歴ネタまとブ

歴史ネタのまとブロ

    カテゴリ: 縄文・弥生・古墳

    1: 歴ネタななしさん
    nihonchizu
    西暦266年から413年は史料が殆ど残っておらず現代でも何が起きたのか謎とされている

    空白の150年前後一大勢力であった邪馬台国は何故か滅亡しており大和朝廷が日本を支配している天皇の前身である大王が生まれている。更に日本には鉄や馬も無かったのに空白の150年が開けたらあっさり導入されていた


    一体何があったんだ・・・

    【日本史の「空白の150年」謎すぎワロタ】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    ダウンロード
    全然進化しなかったのな

    【縄文時代って1万年もあったのに】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    ダウンロード
    西暦0年から古墳時代までやと思ってたわ

    【弥生時代「1300年続きました」←これ】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    共同通信 6月28日(水)18時27分

    滋賀県彦根市の稲部遺跡で出土した繊維片が、箱形の矢入れ「靫(ゆき)」の一部で、靫としては国内最古の古墳時代初頭(3世紀中ごろ)のものだったことが分かり、市が28日発表した。靫は首長が執り行った水辺の祭祀跡とみられる溝跡から出土。年代は靫などの放射性炭素分析や土器から240年ごろとみられ、卑弥呼(248年ごろ没)時代の祭祀の実態を知る手掛かりとなる。繊維片は、2019年9月に出土。絹糸と植物繊維の織物で、表面には黒漆が塗られていた。木の板、ガラス玉、モモの種などの祭祀具とともに出土。靫の出土地点では、溝をまたぐような建物跡も見つかっており、覆い屋の下で祭りが行われていたとみられる。

    https://www.47news.jp/9517951.html
    no title

    【【歴史】国内最古、箱形の矢入れ「靫(ゆき)」 卑弥呼時代、滋賀の稲部遺跡】の続きを読む

    1: 歴ネタななしさん
    ダウンロード
    日本の歴史上最大級の発見に考古学者、歴史家に衝撃走る

    【先日見つかった「邪馬台国時代の墓」、ガチだった模様】の続きを読む

    このページのトップヘ