歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ: ニュース

    1: 歴ネタななしさん
    ダウンロード
    お城の堀に水がない 160億円かけ江戸時代を「復元」したのに [栃木県]:朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASRC97G1QRC7UUHB001.html

    中村尚徳 2023年11月10日 11時07分

     【栃木】「釣天井伝説」で知られる宇都宮城の堀に、ほとんど水がない。宇都宮市が約160億円かけ城址(じょうし)公園として整備し、江戸時代と同じような水堀を再現したはずだった。だが、約5年前から水位が下がり、ためたくてもためられなくなったという。なぜなのか。

     公園の堀は幅11~26メートル、面積3900平方メートル。土塀や2棟の櫓(やぐら)が建てられた高さ約10メートル、総延長約230メートルの土塁に沿って掘られている。堀にかかる「おほり橋」南側には、わずかに水がたまっている。しかし、全体の7割ほどを占める北側はコンクリートの底が見え「空堀」になっている。

     宇都宮城は平安後期に築かれた、とされる。堀は江戸時代に本丸や二の丸などの周りにめぐらされ、水をたたえていた。明治維新の戊辰戦争で建物の大半が焼失した後、土塁は壊され、堀も時代とともに埋め立てられていった。1970年代前半までには昔日の姿は消えたという。

     市は2000年度、市制110周年事業として、本丸西側にあたる約3・7ヘクタールで「復元」を計画。土塁や堀などを造り、07年3月に開園した。用地買収や建設費などに総額161億5千万円かかった。

     市公園管理課によると、ポンプで地下水をくみ上げ、開園してしばらくは深さ1~2メートルの「満水」状態だった。だが、5年ほど前から水位が減っていった。担当者は「地下水の水質に問題があった」と言う。

     説明では、地下水には相当多くの鉄分が含まれ、パイプやポンプ本体がさび付きやすい。性能が鈍ったため、清掃や部品の交換で対応したが、それ以上に鉄分の付着が激しく、間に合わなくなった。

     担当者は「地下水の鉄分は想定外でした。今は雨水に頼るしかありません」。北から南に向かって傾斜があり、雨が降れば南側はしばらく水がたまるといい、10月末の水深は80センチほどという説明だった。公園を訪れる人から「なぜ、堀に水がないのか」と尋ねられることもあるという。

     市内には開園前年に発足した市民団体「宇都宮城跡蓮池再生検討委員会」がある。江戸時代の宇都宮城の絵図に「蓮池」とあることが計画・整備段階で分かり、蓮池の再現を市に提言・要望したが、聞き入れられなかったという。

     同会によると、宇都宮城の堀は1900(明治33)年に開墾申請が出され、(略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【栃木】お城の堀に水がない 160億円かけ江戸時代を「復元」したのに】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    「信玄公祭り」武者行列 信玄役の冨永愛さんが号令 甲府

    戦国武将の武田信玄をしのぶ「信玄公祭り」は28日、祭り最大の呼び物の武者行列が行われ、モデルで俳優の冨永愛さん演じる信玄の号令を合図に街を練り歩きました。

    50回目を迎えた「信玄公祭り」は2日目の28日、武田信玄が川中島の合戦へ出陣する様子を再現する武者行列「甲州軍団出陣」が行われました。
    no title


    今回は信玄役を、モデルで俳優の冨永愛さん、軍師の山本勘助役を俳優の白須慶子さんと、いずれも初めて女性が務め、信玄の号令を受けた軍団が次々と出陣していきました。
    no title


    外国人観光客による「グローバル・サムライ隊」がことし新たに加わったことで、参加団体数は過去最多の34となり、1000人以上がよろいかぶとをつけて街を練り歩きました。

    軍団が通る甲府市中心部の平和通りには初めて有料の観覧席も設けられ、国内外から訪れた観光客が勇壮な武者行列の様子を撮影するなどして楽しんでいました。
    no title


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231028/k10014240781000.html

    【信玄公祭り 武田信玄役の冨永愛かっこよすぎワロタ】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    2023y09m11d_221032809
    古代ローマ時代の剣を4本発見、驚異の保存状態、死海の洞窟で
     
    9月6日、死海の近くの洞窟で古代ローマ時代の剣が4本発見されたとイスラエル考古学庁が発表した。剣は木と革でできた鞘(さや)の中で2000年近く保存されていて、その状態は驚異的に良好だという。

     剣は、エルサレムの南東に位置するユダヤ砂漠の洞窟の奥深くで、鍾乳石の壁の後ろに隠されていた。隠された時期は紀元2〜3世紀で、当時、この地域はローマ帝国軍とユダヤ属州の反乱軍との戦場であり、反乱軍の隠れ家でもあった。


    【【冒険】死海の洞窟から鍾乳石に隠された古代ローマ時代の剣が見つかる】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    穴太遺跡の角柱建物と板塀
    no title


    大津市下阪本の穴太(あのう)遺跡で、古墳時代中~後期(5~6世紀)の大型掘っ立て柱建物の柱と板塀が残存した状態で出土し、大津市が19日に発表した。柱は通常の丸柱ではなく、全国で約10例だけが知られる断面が長方形の角柱だった。専門家は「古墳時代の有力層による建物や区画施設の具体的な姿を知る重要な成果」と指摘。今後、建物の用途をめぐり議論を呼ぶほか、復元案についても注目される。
    【【滋賀】大型建物の角柱と板塀残存、古墳時代有力層の重要施設か 大津・穴太遺跡】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    (CNN) ドイツ南部バイエルン州の埋葬地で、考古学者が八角形の柄(つか)を持つ3000年以上前の剣を発見した。バイエルン州記念物保存局の声明によると、保存状態は非常に良く、今でも光を放っているという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ec8c7ec6b3fa0c7315415e2f78eb0c6d59e7548
    no title
    【ドイツで3000年前の剣を発見 保存状態良好、今なおきらめき】の続きを読む

    このページのトップヘ