1: 歴ネタななしさん
ダウンロード
文学部でフランス文学の研究してますとか応仁の乱の研究してますとか西洋美術史を専攻してますとか
趣味として自分たちのお金でやるべきだと思う

3: 歴ネタななしさん
基礎研究は大事

5: 歴ネタななしさん
>>3
まだ基礎研究してんの?
もう十分じゃない?

10: 歴ネタななしさん
>>5
基礎の真髄まで迫るのだ。ただ、効果に直結しない研究ばかりに色々費やすのもどうかという考えにも一理ある。

13: 歴ネタななしさん
>>10
基礎ってどこまでが基礎なの?

26: 歴ネタななしさん
>>13
難しいところだな。一つの学問やあらゆる学問全体において根本と言えることなら基礎研究と言えそうだが線引は難しい。参考までに法学なら法史学は基礎研究で、民法は基礎研究ではないとされているが。

4: 歴ネタななしさん
歴史も文学も芸術も知らないアホしかいない国とか嫌でしょ

8: 歴ネタななしさん
>>4
今までのでもう十分でしょ
鎌倉幕府創設の年が変わった!とかどうでもいいし

14: 歴ネタななしさん
>>8
常に新しい発見更新 新しい手法が生まれてるのに
そしてそれを次世代に伝えていかないと途切れてしまうんだよ

24: 歴ネタななしさん
>>14
それを税金で伝える必要があるのかという事
もっと理系の方に金回した方がみんな良い

55: 歴ネタななしさん
>>24
もっと理系の方に金まわした方がいいという点には個人的に同意できるけど
歴史や文学や美術に税金使う必要がないわけではないし、ましてや自分のお金で趣味としてやれってのは暴論すぎる

6: 歴ネタななしさん
むしろ防衛大でしか戦史の研究されてない現状ヤバいだろ
台湾有事のとき本当に自衛隊って頼りになるの?
もっと歴史研究に金出せ

12: 歴ネタななしさん
お前は知らないかもしれないけど、歴史研究がないと政治学も経済学も社会学もできなくなるよ

17: 歴ネタななしさん
>>12
今までのでもう十分でしょ

23: 歴ネタななしさん
>>17
文系学問って結構通説が覆る世界なんだよ
だから「聖徳太子って人がいました」→「聖徳太子は居なかった!」→「聖徳太子はやっぱり居た!」みたいなことが起きてたでしょ?
これからも色んなことが再評価されるし、十分なんてことはあり得ない

25: 歴ネタななしさん
>>23
だから過去に聖徳太子がいた!いなかった!とかぶっちゃけどうでもいいよねってこと
今わかってるとこまでで打ち切りにしても誰も困らない

29: 歴ネタななしさん
>>25
例えば、「何で日本は戦争したのか」とかも打ち切りにして困らない?
最近は政府のせいじゃなくて国民のせいで戦争が始まったってのが通説なんだけどさ
もし「政府のせいで戦争が始まったらしい」って知識のまま停滞してたら、次戦争が起きる予兆に気づけなくなるんじゃないかな?

今って、食糧難に備えて飯を溜め込んでる金持ちが結構いるじゃん
これも歴史研究のお陰だよね

31: 歴ネタななしさん
>>29
大学教授じゃなくてもシンクタンクとか官僚がやれば良くない

35: 歴ネタななしさん
>>31
結局税金で研究するんじゃねえか
それに民間で研究されないと結構怖いよ
シオン賢者の議定書みたいなことになっちゃうかも

37: 歴ネタななしさん
>>35
文系大学教授という興味に任せた遊び人に金払うのが嫌なんであって
仕事でサラリーマンが嫌々やってるなら税金の使い道として納得できる😊

34: 歴ネタななしさん
>>29
困らないんじゃない?と思うけどなぁ
戦争が始まる原因なんてその時その時だし

36: 歴ネタななしさん
>>34
素人がよく断言できたな
その時その時の共通点を探すのも研究だよ
それに世論が暴走しないように気をつけるだけで、戦争の原因を一個潰せるわけじゃん
これだけでメリットだよ

42: 歴ネタななしさん
>>36
ふむ
かなり長い事研究やってると思うけどまだわかってないのかな?
当時とネットやSNSの発達とかで環境全く違うから結局活かせなさそう

53: 歴ネタななしさん
>>42
あと数百年やっても研究は終わらないよ
何度も言うけど、人文系学問は新発見と再評価の連続なんだよね
特に歴史なんて「その時本当は何があったか」は絶対にわからないもの
例えば史料は著者の主観によって書かれてるし、破棄された機密書類もいっぱいあるからね
80年研究しても真実はさっぱりだよ
その上で、真実に近づいていこうとみんなで頑張ってる最中なの

57: 歴ネタななしさん
>>53
それもう研究しても無駄なんじゃ...

62: 歴ネタななしさん
>>57
というか全然真実がはっきりしないのは理系も同じなんじゃない?
詳しくないけど、ホッジ予想とかリーマン予想とか解かれてない問題いっぱいあるじゃん

68: 歴ネタななしさん
>>62
そりゃ解かれてない問題があるのは同じだけど理系と文系じゃ人類への貢献度が段違いでしょ

74: 歴ネタななしさん
>>68
経済学も社会学も政治学も文系分野だよ
実学的なものを挙げれば、法学とか経営学とかも沢山ある
日本っていう国民国家は架空の共同体だけど、これを実現させてるのは「天皇が万世一系」っていう建前、つまり歴史だよね

22: 歴ネタななしさん
江戸時代の食文化研究してる人とか
何十年も論文書きつづけていけるくらいネタあるんかな

33: 歴ネタななしさん
本能寺の変の黒幕とか坂本龍馬暗殺の主犯みたいないつまでも結論が出ない謎をだらだら推測するだけみたいなのがダメなんであって
まだロクに読まれてないマイナー史料に目を通して中身を精査するような作業は事実の解明には必要だよ

40: 歴ネタななしさん
中国みたいな国家にしたいならそうするべきかもしれんなw

43: 歴ネタななしさん
>>40
中国では21世紀になっても田中上奏文が本物扱いされてるって秦郁彦が書いてたな

45: 歴ネタななしさん
別にどんな研究にだって一律同じ研究費が出てるわけじゃないんじゃね
研究内容によって随時判断されてるでしょ
そんで1が例に出した関ヶ原の布陣の研究には実際いくら費やされてるの?
そんでそれを無くしてどんな理系のどんな研究にその金額を充てたらいいと考えてるの?

48: 歴ネタななしさん
吉田証言みたいな国際情勢を左右するような偽証が出てきた時に放置しろとでも言うんだろうか

51: 歴ネタななしさん
>>48
偽証ってわかれば調査すればいいよ

52: 歴ネタななしさん
>>51
偽証かどうかを判断するために調査が必要なわけで
最初から偽証と分かってて調査することこそお金の無駄なんだが
お前は無駄遣い賛成なのか

56: 歴ネタななしさん
>>52
偽証がわかったらその偽証の影響を放置せず調査するって事かと

66: 歴ネタななしさん
>>56
だから偽証かどうかを判じるためには検証するしかないし検証されない偽証は事実扱いされる恐れがあるだろ
日本に不利な偽証も放置しろってことかね?
外国は日本に対し偽証し放題になるべきと?

59: 歴ネタななしさん
ちなみにフランス文学は日本人の仏文研究者が束になっても本場フランスの最新研究には絶対追いつけないから国史研究ほど必要性は感じない
ただ専門家が絶無みたいな状況は情けないから東大京大早慶あたりが細々と研究するのがいいと思う

63: 歴ネタななしさん
>>59
情けないから研究するとかお金の使い方そんなんでいいの?

72: 歴ネタななしさん
>>63
いいよ
外国のアカデミズムに無知になるよりは全然いい

78: 歴ネタななしさん
とんでもない事いいだして
それを危険なことに使う
例えば政治に絡めるだ
カルト的な人集めに使うとかしだした時に
きちんと否定するために
一定のコストかけても
科学的に正しい知見を積み重ねておくのは
必要だと思うかな

84: 歴ネタななしさん
社会にどういう影響を与えるかってことだよな
理系は分かりやすいけど
文系は分かりにくい、てか分からん
分からんからやらなくていいもやるべきかもよくわからん

86: 歴ネタななしさん
>>84
文系でももちろん必要なものはあるよ
でも作者の交友関係の研究とか画家の住んでた所の研究とかは確実にいらないと思う
趣味でやってりゃ良い

94: 歴ネタななしさん
>>86
交友関係や住居が作品に与えた影響もあるだろうから必要
そして当然ながら著書や作品は社会に影響を与えてたり、社会や時代や人間の本質を突き当てたりしてる
交友関係や住んでる場所から得られる知見というものもあるだろ

93: 歴ネタななしさん
俺が一番大事だと思うのは現国なんだよな
現国さえできれば社会とかは自力で読み解けるようになるし
コミュ力の基礎は現国なんだよだから実社会で生きる上では現国を徹底して勉強させるのが一番いいと思ってる
そしたらこういうとこでの議論も実のあるものになると思うしな

98: 歴ネタななしさん
まあ、わからん分野の話聞いて「だから何?」ってなるのはわかる
俺も日本史とかまじで興味ないし
応仁の乱とか本当にどうでもいい

ただ、そういった研究が経済活動に直結するのは確か
日本史好きな無神論者も寺社に金落としてくれるでしょ
文学家の住所とか、たぶんその土地高くなってると思うし
それで需要が作られて市場が刺激されるならいいことだよ

113: 歴ネタななしさん
テレビのニュースでさぁ、スポーツとかやったりするじゃん
あれもいらないよって言われたらいらないんだけど
結局なんでやるかって金が動くからだよな
意味なくても金が動く、つまりエネルギーが使われるんならそれでいいんじゃないって気もする
それで人間楽しく生きてたりするんだろ

116: 歴ネタななしさん
意味があるかはしらんけど
そういうことも学べないくらい余裕がなくなったらもういよいよって感じがする

118: 歴ネタななしさん
基本的に学問とビジネス精神は相性が悪い
福祉や経済に寄与する研究に多めに予算を投じることは否定しないが、ビジネス的に赤字になる研究こそ税金でなんとかするって考え方もある

121: 歴ネタななしさん
>>118
それはたしかに

ネタ元: ・ぶっちゃけ歴史とか文学とかの美術の研究や勉強って税金でやる意味ある?