1: 歴ネタななしさん
2023y11m12d_065744571
そうするとガチで男色してた武田信玄の立場がなくならない?

47: 歴ネタななしさん
>>1
別け隔てなく愛する凄い武将

2: 歴ネタななしさん
織田信長「お、そうだな」

7: 歴ネタななしさん
>>2
信長のはネットで有名だけど専門の研究家には否定されてる

「信長=男色家」に根拠なし…森蘭丸や前田利家を寵愛したという通説は後世の勝手な創作だった
https://president.jp/articles/-/71025

13: 歴ネタななしさん
>>7
マジかよ
これじゃ弥助って小姓枠じゃなくて珍種枠じゃん

46: 歴ネタななしさん
>>7
その記事書いた乃至政彦の著作「戦国武将と男色: 知られざる「武家衆道」の盛衰史」
ふぅ~ん…

67: 歴ネタななしさん
>>7
主張としてはわかるし説得力あるけど
前田利家の件について髷→髭と写本時に変わってしまったという主張はこの人の推測(悪く言えば妄想)じゃね?
現存してる写本は髭になってるんだしこれは所詮「異説」レベルでしょ

3: 歴ネタななしさん
一般的だったら密書や信書じゃなく公の文章や資料に出て来てるはずだろ?

4: 歴ネタななしさん
百姓とかはやってなかったって意味やろ

5: 歴ネタななしさん
あと吉原的なの出来て無い時点で一般的では無い

31: 歴ネタななしさん
>>5
平和な時代になると陰間とかあるしなあ
まあそういう嗜好がいつ頃から普及したのかは知らんけど

6: 歴ネタななしさん
隠れてやるのがええねん

9: 歴ネタななしさん
でも伊達くんとかお手紙出てるし

10: 歴ネタななしさん
武家の嗜みやぞ
シリアナ確定とは別のお話

11: 歴ネタななしさん
戦国武将の男色は面白おかしく広められてきたけどそれは間違いというのが現在の見解やねん

だからこそ文書が残っててマジで確認できる武田信玄はガチということになるよねって

40: 歴ネタななしさん
>>11
伊達政宗とか手紙残ってるやん

14: 歴ネタななしさん
戦争中に女連れていくわけにいかないからな

16: 歴ネタななしさん
海賊は男>エイ>ヤギやったらしいしやっぱ男なんやろ

18: 歴ネタななしさん
上級の道楽何じゃないの
大大名のステータスというか

19: 歴ネタななしさん
キリスト教では禁忌だから
日本に来てたまげたらしい

20: 歴ネタななしさん
大内義隆とかいうガチ勢

23: 歴ネタななしさん
>>20
大内義隆の研究が進んでそれは完全に否定されとる
イメージのような文弱な人物ではなかったようだ

25: 歴ネタななしさん
>>23
ソースハラデイ

32: 歴ネタななしさん
>>25
ネットで参考文献あげて解説してるのが動画しか見つからんかったけどそれでええか?
https://youtu.be/kToK0AFWJZs?si=TsmHiichTxze0CUn

22: 歴ネタななしさん
今だってホモは多くはないが少なからず存在しとるやろ?
一般的というのは言い過ぎやけどだからといって存在しなかったは極端すぎる

27: 歴ネタななしさん
>>22
いやもちろんホモはいたやろし戦場で同性で発散する奴もいたと思うよ
でも一般的であったり大っぴらにやってたわけやないという話や

30: 歴ネタななしさん
戦国時代ちゃうけど新撰組は多かったみたいやね

33: 歴ネタななしさん
歴史の新説ってこれはウソ!これは事実!って二元論で語るからおかしくなるんやろな
もっと中間の言い方がある筈やろ

69: 歴ネタななしさん
>>33
最近の「信長は実は保守的」「秀吉は陰湿」「謙信は不義理」「松永久秀は忠臣」「宇喜多直家は誠実」みたいな逆張り学説ほーんま嫌い

34: 歴ネタななしさん
蘆名盛隆と佐竹義重は戦になって
お互い対峙した時にお互いに一目惚れして、恋文を送りあって和睦
そのまま宴を開いた

でも蘆名盛隆は男色が過ぎて
痴情のもつれで暗殺されて
蘆名家を衰退させてしまう

42: 歴ネタななしさん
一般的ではないわ 上級嗜みや
確かに庶民向けのショタの出合茶屋とかもあったけどすぐ無くなったし

43: 歴ネタななしさん
陰間とかいう合法ショタ風俗が大人気だった江戸時代さぁ…


陰間(かげま)とは、江戸時代に茶屋などで客を相手に男色を売った男娼の総称。特に数え13 - 14から20歳ごろの美少年による売色をこう呼んだ。陰間は男性相手が主だったが、女性も客に取ることがあった。
「恋といふ其源を尋ねれば ばりくそ穴の二つなるべし」という弘法大師(空海)に仮託して詠まれた一首や「ちょっちょっと陰間を買って偏らず」という川柳も存在する[1]。また、渡辺信一郎『江戸の色道: 古川柳から覗く男色の世界』には、陰間の売色の現実や、すさまじいまでの性技の数々、10歳になるかならぬ子どもの身体を、男色に耐えるように特殊な器具で慣らし鍛える行為や、糞便の匂いで馴染みの陰間を思い出し欲情するという小咄などが紹介されている[1]。

65: 歴ネタななしさん
>>43
東海道中膝栗毛も没落中の商人と蔭間の旅行記らしいな

45: 歴ネタななしさん
「一般的か?」って言ったら悩むけど
やってる武将も実際にいたし
それらの行為を毛嫌いしてる武将もいた

ただ小姓とかになるなら
そういう事もあるって覚悟はしないといけない時代だったんだとは思う
断るなんて絶対無理だろうし

50: 歴ネタななしさん
>>45
やっぱノンケの太閤殿下って神やわ

59: 歴ネタななしさん
>>50
秀吉は農民出身だし、秀次も同じようなもんだから
農民階級では普通じゃないんだろうな

52: 歴ネタななしさん
江戸時代に大谷吉継にビンタされて喜ぶマゾにされてた石田三成さん…w

54: 歴ネタななしさん
ザビエルくんが日本人の男色習慣に触れてソドミー駄目絶対て怒ってたから
仏教経由で入ってきた男色が上級の間にそれなりに広まってたんは確かなんやろね

んで信玄や政宗はお手紙も残っとる
そのとばっちりで特にそれっぽい一次資料がない武将もいろいろ言われとる

56: 歴ネタななしさん
>>54
キリスト教も男色ヤりまくっていたのにな

55: 歴ネタななしさん
この問題で注意すべき点
あくまでホモ行為は遊び
ホモ結婚をして家を継いだり家を興したりした例はない
だからホモ結婚を法的に認めろという主張の傍証とするのは大間違い
これは戦国時代の武士だけの話ではない
武家も商家も農家もどこでも、ホモ結婚レズ結婚で家を継いでも家を興してもいない

58: 歴ネタななしさん
大内義隆っていうか陶晴賢が男色関係が云々とか言われるのは謀反した上に負けた奴は貶めてやろうみたいな意図もありそう

63: 歴ネタななしさん
>>58
毛利隆元「大内義隆はホモ」

66: 歴ネタななしさん
>>63
隆元が言うならホモかもな
あいつ何でも書くし

76: 歴ネタななしさん
センゴクの高坂昌信があの見た目で寵童あがりとか言われてたの面白い

ネタ元: ・「戦国時代に男色が一般的だったのはウソ」らしいんだけどさ