歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ:鎌倉時代 > 源平合戦

    2017y02m20d_081203000
    1: 歴ネタななしさん
    一応ゲームなんかも無いわけじゃないけどあんまり

    【源平合戦、何かイマイチ戦国時代と比べて稼げるコンテンツにならない】の続きを読む

    2017y02m20d_081203000
    1: 歴ネタななしさん
    清盛「取り敢えず伊豆へ流しとくンゴ」

    【清盛「源頼朝かあ・・・まだ子供やしなあ・・・かわいそうやな・・・」】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    2022y12m19d_061928206
    源平合戦には数多くのエピソードがある。その中でも「扇の的」と並んで有名なのが、芝居などでよく上演される「敦盛の最期」という場面である。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では取り上げられなかったので、簡単にその内容を紹介しておこう。平家の公達で、合戦当時弱冠16歳の平敦盛は笛の名手として知られていた。

    一の谷合戦の際、源氏の武将熊谷直実は、馬で海上に逃れようとしていた平家の武将をみつけ、呼び戻したうえで組み敷いた。ところが、いざ首を取ろうとしたところで相手が自分の息子ほどの年齢と知って逃がそうとするも、後ろから50騎ほどの味方が駆けつけて来たために助けることを断念し、若武者の首を取った。

    その後、討ち取った武将が持っていた笛から平敦盛であったと知り、これがきっかけで後に法然に弟子入りし出家するという話である。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/moriokahiroshi/20220501-00290928

    【熊谷直実に首を取られる平敦盛って美少年に描かれる事が多いよな】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    2018y06m07d_195342690
    ワイは功労者やぞ?ちょっと官位貰うくらいべつにかまへんやろ

    【ワイ義経、頼朝兄さんに殺されて当然という風潮が気に入らない】の続きを読む

    2022y11m17d_061758986
    1: 歴ネタななしさん
    建春門院(1142~1176)が没した後は、父親の清盛と主君の後白河院の板挟みで苦労した

    【平重盛(1138~1179)についてどう思う?】の続きを読む

    このページのトップヘ