歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ:戦国時代 > 合戦

    main
    1: 歴ネタななしさん
    1575年6月29日(天正3年5月21日)三河国長篠(愛知県新城(しんしろ)市)において行われた、織田信長・徳川家康連合軍3万8千と武田勝頼軍1万5千との合戦。
    武田方の戦死者は山県昌景、土屋昌次、馬場信房などの信玄以来の宿将をはじめとして1万人に上ったといわれる。
    これ以後武田氏の勢力は急速に衰え、1582年(天正10年)滅亡を招いた。
    この戦いにおいて、織田・徳川連合軍が新兵器の鉄炮を組織的に使用し、騎馬戦を得意とする武田軍に圧勝した点が注目され、従来の騎馬中心の個人戦から足軽の鉄炮隊を中心とする集団戦法へ移行する画期的戦闘と評価されている。

    【長篠・設楽原合戦の真実】の続きを読む

    main

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/08(火)11:32:33 ID:Dzy
    柴田様と盛政は賤ヶ岳でサルと決戦や!っていっとるけどワイはどうすりゃええとおもう?


    【ワイ前田利家上司の柴田様と親友の秀吉の間に挟まれて困惑】の続きを読む

    2017y01m26d_040854318

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/25(水)18:38:56 ID:VCV
    物量に劣る武田がぼろ負けしただけで
    なんも珍しくない気がするんやけど  

    【長篠の戦いって教科書に載せるほど重要か?】の続きを読む

    このページのトップヘ