歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ:欧州 > ローマ

    1: 歴ネタななしさん
    main
      ハンニバルは紀元前247年、ローマによる征服の危機に瀕していたカルタゴ(現在のチュニジアの首都、チュニスの近く)で生まれた。偉大な交易国にして海洋国家だったローマは、海上でカルタゴ人と渡り合う戦法を編み出し、カルタゴ領だったシチリア、コルシカ、サルディニアの各島を手中に収めていた。

     10歳になったハンニバルはカルタゴの将軍である父ハミルカルに連れられスペインのカルタゴ領に渡る。そこでハミルカル将軍は、現在のカルタヘナを含む新しい領土を次々に獲得。スペインで成長したハンニバルは、イベリア人の王女と結婚した。

     ハミルカルの死後しばらくして、ハンニバルは22歳の若さでスペインにおけるカルタゴ軍の司令官に選出された。そして大胆にもスペイン西部の都市サマランカを攻め、これを占領。次いで、イベリア半島をすばやく横断してローマの主要都市の一つサグントゥムを包囲、陥落させる。これを受け、 ローマはカルタゴに宣戦布告、第二次ポエニ戦争が始まった。

    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/17/121100020/121100001/

    【ハンニバルはローマ軍に騎馬兵の重要さを叩き込んだ 】の続きを読む

    no title
    1: 歴ネタななしさん
    ローマ帝国滅亡から暗黒の中世へ
    文明が終わるということ

    識字率そこそこ → 神父以外文盲
    上下水道完備 → 糞尿垂れ流し
    食器と食事道具 → テーブルのくぼみに盛り付けて鷲掴み
    街道は安全 → 野盗・山賊だらけ
    貨幣経済 → 物々交換
    地中海貿易 → サラセン海賊跋扈
    巨大建造物 → アーチすら作れなくなった
    各地の特産物からなる豊かな食生活 → 雑穀雑穀雑穀、ちょっと小麦
    地中海の覇者 → フン族、アヴァール、マジャール、ヴァイキング、イスラム、モンゴル、オスマンにボコボコ
    人類史上最も幸福な時代 → 重税、蛮族の侵入、疫病、餓死、王侯貴族による圧政、教会による支配

    【ローマ帝国滅亡から暗黒の中世へ】の続きを読む

    2017y03m30d_131224423
    1: 名無しさん@おーぷん
    可哀想に

    【古代ローマの奴隷達ってサラリーマンみたいな待遇なんだってな】の続きを読む

    2017y04m23d_144530037
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
    普通に考えて黒髪、肌は褐色のラテン系民族だろ
    ギリシャにいたってはラテン系どころか、ほぼアラブ人だろw
    北スラブ人や北ゲルマン民族との混血で今みたいな
    金髪と黒髪が混ざった茶髪になったとしても
    古代、当時野蛮な北方民族の金髪、白肌っておかしいだろwwwwwww

    その点、クレオパトラだけは(エジプトだから?)
    何故か普通にラテン系に描かれるという不思議wwww

    【古代ギリシャ人や古代ローマ人を金髪で描くのっておかしくない?黒髪、褐色肌だろ?】の続きを読む

    2017y02m16d_082244897
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/
    「僕にはあります。あの軍勢を前に、勝利の絵を描く力がある」
    「勝算は?」
    「僕の読みどおりに戦局が動いてくれれば、九割ほどで」


    アレシアを包囲するために総延長20キロの土塁を築き、壕を掘ります
    それが完成したら今度は後詰めのガリア軍対策に同様の陣地を外側にも構築します
     

    包囲殲滅陣ほういせんめつじん。
    これが、僕が描いた勝利の絵だった。

    戦型を整え、迎え撃つ準備を整える。
    そして後方で情報収集の担当をしていた後方支援職が、戦況分析の声をあげる。

    「彼我の戦力差、出ました! ローマ軍、およそ5万。ガリア軍、およそ30万!」

    【ユリウス・カエサルさん、とんでもない兵力差で包囲殲滅陣を完成させてしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ