歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ: ニュース

    1: 歴ネタななしさん
    映画『ブラックパンサー』でお馴染みのチャドウィック・ボーズマンが、戦国時代に織田信長に仕えた黒人武士・弥助を描く『ヤスケ(原題) / Yasuke』で主演を務めると、 The Hollywood Reporter ほか各メディアが報じた。

    no title

    https://www.cinematoday.jp/news/N0108501

    【【映画】『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン、織田信長に仕えた黒人侍の弥助演じる】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    510TDN6mX4L
    新元号の出典になった万葉集には、あらためて注目が集まっており、関連本には「特需」のきざしがみえ始めている。

    紀伊国屋書店新宿本店によると、店にあった万葉集に関する書籍の在庫は、新元号の発表後、すべて完売。 同店は、出版社からの入荷が整いしだい特設コーナーを設けたいとしている。

    一方KADOKAWAは、万葉集のエッセンスを解説した「角川書店編 万葉集ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」と、 「伊藤博訳注 『万葉集一 現代語訳付』」への注文が相次いでいることを受け、 それぞれ8000部ずつ緊急重版すると発表。追加の重版も検討するとしている。
    https://www.nikkansports.com/general/
    nikkan/news/201904010000763.html

    【万葉集がバカ売れ。紀伊国屋は万葉関連書籍完売、角川は緊急重版】の続きを読む

    2019y01m29d_101925863
    1: 歴ネタななしさん
     羽柴(豊臣)秀吉(1537~98)が、織田信長の家臣として播磨(はりま、兵庫県南西部)を治めていたころにつくらせた検地帳の写しがみつかった。県立歴史博物館(姫路市)が26日発表した。信長政権下の検地帳が確認されるのは珍しく、これまでにみつかった秀吉の検地帳の中でも2番目の古さ。専門家は、政権奪取後に秀吉が始めた太閤(たいこう)検地の成立過程を知るうえで貴重な史料として注目する。

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM3R315FM3RPIHB007.html

    【【歴史】秀吉の最古級の検地帳発見 信長配下時代の貴重な史料】の続きを読む

    このページのトップヘ