸時代の百姓は貧しく米も食えなかった」←近年の研究で誇張のしすぎだったと明らかに。