2023y12m12d_180037054
111: 歴ネタななしさん
隆家が刀伊撃退したのも九州に転勤させた道長のおかげとかになるのか

112: 歴ネタななしさん
>>111
それ有りそう
隆家の性格からして九州の備えにとか

120: 歴ネタななしさん
>>112
その辺りだと、紫式部の宮仕えも終盤の時期なのでカットでしょ
ナレーションくらいはあるかもしれんが、わざわざ戦闘シーンを撮影するとも思えないし

121: 歴ネタななしさん
公式の隆家人物に
のちに大宰府に赴任し、大陸から攻めてきた刀伊(とい)と対じすることに
ってわざわざあるから、やるんじゃないかな

周りはCGかもしれないけど

https://www.nhk.jp/p/hikarukimie/ts/1YM111N6KW/blog/bl/p8na9PYYwM/bp/pDW2vLjv5B/

115: 歴ネタななしさん
隆家は子役からめちゃくちゃスタイリッシュに成長したな

116: 歴ネタななしさん
てかずっと思ってたけどこの大河全体的に男性陣はシュッとしてるけど女性陣はずんぐりしてるよな

124: 歴ネタななしさん
>>115
ちょいぽちゃの男の子が急に背が伸びてしゅっとするの、あるあるだね
隆家は著しすぎるけど

>>116
道長に合わせてるのかもしれないが、基本細身で高身長だね
その上烏帽子もあるし
身長でいうと、道兼がそこまで高くないのに驚いた
道長と対峙するシーンで、わりと見上げる感じになってたな

117: 歴ネタななしさん
道隆は糖尿病の持病があるところに疫病(天然痘)にかかってシボウ
跡を継いだ道兼も疫病で後を追うようにシボウ、ってコトで道長が権力の座が転がり込むんだよね
まあ、この辺は史実なので、そのまま描かれるだろうね

118: 歴ネタななしさん
伊周がきてる直衣が白なのがケシカランと公任がいってるけど白は出過ぎてるのか?

184: 歴ネタななしさん
>>118
>伊周がきてる直衣が白なのがケシカランと公任がいってるけど白は出過ぎてるのか?


「光る君へ」公式サイト-特集:をしへて! 佐多芳彦さん
「摂政になって変わった!? 藤原兼家の衣装」公開:2024年3月17日(日)午後8:38

大河ドラマ「光る君へ」第11回より朝廷に出仕した際の服装が変わった藤原兼家(段田安則)。
なぜ特別な白い衣装になったのかなどを、風俗考証を担当する佐多芳彦さんに伺いました。

――殿上間に居並ぶ公卿(くぎょう)たちの中で藤原兼家だけが白い服装をしていますが、なぜでしょうか。

これは冠直衣姿(かんむりのうしすがた)といって、天皇に特に信頼されている人のみが許された格好です。ほかの公卿は正装である束帯(そくたい)を着ていますが、兼家は一条天皇の摂政となったことで服装が変わり、一人だけ直衣(のうし)を着ています。
雑袍宣下(ざっぽうせんげ)、あるいは直衣宣下(のうしせんげ)というのですが、かぶり物を烏帽子(えぼし)から冠に変えれば、ふだん着である直衣を着て天皇の前に来てもいいよという特権を認めてもらったんですね。
袍(ほう)が白なのは冬だからで、夏になると二藍(ふたあい)を着ます。

398: 歴ネタななしさん
>>118
直衣は普段着
普通は帝の前で着るべきではないし俺はお前らと立場が違うと誇示している感じ
源氏物語で太政大臣になった光源氏の館に若い世代の貴族が訪問する時に光源氏は直衣で寛いだ姿だが訪問する側はきちんとした装いであることが描写されてる
私的な集まりでは身分の高い人ほどカジュアルな装いでよかったみたい

410: 歴ネタななしさん
>>398
ようはたとえ天皇から許されても周りに僭越と思われてかねないから遠慮して着ないというのが良いわけってことか

436: 歴ネタななしさん
>>410
伊周に対しては、お前ごときが関白気取りかよって感じなんじゃないかな

このドラマでは、兼家や道隆が帝と同じ白を着ることで黒の袍を着てる公卿たちとは違う立場であることを見せつけてるわけだし

131: 歴ネタななしさん
道長と絡まないとまひろの出番あんまり作れないのストーリーとしてはキツいな

帝や定子サロン周りの方がおもしろい

137: 歴ネタななしさん
世の道理をわきまえ!
弟、道長の身をを案じ!
汚れ仕事もいとわない!

きれいな道兼爆誕!!

140: 歴ネタななしさん
あんなに一晩看病したら
疫病を土御門ハウスにもうつしちゃいそうじゃない
ええのか

142: 歴ネタななしさん
疫病放置の道隆さんはダメだけど
この時代の疫病対策になんか有効なものあるかというとたぶんないよね

341: 歴ネタななしさん
>>142
それ
加持祈祷くらい
だから関白様の政策は間違いではない

153: 歴ネタななしさん
倫子様の最後の笑いは、どういう意味?
まひろだと気が付いた?

155: 歴ネタななしさん
>>153
少年漫画で強力なライバルが現れた時の主人公の「面白くなってきやがった!」ってのと同じ感じかと

168: 歴ネタななしさん
>>153
もう一人女が居るのではと怪しんでたけどそれが倫子の中で確信となったから?

181: 歴ネタななしさん
>>153
手紙の主、道長の想い人の存在が確信に変わったからやね

161: 歴ネタななしさん
中関白家を悪く描きすぎじゃね

164: 歴ネタななしさん
>>161
実際に兼家以上に強引なことやりすぎたこれが道隆死去のあと伊周兄弟が没落する原因になる

194: 歴ネタななしさん
>>164
道隆が満場一致の悪政ならもっと悪人記述が多いと思うけど
実際は仕事が出来て気遣いできる人て書かれてる

むしろ中関白家が没落するのは
詮子+道長のタッグでしよ
一条天皇は伊周関白は認めないものの内覧には任ぜようと決めていたのに
詮子が一条天皇の寝所まで凸って朝までしつこく道長推し説得しまくったので
天皇が折れて道長に内覧宣下が
そこから道長は徹底的に中関白排除に動く
中宮大夫のくせに道長は定子へも陰湿なイジメをするはずだけど
このドラマだと定子イジメは詮子で
道長は清廉潔白王子様に徹するつもりか?

162: 歴ネタななしさん
いくら道長の引き立て役だとはいえ道隆あそこまで無能に描く必要あるかね

166: 歴ネタななしさん
>>162 
大鏡や栄花物語だとお酒で羽目を外すダメなとこもあるが仕事がバリバリできる人に気遣いできる人とされてる>道隆

167: 歴ネタななしさん
道隆青年時代は有能で道理をわきまえた人間に描かれてたのに
権力握ってからは見事に無能な独裁者になったな

174: 歴ネタななしさん
>>167
自分の家の繁栄に固執しちゃったからな
兼家は兄弟の融和を図るように教えてないからだそのへん道長は遺言で頼通教通兄弟に訓戒してるし彰子がその監視役として2人を監督する立場

169: 歴ネタななしさん
都の様子は俺が見てくる
汚れ仕事は俺の役目だ
道兼が初めてかっこよく見えたw

171: 歴ネタななしさん
香炉峰の雪も映像にすれば一瞬だからな
あの場面をさも素晴らしい場面に文章で仕立てた清少納言もすごいなこの場面に高校生共が古文で何時間もかけて苦しめられるんだぞ?

175: 歴ネタななしさん
>>171
小学館の学習まんが日本の歴史を読んでいたから、香炉峰は場面が思い出せて楽勝だったわ。

172: 歴ネタななしさん
水がぶ飲み、日を眩しがる白内障、体がだるい…。
かなり糖尿病が進んでいるな、道隆。


道長も同じで、晩年は目が見えなかったという。

180: 歴ネタななしさん
突然現れた大納言に看病の全てを任せるとか有りなのか?
連れ帰ってくれたことに丁重に礼を言って、
疫病がうつらないように早々にお帰り頂くものじゃないか

182: 歴ネタななしさん
>>180
大納言が俺がやると追い出したから
翌朝仕事お持ちだしたように理由をつけないと帰るよう促すこともできない

183: 歴ネタななしさん
>>180
公任すら、5日も居座って酒も女房も食い散らかしてる道兼を追い出すことができなかったのに
地下の為時が従二位の道長を追い出すなんてできるわけがない

187: 歴ネタななしさん
京都の人口の半分が死んだ天然痘の大流行
 
そこに襲い掛かったのが「もがさ」と呼ばれる疫病だった。これは疱瘡、すなわち天然痘だったと考えられる。正暦4年(993)に九州で流行しはじめ、翌正暦5年(994)の4月から7月に京都で大流行し、『日本略記』七月条には「京師の死者半ばに過ぐる。五位以上六十七人なり」と記されている。すなわち、京都では人口の半分が死亡し、五位以上の貴族だけでも67人が死んだというのである。

188: 歴ネタななしさん
道長の看病のところで超展開すぎて笑いがこみあげてきたw
でもこのドラマのそういうところが好きだよww
乙丸と百舌彦のコンビも久々に見られて嬉しい

189: 歴ネタななしさん
出演者発表 第6弾(2023.08.31)
ーーーーーー
藤原隆家(ふじわらのたかいえ)
竜星涼
道長の甥(おい)で、伊周(これちか)、定子の弟。父の道隆の死後、一家没落の憂き目を見るが、冷静かつ闊達(かったつ)な性格で乗りこえていく。のちに大宰府に赴任し、大陸から攻めてきた刀伊(とい)と対じすることに。

〈竜星涼さんコメント〉
天下のさがなもの(荒くれ者)と呼ばれていた藤原隆家。
平安時代にして、貴族でありながらも雅な人生とは真逆な武闘派であり、自分の信念を守り屈服しない強い人間。
これは男として、また自分の信念にも通じ、とても憧れるものがありました。
また、統率力もあったと思われる彼の武人としての人間力をどう演じるか今からとてもワクワクしています!

208: 歴ネタななしさん
>>189
キャラの解釈大正解

192: 歴ネタななしさん
道隆は悪役なら悪役なりに魅力的に書いて欲しいなぁ

191: 歴ネタななしさん
なんで紫式部が看病してるのか
いくらなんでも無理やりなシナリオじゃない?
今日は謎すぎて面白くなかった

195: 歴ネタななしさん
さすがに今回は創作パートが「いやいや、それは無い」の展開が多過ぎて萎えたな
政治パートは面白いのにまひろ周り失速したら典型的ダメ女大河に堕ちてしまうし頑張って欲しい

197: 歴ネタななしさん
詮子さん、行動パターンがいつも同じじゃね
怒りながらやってきて、怒って帰る

199: 歴ネタななしさん
・浮気相手は漢文が読める女
・まひろが疫病にかかって寝こんでる時に、道長が顔も洗わず病人臭くヨレヨレのホコリまみれの服で徹夜の赤い目で帰ってきた

まあ確定やね

203: 歴ネタななしさん
さわは要らないよね

204: 歴ネタななしさん
汚れ仕事は俺の役目だに少しは華を持たせてやれよ
道長がすぐあれじゃ立場がないわ

206: 歴ネタななしさん
倫子様の笑みが物凄く怖かった

256: 歴ネタななしさん
>>206
まあ黒木華だし人の良いお姫様では終わらないよね

217: 歴ネタななしさん
まひろパートがどんどんどーでもよくなってきてる

225: 歴ネタななしさん
>>217
まひろの不快感、駒と同等なんよ
主人公なのにオリキャラみたいなストーリー展開と行動するから…
政治パートは好きだからまひろパートだけ飛ばし見して耐えてる

234: 歴ネタななしさん
兄ちゃんがクソ化した反動で道兼が立派なお公家さんになっておる
乙丸いいやつすぎて泣ける

235: 歴ネタななしさん
倫子様は相変わらず鋭い勘の持ち主。

255: 歴ネタななしさん
>>235
いやぁ、道長から漂うまひろの汗のニオイでピンと来たんだろう。

264: 歴ネタななしさん
>>255
倫子なら明子の香の匂いくらい覚えてそうだな
それとは違う匂い or 無臭だったから怪しいってなったか

281: 歴ネタななしさん
>>264
まひろが倫子サロンに通っていたころに聞いたことがある汗臭…。

ただ、女は複数いたから、まひろだとは確信できない。
あと、道長帰宅時に小麻呂ネコ吸い状態だから、これも妨げになった。

239: 歴ネタななしさん
疫病人看護したあと奥さんと子どものとこ帰ったらいかんだろ
まあドラマなんだけど

254: 歴ネタななしさん
>>239
ドラマでしかも平安時代とはいえ
感染対策甘すぎて何か色々とハラハラしたよなw
コロナ前だったらこんなこと気にも留めなかっただろうに

259: 歴ネタななしさん
>>239
素手で半日で数人埋葬できる超人だからなんでもあり

250: 歴ネタななしさん
道隆、あまりにも最低な政治家だな...
因果応報は来週に持ち越しだが、どうやらかなり溜飲は下げられそうだ。

257: 歴ネタななしさん
倫子の自分でもなく明子でもない誰かに対して、
挑んでくるなら受けて立つわ的なあの笑い、こっわw

258: 歴ネタななしさん
さくぜんじ(変換出来ない)供養の話でも入れなきゃだめだろ
あれこそ道隆生涯の最高シーンなのに

265: 歴ネタななしさん
面白かった。
前回の終わりと今回の始めがなんか繋がってなかった気がしたけど、前回ラストの疫病発見はもう次回予告に入ってたのね
道隆の次男こと隆家がなんかやさぐれてたけど、元々の性格なのか長男優遇の反動なのか。なんか前者っぽいね。
「帝、疫病、」のところ、鎌倉殿であったやつだ!これか。
道兼が改心したっぽい?良かった。
まひろも貴族だし栄養も取ってるだろうから、疫病から助かっても納得はできるね。次回も楽しみです。

272: 歴ネタななしさん
まさか、道兼様ステキーなんて言う日が来るとは思ってもなかったけど、
道兼さまカッコいいわ
伊周のクソ小童感
誰が汚れ仕事してたから、
中関白家が白くていられると思うんだよ
あそこでやり返さない道兼さま
凄みがあった

279: 歴ネタななしさん
中関白家パートは面白いんだけど、まひろパートがダルいなぁ…
昨日の土スタで流れてたドラマダイジェストも中関白家パートのみでまひろパートなしだったから引き込まれた

280: 歴ネタななしさん
そして今夜も機嫌の悪い吉田羊
女院に嫌みったらしく屁理屈こねる甥っ子ウザいわぁ

286: 歴ネタななしさん
>>280
これどっちもどっちだと思う。来るたびに説教するババアには一言言いたくもなるだろう

291: 歴ネタななしさん
>>280
父親の悪いところを凝縮したような性格なんだろうか
竜星涼の声がまた耳障り嫌な感じでピッタリといえばピッタリ

389: 歴ネタななしさん
>>280
道隆のお陰で初の女院の地位までもらったのに
なぜ中関白家を嫌うのか文句言いたくなるだろ
皇子まで産んだのに円融天皇中宮になれなかったのは自分の性格せいだろ

299: 歴ネタななしさん
安倍晴明の責任は問われないの?
疫病全然収まってないし

302: 歴ネタななしさん
疫病が来るから門を閉じよ、誰も入れるな、誰も出すな、という安倍晴明の対策が一番だったね

304: 歴ネタななしさん
香炉峰の行きを楽しみにしててそこもまあまあだったけど
今日は自分は一族の汚れ役を一身に引き受ける定めだから市井の穢れも引き受ける
と悟りを開いた道兼が見所だったな

313: 歴ネタななしさん
道兼「汚れ仕事は俺の仕事だろ」
道長「兄さんだけに良い格好はさせませんよ」
道兼「お前が来たら意味ないだろうが、この馬鹿が」

320: 歴ネタななしさん
>>313
古き良き時代の少年漫画かよ

314: 歴ネタななしさん
実況で伝染(うつ)る君とかいわれててワロタ

328: 歴ネタななしさん
たしかに道長アゲがうざいね
史実の道長は傲慢でふざけた権力クズ野郎だったのに、このドラマだとこのまま最後まで良識派として描かれそう

334: 歴ネタななしさん
詮子さん そりゃ旦那に拒否られるよなと思わせる性格の悪さ

342: 歴ネタななしさん
数日おきに放火されてるってヤバい状態だな
道兼が放火してんのかと思ったけど改心してたから違うか
いやそう見せかけて道兼かな

344: 歴ネタななしさん
>>342
当時は御所も割と出入り自由だったと思うけど
だからぶっちゃけ誰でも入れたw
ドアも無いし仕切り(壁)とかもないしね

349: 歴ネタななしさん
>>344 ぶっちゃけ全速力で駆け抜けたらどこまでも入って行けそうだよねw

351: 歴ネタななしさん
>>349
枕草子には中宮がいる所にこじきみたいなのが来た
って書かれてるぐらいだからw

354: 歴ネタななしさん
>>351
セキュリティガバガバで草

346: 歴ネタななしさん
貴族の娘が悲田院で伝染病患者を介護
それを大納言が、それを、また介護
大河の主人公には現代とのギャップを埋める
活躍は求められるのは確かだが、さすがに違和感

348: 歴ネタななしさん
体臭って食べるものに強烈に影響されるけど、ディープヴィーガン精進料理生活だったこの時代
日本人の嗅覚は犬並みに先鋭化されてたのかね?

やたら梅の香賛辞してるのはそういうことだったのか?

423: 歴ネタななしさん
>>348
現代の人とは違う感覚で香りや匂いに対する意識があったとは思う
まあ、今ほど風呂に入ったり髪を洗ったりするわけではないから、体臭は少なからずあっただろうし、衣服などにたきしめてる香の移り香もあっただろうね
今回は、悲田院にも行ってるから死臭もあるだろうし

相手がまひろとは気づいてないだろうけど、明子と違う匂いの人なのはわかるんだろうな

385: 歴ネタななしさん
道隆の場合正室の子は伊周兄弟以外は子供を徹底的に差別し格下にしたから一族として結束できなかったのもイタイよな兼家は庶子の道綱も官位与えてるし道長も藤原氏の長老として道綱を優遇したりと庶子兄弟でも自分に従うモノは優遇してるのに

388: 歴ネタななしさん
道隆亡き後あっという間に凋落しちゃうからな
伊周、定子、隆家

403: 歴ネタななしさん
>>388
三人とも典型的な駄目3代目って感じで
誰か一人でももう少し慎重なら全滅はしなかったかもしれないw
ふわふわしてるばかりで

421: 歴ネタななしさん
>>388
定子の妹たちも可哀想
原子→東宮=三条天皇に入内後若くして逝去・毒殺された疑惑あり
頼子→敦道親王室になるが道隆死去を機に離縁される
御匣殿→定子を忘れられない一条天皇から寵愛を受けるが姉と同じく出産時に亡くなる

454: 歴ネタななしさん
倫子の最後の「ウフフフ」「オホホホ」が怖かった

460: 歴ネタななしさん
>>454
あれホント怖かった
もう一人の女=漢詩の女とは思ってるだろうけどまひろとまではまだ気付いてないのかどうか

457: 歴ネタななしさん
悪役道隆亡き後の道長の定子や伊周、隆家イジメは
どう描かれるのだろう?
今まで通り中関白家が悪役で大義名分の立つ正義の
側で描かれるのか?心変わりで権力の亡者となるのか
まひろに慕われ続けるには前者じゃないと…

467: 歴ネタななしさん
>>457
伝聞にすぎないけど、過去の大石脚本の功名が辻も
原作小説では一豊が土佐入り後驕り高ぶる描写があったのに
ドラマでは最後までいい人だったな。
それとテレ朝版功名が辻では豊臣秀次は叔父の威光を笠に着るクズだったけど
大河の成宮秀次は偉大な叔父を持つ甥として努力している風に描かれてたな

ネタ元: ・【2024年大河ドラマ】光る君へ Part43