1: 歴ネタななしさん
ダウンロード
なお介錯がある模様

2: 歴ネタななしさん
すごい勇気だよね

3: 歴ネタななしさん
最後の方は扇子を刀の代わりにしてたらしいね腹に扇子当てたら斬首してくれる

35: 歴ネタななしさん
>>3
へええ初めて知ったわわ……

4: 歴ネタななしさん
三島由紀夫が真似して壮絶な死に方をしたらしいな

9: 歴ネタななしさん
>>4 戦争に行けなかったコンプレックスらしいな

11: 歴ネタななしさん
>>4
介錯人が下手やったらしいね

16: 歴ネタななしさん
>>4
次に切腹する予定のオキニに介錯させたんやけどド下手で剣道の達人が二人共切断したんや

5: 歴ネタななしさん
介錯なかったらどれくらい悶え苦しむんだ?
失血性ショックが来たらすぐ気を失いそうだけどそうでもないやろ

6: 歴ネタななしさん
>>5
1日経っても生きてたりするらしい

14: 歴ネタななしさん
>>6
いや〜マジかよ
過酷すぎる

24: 歴ネタななしさん
>>14
終戦のとき阿南陸相は介錯を拒否して数時間後に死んだそうやで

55: 歴ネタななしさん
>>5
腸さえ傷付けなかったら感染し始めるまで死なないで

7: 歴ネタななしさん
切腹してハラワタ投げつけたのが柴田勝家やっけ

74: 歴ネタななしさん
>>7
柴田退治記によると腹を切ったあと内臓を掻き出して果てた

12: 歴ネタななしさん
ヴァリニャ-ノは誇り高い西欧人として耐えがたい屈辱感を味わう経験をしているのです。それは、ヨ-ロッパ人宣教師たちが、日本の礼法に通じないために、日本人から軽蔑されていることを彼が知った時のことです。

『我らの国(日本)に住んでいるヨーロッパ人司祭たちが、日本人の美しい習慣や高尚な態度を、学ぶようほとんど努力せぬことは、まったく無知なことと思われる。』
(日本巡察記 ヴァリニャ-ノ著 東洋文庫)

『日本の風習を覚えられないほど、あなた方に知力と能力が欠けているのであれば、日本人はそれほど無能なあなた方の教えを受けるべきでない、と考える。』
(天正遣欧使節 松田毅一著 講談社学術文庫)

13: 歴ネタななしさん
十字に切った奴は気合入ってるという風潮
一理ある

20: 歴ネタななしさん
切腹をしたやつの首を斬ったとき、後ろに倒れると不名誉だから
腕のいい介錯人は首の皮一枚残して切ることで首の重さで前に倒れるようにしてたらしい

21: 歴ネタななしさん
どのみち殺されるんだよ
処刑されることをしたんだから

それを形だけは「責任を感じて自ら自害した」
って形にして面目を立ててやってるだけ

23: 歴ネタななしさん
>>21
相手に花をもたす誉的な措置だったのか

22: 歴ネタななしさん
裏金や犯罪した国会議員に対する辞職勧告みたいなもんやろ
クビに出来ないからな

25: 歴ネタななしさん
松倉勝家とかいう
江戸時代の大名で唯一切腹すら許されず「斬首処分」を下されたレジェンド

50: 歴ネタななしさん
>>25
何したらそんなことになるんや

51: 歴ネタななしさん
>>50
島原一揆

53: 歴ネタななしさん
>>50
農民虐待からの天草の乱

54: 歴ネタななしさん
>>51
>>53
なるほど理解したわサンガツ

26: 歴ネタななしさん
罪人のメンツを立てる為の儀式やぞ
家に責任が及んで改易とかを避ける時にやるもんやで

29: 歴ネタななしさん
>>26
あほの浅野内匠頭は切腹したけど取り潰しやん

32: 歴ネタななしさん
>>29
だから家臣がキレたんやないの?

33: 歴ネタななしさん
>>32
斬首にしとけばよかったのかな?w

85: 歴ネタななしさん
>>33
殿中で抜くってことは死ぬってことや
吉良上野介ぶっ殺した上でその場で腹かっさばいて死ぬべきやった
それをちょろっと傷つけただけ、その場で腹も切れずにお沙汰待ちとかクソダセェんだわ
覚悟が足りねぇんだよ
それでも武士か

87: 歴ネタななしさん
>>85
頭がおかしくなったと言えば赤穂浅野家は存続できたのに
理由は言えないが恨みがあった
俺は正気だと言って藩を潰すクズ

88: 歴ネタななしさん
>>87
なんかやべー奴なんやな…

36: 歴ネタななしさん
首の清水宗治の切腹の時の秀吉好き

39: 歴ネタななしさん
ワイなんて首だけで関東まで帰ってきたぞ

40: 歴ネタななしさん
だから武士でもない千利休に切腹を許したのはかなり凄いことなんよな

47: 歴ネタななしさん
>>40
武士でもない人間が切腹許されて嬉しいもんなんかな?

86: 歴ネタななしさん
>>47
武士でもないと磔獄門やぞ
痛みで苦しみ抜いて死ぬことになる

52: 歴ネタななしさん
腹を召されるって尊敬語あるのもよくわかるな

59: 歴ネタななしさん
なんで斬首なんて効率の悪い処刑方法にしたんやろな
吊るし首でええやん

61: 歴ネタななしさん
>>59
刀の試し切りもかねてたしな

62: 歴ネタななしさん
>>61
試し胴なんだよなぁ

60: 歴ネタななしさん
ここまで聞くと切腹だけは嫌だな
というか死にたい人に対しては人体タフすぎるでしょ

63: 歴ネタななしさん
切腹許可してた時点でだいぶ優しいからな
「やーい種なし!w」って落書きされたときはそりゃもう…

67: 歴ネタななしさん
首跳ねたらその首から下に興味ないので肥料とかにします←すごい死生観

72: 歴ネタななしさん
死で償うってのが忌避されるどころか一種の誉として認識されてる社会ってヤバいよな
日本だけやないの?こんな価値観

75: 歴ネタななしさん
>>72
自死するラインはあったと思う
本当にしょうもないやつは生かされただろうし

77: 歴ネタななしさん
切り捨て御免

建前 : 武士に無礼を働いて顔を潰した者を斬っても良い

現実 : 本当に斬っちゃったの?じゃあ本当に無礼をしたのか証人集めて
奉行所にも書類提出して事実と認められなかったら君死刑ね
事実でも20日以上謹慎だからよろしく

江戸時代の法律も案外しっかりしてたんやな

81: 歴ネタななしさん
>>77 これほんとすき
>尾張藩家臣、朋飼佐平治は雨傘を差して路上を歩いている際に町人と突き当たった。佐平治が詫びを入れるよう咎めたのにもかかわらず、町人は無視してそのまま立ち去ろうとしたので、佐平治はそれを無礼とみなし町人を手討ちにしようとした。しかし佐平治は無防備の町人を手討ちにするのは武士の名折れだと考え、自らの脇差を相手に渡して果たし合いの形式をとろうとしたが、町人はその脇差を持ったまま逃走し、「余れ佐平治をふみたり(打ち負かす)」とあたかも自らが脇差を勝ち取ったかのごとく触れ回った。悪評を立てられた佐平治は、雪辱を必ず果たす旨の書置を残し、武士の体面を守るために町人の家を突き止め妻・子供もろとも撫で切りにし、血筋を根絶やしにした[7][8]。この一族を茅島という

84: 歴ネタななしさん
>>81
迷惑YouTuber処刑したようなもんやな
すっきり

82: 歴ネタななしさん
長崎事件とか金持ち町人の使用人が佐賀藩の老人武士に喧嘩吹っかけて謝ったのに屋敷までお仕掛けてボコって刀奪って戦国の気風残ってんのよな
もちろん葉隠本拠地の佐賀藩士がブチ切れて主人の家ごと襲撃して皆殺しにした挙げ句に帰り道に立ったまま切腹とかキチガイ地味ててすこ

89: 歴ネタななしさん
自分の意思で腹を切るから処刑ではない
でも苦しそうだから首チョンパして楽にしてやるか
ってことにしといたるか
ってことか

95: 歴ネタななしさん
>>89
no title

せやで
即死できるからまだ有情や
普通の罪人はこうや

94: 歴ネタななしさん
切腹より辛い厳罰あったのかよ
ならはよ旅立った方がお得だな

97: 歴ネタななしさん
元新選組の奴も切腹を強要されたんやが解釈が無いから何日も苦しんで死んだって聞いたな

ネタ元: ・秀吉「自分で腹を切って自裁を許す切腹は名誉ある刑罰」