歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ: ニュース

    1: 歴ネタななしさん
    2017y02m18d_094644439
    https://www.asahi.com/articles/ASMB9644RMB9PPZB00F.html


    秀吉が弟へ掟書「備前で乱暴するな」 未来の重鎮に配慮
    華野優気
    2019/10/23 15:30 有料記事

     羽柴(豊臣)秀吉が織田信長の家臣として中国地方を攻めた戦い(中国攻め)の際、従軍していた弟の秀長に宛てた掟書(おきてがき)が岡山県倉敷市でみつかった。備前(現岡山県東部)の大名で織田側についた宇喜多(うきた)氏の領内を通るときに兵に乱暴などを起こさせないように命じた内容で、天下統一前の秀吉の戦いぶりを示す貴重な史料だ。掟書は愛媛県西予市の県歴史文化博物館で開催中の特別展で、11月24日まで公開されている。

     岡山県教育委員会によると、掟書は縦27・5センチ、横39センチ。倉敷市のお寺の龍昌院(りゅうしょういん)が市内の関係先で発見し、県教委が調査し、字体や花押などから秀吉の文書と判断した。

     記されていた日付は、秀吉が毛…
    残り:380文字/全文:679文字

    【【古文書】秀吉が弟へ掟書「備前で乱暴するな」】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    2017y05m16d_085220303
    https://news.livedoor.com/article/detail/17265049/

    「村正」ベール脱いだ 桑名宗社の神宝、本来の姿で公開

     三重県桑名市本町の桑名宗社(春日神社)で20日、神宝の刀「村正(むらまさ)」の特別公開が始まった。 終戦時、正常な管理ができなくなることを心配した当時の宮司がさびないように漆を塗って覆ったため、本来の刀の姿で一般に公開されるのは今回が初めてという。

    【【刀剣】妖刀「村正」ベール脱いだ 桑名宗社の神宝、本来の姿で公開 三重】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    平安京の範囲が確定 南辺が初出土、都を囲う四辺確認

     平安京の外壁「羅城」と都の南辺に当たる九条大路の痕跡が京都市南区の元洛陽工業高の発掘調査で初めて出土したと、市埋蔵文化財研究所が12日発表した。羅城は都の玄関口「羅城門」周辺のみとされてきたが、通説よりも長く築かれた可能性が出てきた。九条大路の出土で都の四辺に当たる全ての街路が確認され、794年に遷都した平安京の計画範囲が考古的に確定された。

    平安京で初めて出土した羅城の土壇跡。九条大路の側溝や路面も初めて見つかった(12日、京都市南区・元洛陽工業高)
    no title

    【【京都】平安京の範囲が確定 南辺が初出土、都を囲う四辺確認】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    映画『ブラックパンサー』でお馴染みのチャドウィック・ボーズマンが、戦国時代に織田信長に仕えた黒人武士・弥助を描く『ヤスケ(原題) / Yasuke』で主演を務めると、 The Hollywood Reporter ほか各メディアが報じた。

    no title

    https://www.cinematoday.jp/news/N0108501

    【【映画】『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン、織田信長に仕えた黒人侍の弥助演じる】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    510TDN6mX4L
    新元号の出典になった万葉集には、あらためて注目が集まっており、関連本には「特需」のきざしがみえ始めている。

    紀伊国屋書店新宿本店によると、店にあった万葉集に関する書籍の在庫は、新元号の発表後、すべて完売。 同店は、出版社からの入荷が整いしだい特設コーナーを設けたいとしている。

    一方KADOKAWAは、万葉集のエッセンスを解説した「角川書店編 万葉集ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」と、 「伊藤博訳注 『万葉集一 現代語訳付』」への注文が相次いでいることを受け、 それぞれ8000部ずつ緊急重版すると発表。追加の重版も検討するとしている。
    https://www.nikkansports.com/general/
    nikkan/news/201904010000763.html

    【万葉集がバカ売れ。紀伊国屋は万葉関連書籍完売、角川は緊急重版】の続きを読む

    このページのトップヘ