歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ: 戦国時代

    1: 歴ネタななしさん
    2017y01m31d_212605369
    ほんまなん?
    誇張やろ?

    【歴史の記録「明智光秀は信長から最も信用されていました」】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    no title
    https://news.yahoo.co.jp/articles/67b3f6966a630f778962b69a1a35aedaf1ba9f2a
     上杉家ゆかりの戦国武将・前田慶次の413回忌供養祭が山形・米沢市の寺で行われた。2024年は、これにあわせて前田慶次の「墓」も新たに建立された。

    ■墓の開眼供養「命を削って」揮ごう
    前田慶次は、加賀藩祖・前田利家の甥。晩年には上杉家に仕え、米沢市の堂森善光寺の近くで生涯を終えたとされている。堂森善光寺では毎年6月4日に供養祭が行われていて、2024年は新たに建立された「慶次の墓」の開眼供養が行われた。墓所となったのは、過去の調査の際に、山の中腹を人工的に整形した形跡から「慶次が埋葬されている可能性が極めて高い」とされた場所。

    墓石には、慶次のファンとして知られる格闘家・角田信朗さんが揮ごうした。角田信朗さんは、「本当にずっしりと重い大役でした。命を削って書きました」と感想を語った。

    ■毎年参列する人も!生きざまが魅力
    413回忌法要には、地元の関係者や全国の愛好者約400人が参列し、「天下無双の傾奇者(かぶきもの)」といわれた慶次をイメージした華やかな服装の参列者も多く見られた。埼玉県から参加した人は、「ここに来ているうちに仲間と会うようになって、毎年来るようになった。仲間とずっとここで会って元気で健康でいられるようにと願った」と笑顔で話した。

    米澤前田慶次の会・齋藤博人会長は、「生き様がかっこいいと思うファンが全国に広がっていると思う。今年、墓所もできたので、多くの方々に来ていただければ」と期待を込める。参列者たちは読経が響く中で焼香し、米沢ゆかりの武将・前田慶次をしのんでいた。

    【「天下無双の傾奇者」上杉家ゆかりの戦国武将・前田慶次の「墓石」建立】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    2017y01m31d_212605369
    家老でも少し働き悪いと追放
    ノブは能力主義なため本人が有能でも息子がアレなら容赦なし
    長宗我部外交で光秀を追い詰める
    本能寺に100名やそこらで泊まる

    ワイが光秀の立場でも光秀高齢だし一か八かの謀叛するわ

    【本能寺の変なる、関係ない人の黒幕説がわんさかある事件ww】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    2022y07m26d_053940418
    明智光秀

    【かっこいい戦国時代の武将の名前】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    2024y06m20d_051252728

    わいは同盟切って徳川

    【信長の野望でラスボスにする大名】の続きを読む

    このページのトップヘ